不妊リスクまで!女性が「タバコを吸わないほうがいい」理由6つ

美レンジャー / 2013年12月13日 16時0分

写真

ストレス発散やダイエットのために、喫煙を習慣にしている女性は少なくありません。しかしタバコの煙には4,000種類もの化学物質が含まれていて、ニコチンやタール以外にも有害金属のカドミウムやヒ素、アセトンなどの危険な物質が含まれていることは、あまり知られていません。

“タバコはガンのもと”とよくいわれますが、女性の場合は、それ以外にも男性とは違った弊害もあるのです。そこで今回は、女性の喫煙の危険性についてまとめてみたいと思います。

■1:顔が“タバコ顔”に

タバコの煙に含まれる活性酸素を取り込むことによって、皮膚が老けて人によっては10歳以上も老けて見えることもあります。血液の循環が悪くなり、皮膚の新陳代謝が落ちてシミやシワができやすくなるのです。

さらに歯肉の疾患が起こったり、ヤニや口臭など口もとにもリスクが高まります。

■2: 声がダミ声に

声帯にタバコの煙が直接ふきかけられてしまうので、声がかれたり、ダミ声になってしまいます。

■3:ピルとの関係

経口避妊薬(ピル)とタバコを常用することで、血管が詰まりやすくなり心筋梗塞や狭心症などの心臓病や、脳卒中のリスクが5~10倍にも増加します。

■4:子宮ガンの危険性

肺ガンや口腔ガンなど多くの臓器のガンと関連性が明らかになっているタバコですが、女性の場合は加えて子宮ガンとの関連が懸念されます。近年急増している子宮頸ガンも、喫煙が危険因子の一つです。

■5:不妊のリスク

喫煙によって月経不順や生理痛がひどくなったり、閉経が1~2年早まるという報告もあります。夫婦ともに喫煙者である場合は、さらに不妊のリスクが高まります。

■6:骨粗しょう症の発症

喫煙すると骨への血液供給が減ったり、カルシウムが吸収されにくくなったりして骨密度が低下してしまい、骨折しやすくなるといわれています。年齢を経ると骨粗しょう症のリスクも高まってしまいます。

喫煙は女性ホルモンが抑制するので、それによって女性は肌や身体にさまざまなダメージを受けることになります。どんなに高いコスメもエステも無駄になってしまいますから、タバコを吸わない女性もタバコの煙を寄せ付けないようにしましょう。

【関連記事】

※ 知らないと手遅れになる!「白髪がどんどん増える」NG習慣5つ

※ がんのリスクが51%減!「やらないとマズイ」7つの生活習慣

※ シミの原因は大気汚染!? 黄砂に負けない肌の作り方5つ

※ やらないとブスになる!「低体温」の超手軽な解消法10個

※ なんと医学的に有効な禁煙はスポーツをすることだった

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング