男性がこぞって胸キュンとする「オルチャンメイク」の全プロセス

美レンジャー / 2013年12月15日 8時0分

写真

近頃よく耳にする”オルチャン”という言葉。オルチャンとは、韓国語のオングル(顔)とチャン(良い・最高)を組み合わせた造語で、とてもかわいい顔のことを言います。なんでもこのオルチャンになれるメイクをした女性は、「ナチュラルでかわいい」「守ってあげたくなる」などの理由から男性ウケ抜群なのだとか。

そこで今回は、男性をキュンとさせるオルチャンメイクのプロセスをご紹介していきたいと思います。

■1:ベースメイク

オルチャンメイクをするときのポイントは、透明感がある肌作りをすることです。パールが入ったピンク系の下地を使ってくすみをカバーし、リキッドファンデーションとコンシーラーでニキビやシミを隠しましょう。仕上げに、大きめのブラシにとったパウダーをのせて、毛穴レスな肌を作ってください。

■2:アイシャドウ

アイシャドウはピンク、オレンジ、ゴールド系ブラウンのような、肌馴染みが良いものを使います。それを、アイホール全体にのばしたら、次は白かアイボリーのアイシャドウで下まぶたにぷっくりとした涙袋を作ります。

このとき、ブラウンのペンシルアイライナーでカーブに沿ってラインを引き、綿棒でぼかせば、自然な影が完成しますよ。

■3:アイライン

黒のリキッドアイライナーを使ってやや太めにラインを引き、たれ目に見えるように目尻を3mm長く書き足します。そして、下まぶたの目尻側3分の1に入れたラインとつなげて「くの字」を作ってください。

■4:マスカラ

マスカラはたっぷり塗りません。長さを出すよりも、1本1本が扇状にキレイに広がるようにしましょう。

■5:アイブロウ

アイブロウは、太くて眉山を強調しない平行眉にします。まず、ブラウンのアイブロウペンシルで形を作ったら、次にアイブロウパウダーを使って、ナチュラルに仕上げます。元の眉が黒めの方は、ブラウンの眉マスカラを使って、柔らかい印象を与えられるようにしましょう。

■6:ハイライト

鼻筋をスッと見せるために、鼻にハイライトを入れます。その他にも、おでこと目の下、顎先にハイライトを入れると、顔に立体感を出すことができます。

■7:チーク

頬の高いところからこめかみに向けて、ピンクのチークを薄く入れます。

■8:リップ

ピンクのグロスを唇の中央にのせ、軽く馴染ませます。

普段、細眉でグラデーションにしたアイメイクをしている方は、顔の印象がガラっと変わったのではないでしょうか? メイクを変えて、違う自分に変身できるのも女性の特権です。いろいろなメイクに挑戦して、自分に似合うものを見つけられるといいですね。

【関連記事】

※ 時代遅れすぎてヤバイ!男性が怖がる「囲い目メイク」のNGの理由

※ ロンブー淳級モテ男から「結婚したい!」と思われないNGメイク

※ 頬以外の顔パーツにチークを入れて男性をキュンとさせるテク3つ

※ 黒目強調だけではNG!美人な目には「白目」キープが重要な理由

※ 女性が憧れる顔「北川景子」風になれる真似っこメイク全プロセス

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング