空腹時は衝動買いする!? 「バーゲンで失敗しない」意外なテク6つ

美レンジャー / 2014年1月1日 12時0分

写真

年が明けて、そろそろバーゲンが始まります。バーゲンでは、狙っていたけれど手が届かなかった洋服や、買おうかどうか迷っていた洋服が大幅に値下げされていることもあるので、「このときを待っていた!」といわんばかりに、心待ちにしていた人も多いのではないでしょうか。

ですが、ただ何となく足を運ぶのと、しっかり計画を立ててから向かうのとでは、成果は大違い。「どうしてこれを買ったんだろう……」「お金を使いすぎてしまった」なんて後悔することがないように、バーゲンに行く前にやっておくべきことをおさらいしておきましょう。

 

■1:まずはクローゼットの整理をして

クローゼットの整理をすると、「こんなの持っていたっけ?」というような洋服が出てきませんか? 同じようなデザインのものを買ったり、着る機会がないようなものを買ってしまうことがないように、本当に必要なものをリストアップして、買い物リストを作っておきましょう。

買い物から帰った後に、新しい洋服をしまうスペースを作っておくこともお忘れなく。

■2:予算と支払方法を決めて

バーゲンでは、30%、50%、なかには70%オフなんてものもありますよね。このようにお求めやすくなっているからといって、何でもかんでも買ってしまっては、とんでもない金額になってしまうことも……。

そうならないためにも、予算と支払方法は必ず決めておきましょう。使いすぎることが心配だという人は、予算分の現金だけを持っていくといいのでは?

■3:当日は動きやすい服装で

バーゲン会場では、あちこちとよく歩くことが予想されますので、ヒールが低いペタンコ靴を履いて行きましょう。また、試着をするときにパパッと着替えられるような、脱ぎ着しやすい服装だとラクですよ。バッグは両手が自由になるように、肩にかけられるものを準備しておくといいですね。

■4:お腹を満たしておく

空腹状態で買い物に行くと、その欲求を満たそうと衝動買いに走るリスクが高くなるそう。バーゲン会場に行く前に、お腹を満たしておきましょう。

■5:必ず試着する

「せっかく買ったのにサイズが合わなかった」なんてことにならないためにも、混んでいても試着は必ずするようにしましょう。バーゲンが始まる前に、お店に足を運んで試着をしておくのもいいのでは?

靴は、サイズが豊富なバーゲン初日に購入するのがおススメです。

■6:音楽や店員さんの声に惑わされない

バーゲン会場は大音量の音楽や店員さんの声、客の熱気で異様な雰囲気になっていることがよくあります。そこで惑わされることがないように、気持ちをしっかり持って臨みましょう!

新年早々バーゲンで失敗して頭を抱えることがないように、下準備をしっかりしてから挑んでみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

※ せっかくのオシャレを台無しにするNGなクラッチバッグの持ち方

※ 足トラブルの原因!「間違いだらけのパンプス選び」の対処法4つ

※ 男ウケ最悪!「何それ?」と絶対ドン引きさせるNGタイツ3つ

※ これは親切!聞きたくても聞けなかった「ストールの巻き方」5つ

※ プロデューサー巻き以外も!おしゃれに見えるカーディガン巻き5つ

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング