メイクがバブルから抜け出せてない!? 古臭いチークの特徴2つ

美レンジャー / 2014年1月14日 16時0分

写真

かわいさアップを狙ったピンクのまあるいチーク。一見、若返りメイクの鉄板のように思われますが、ちょっと色のチョイスと塗り方をまちがえてしまうと、「バブル時代!?」「時代遅れ……」と思われてしまう危険が!

今回は、トレンドのチークと古臭く見えないチークの塗り方を確認していきましょう。

■古臭いチークの特徴2つと対処法

(1)頬の高いところに丸くのせている

小さく丸を描くように、頬の高い位置にチークを入れている方、顔が大きく見えてしまっている可能性大です! 小さく丸くチークをのせると、頬の肌色部分が多くなります。その分、頬の面積が広く見え、デカ顔効果を出してしまうのです。

チークは顔の形に合わせて入れるのがコツ。丸顔さんは頬の高めの位置に横長に。面長さんは丸顔さんよりも下め、頬の真ん中あたりから横長に引き、チークの中央からT字を描くイメージで下に向かって少し入れます。全体をぼかすのを忘れずに。

(2)ピンクのキラキラを使っている

洋服と同様、メイクにも毎シーズンのトレンドがあります。今季・来季はマットなカラーで、ラメの入っていないパール感を抑えたメイクがトレンドです。明るいキラキラピンクは絶対NG!

ダサくならないためには、ナチュラルな血色を出せるカラーを選ぶのがポイント。自分の唇の色や、指先をつまんで赤くなったときの色に近いものをチョイスするとよいでしょう。

■絶対外さないトレンド顔を作れるチークはこれ!

「そうは言っても、実際どのチークを使えばよいかわからない」そんな方におすすめなのが、『THREE』の新作チーク『カラーヴェール フォー チークス』。しっかりトレンドにはまった、マットで自然な血色を作り出してくれるチークです。

透明パールが使われているので、キラキラしすぎず肌にツヤ感を与えてくれます。カラーはエシリアルピンクとコーラルベージュの2色。エシリアルピンクは、隠しカラーのイエローが自然にかわいらしい印象を作り出してくれます。コーラルベージュは洗練されたヘルシーさ、セクシーさを演出。これだけで上品で大人なイメージに。

『THREE』の新作メイクアイテムは、チーク以外にもリップスティック、アイカラーが出ています。なりたいイメージでチークを選び、店頭でチークに合わせてリップとアイカラーを選んでもらえば、完璧なトレンドメイクができるでしょう。

数年前と同じチークを使っている方は要注意! これを機に、まずはチークから見直してみてくださいね。

【関連記事】

※ 「時代遅れ」眉毛卒業!古臭い眉をイマドキに見せるポイント5つ

※ ツヤ肌美人は絶対やらない!老けて見えるNGベースメイク法3つ

※ 時代遅れ過ぎてヤバイ!男性が怖がる「囲い目メイク」のNG理由

※ 大流行中!小顔にデカ目と良いこと尽くしの「薄太眉」になるテク

※ 「お疲れオバ肌」ではモテ確率7割減!女度を上げる美肌テクとは

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング