即既読に男は…コワッ!「恋の寿命を縮める」LINEの使い方

美レンジャー / 2014年12月5日 22時0分

写真

「メールアドレス教えて」から「LINEやってる?」へと、質問の仕方が変わりつつある昨今。いかに多くの方が、LINEを活用しているかということがうかがえますよね。

しかし、LINEには意外と多くの落とし穴があるので、油断は大敵です。特に、恋愛シーンにおいては、恋の寿命を縮める地雷もあるので、心しておく必要があります。

では、どのようなLINEの使い方が、恋の寿命を縮めてしまうのでしょうか?

■1:送った瞬間に「既読」

LINEでメッセージを送った瞬間に、「既読」になることってありますよね。このような‟瞬間既読”には、「好きな相手であれば嬉しい」という意見が多いのですが、そうでない場合は、「いつも携帯ばかり気にしている」「LINEの返事を待ちすぎ」など、何かしらの恐怖感を覚える男性も少なくない様子……。

メッセージが届くとすぐに読みたくなるものですが、1テンポずらしてから読むようにするといいかもしれませんね。

■2:スタンプの嵐

女性同士であれば、スタンプのみで会話が成立することもあります。しかし、男性はスタンプ慣れしていなかったり、スタンプが苦手だったりします。

相手があまりスタンプを使わないのであれば、こちら側も控えるといいかも。

■3:返事を待たずにメッセージを送り続ける

これは、「既読スルー」をされたときだけに限らず、チャット状態でやり取りをしているときにも起こり得る問題です。たとえば、「今返事を返そうとしているのに、次から次へとメッセージが届く」という経験はありませんか? そのスピードについていけず、イライラとしたことはありませんか?

LINEでやり取りをするときも、直接会って会話をしているときのような配慮をしたいものです。

■4:小文字を使う

女性によく見られるのが、「お」「よ」「わ」を小文字にした文面。社会人になってからの「ぉはよ~」や「●●だょ」などの文面は、あまり良い印象を与えないので、使用を控えた方が良いでしょう。

「は」を「わ」に置き換える、例えば、「今日わ」というのも同様です。

■5:やり取りに終わりが見えない

チャット状態になると、相手が近くにいるような錯覚に陥り、やり取りをいつ終わりにしたらいいのかわからなくなるのもLINEの特性。「いい加減に終わって欲しい」と密かに願っている男性に対して、いつまでもメッセージを送り続けていては、面倒くさい人になってしまいます。

「そろそろご飯の時間だね」「明日、朝早いの?」といったさりげない切り上げワードを盛り込むなど、やり取りが長引かないように工夫をしましょう。

LINEでのやり取りは、つい一方的になってしまいがち。これらのポイントを押さえ、「この子とは無理」とLINE使いでお断りされることがないようにしたいものです。

【関連記事】

※ 「またかよ…」で既読スルー対象決定!ウザLINE行動4つ

※ 舌で舐めたらアウト!キスが遠のく「ガサガサ唇」意外な原因4つ

※ モテ女はやらない!「男子がげんなりしてる」気ぃ抜きすぎ行動3つ

※ これはヒドイ「美人なのにモテない女」がやっているNG身だしなみ

※ たった3分で一気に今風!「ニットと相性抜群」ラフモテ髪の作り方

【姉妹サイト】

※ 男女で貯蓄差208万円!衆院選前に考えたい「女と金と結婚」問題

※ 若手社員にもオススメ!「仕事デキる女風」を演出できるイメチェン3つ

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング