陰で「あの人クサい」と言われないための香水のつけ方3つのコツ

美レンジャー / 2013年12月25日 8時0分

写真

コスメブランドはもちろん、革製品のブランド、デニムのブランド、そしてなんと車のブランドからも発売されているフレグランス。年間で数えきれないほどのフレグランス製品がこの世にリリースされており、男女問わず一つはお気に入りの一瓶があるのではないでしょうか?

普段当たり前のようにつけているこのフレグランスですが、つけ方を間違えると“香水のつけすぎでイタい人”になりかねず、しかもそんな“イタい人”は意外にも多いのだとか。

今回は、フレグランスのつけ方に工夫をして、ワンランク上の女性になれる裏ワザを伝授致します。

■1:服の下につける

出かける前にシュッシュッシュ……これでは電車の中でもオフィスでも、所構わず周りを香りの渦に巻き込んでしまいます。

特にオードトワレはアルコールと水分の含有率が高い分揮発性も高く、より遠くまで香りを運ぶ性質があります。人と接する機会がある方は、洋服を着る前に軽めにスプレーしておくことをおすすめします。

■2:足首、ひざ裏につける

香りは、下から上に上がる性質を持っています。首もとや髪の毛にフレグランスをつけると、人の鼻に近い場所なのでダイレクトに香ります。これではたとえ少量でも、ランチタイムで隣の席の人に「う、この人の香りキツいな……」と嫌がられてしまいます。

足首やひざ裏の温かい場所に少しつけて、下から優しく香るフレグランスを楽しみましょう。

■3:ボディローションに替える

この時期一番のおすすめは、お風呂上がりの眠る前にお気に入りのフレグランスと同じシリーズの、ボディローションやボディミルクをつけること。乾燥しがちな肌に保湿効果でケアをしてくれ、さらに香るという一石二鳥なアイテムです。

前の晩に塗ることで、寝ている間にあなたがもともと持っている香りと重なり、体そのものから良い香りがするようなパーソナルなフレグランスとなります。眠る前の安眠効果にも良いですね。

いかがでしたでしょうか? 大切な人と寄り添うことが多いこの季節、今までと違うワンランク上の“ほのかに香る女性”になりましょうね。

【関連記事】

※ 公害ならぬ「香害」被害急増中!?大人の香りNGマナーまとめ

※ 周りがドン引き!あなたの汗を悪臭に変える身近なモノ5つとは

※ 体臭は汗のせいだけじゃない!「ニオイに対する」NG認識3つ

※ 男が思わず振り返る!?男ウケする香り1位は●●だった!

※ 彼の気持ちに火をつける!愛される女の香りとは

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング