肌が持つ回復力を信じる!現代女性が「肌肥満」から脱却する方法

美レンジャー / 2013年12月13日 20時0分

写真

私たち現代女性は、化粧水や美容液、クリームなどを使って朝晩のスキンケアをするのが当たり前。肌に元気がないと感じた日は、濃厚で高機能なクリームをたっぷり塗ったりパックをしたりする人も多いと思うのですが、翌朝の肌状態はどうでしょう。実のところ「変化があったのかわからない……」なんて人も多いのではないでしょうか?

それは、肌を元気にさせようと色々なものを与え続けることで、”肌肥満(メタボ肌)”になっているから。この肌肥満の状態が続くと、肌本来のもつ自己回復力が働かなくなってしまい、老化が加速するという悪循環に陥ってしまうのです……。では、”肌肥満”とは具体的にどのような状態のことをいうのでしょうか?

■現代女性に急増中の”肌肥満”とは

近年、日本人女性の美意識は急速に高まっています。その結果、朝、洗顔とスキンケアをしてメイクをする、そして帰宅後にクレンジングをして入浴し、またスキンケアをするというのが当たり前になりました。

ですが、このように、ほぼ24時間肌に何かを与え続けることによって、毛穴づまりを起こし、排出機能が働かなくなる“肌肥満”になってしまうというのです。そのような肌は、表面が酸化した油で覆われ、毛穴には皮脂や汚れ、老廃物が溜まったまま……。

栄養を与え続けて甘やかされた肌は、自分の仕事を怠けて本来の自己回復力が働かない怠け肌になってしまうのです。すると、どんなに高価な美溶液を使ったスキンケアを一生懸命しても肌の老化は加速し、弾力が失われて、シワやシミが増えるという悪循環に陥ってしまいます。

これが現代女性の多くが陥っている“肌肥満”なのです。

■美肌の人は何もしていない? 「美容断食」が良い理由

 肌肥満を改善するためには、肌本来の自己回復力を取り戻すことが大切!ということで注目したのが、全国18店舗のエステティックサロン『イーズ』を経営する美容家・宮本洋子さんが実践・提唱する「美容断食」。

夜の洗顔後は、一切のスキンケアをしないというシンプルな方法。この「美容断食」についてもっと詳しく知るために、『イーズ ラボ&サロン 大丸東京店』の赤井美香さんにお話を聞いてきました。

 まず気になったのが、これまで与えるスキンケアをしてきた人が、夜は一切与えないという方法に切り替えるのは不安ではないかということ。それに対して赤井さんは、「まずは自分の肌を信じることが大切」だとおっしゃいました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
美レンジャー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング