寝ても疲れが取れない人は「睡眠中に力んでる」悪癖が原因だって

美レンジャー / 2014年2月14日 13時0分

写真

本来、睡眠は疲れを取るためのもの。それなのに、近頃は「寝ても疲れが取れない」または、「寝ることで余計に疲れる気がする」という人が急増しているのをご存知ですか?

実はそれ、睡眠中に体に力が入ってしまっているからなのかもしれません。朝、起きたときに体のだるさや強張り、疲れを感じる人は、下記の項目に心当たりがあるはず……!?

■睡眠中に力んでしまう人の特徴

子供から大人まで、睡眠の悩みを抱える人はたくさんいます。そのなかでも近年急増中なのが、寝ている間も体に力が入ってしまうという力みの症状。力みは筋肉を硬直させ、肩こりや腰痛の原因になるだけではなく、睡眠の質を下げてしまうので、様々な体の不調につながります。

下記の項目に当てはまるものがある人は、起床時に体のだるさや強張り、疲れが残っていませんか?

(1)精神的な緊張、不安、心配事がある人

(2)よく気を使う人

(3)パソコン作業が多い人や、寝る直前まで携帯電話を使っている人

(4)ストレス解消法やリラックス法を知らない人

これらに心当たりがある人は、力んだまま寝ている可能性があります。次に、心と体をリラックスさせて、脱力して眠るための方法をご紹介いたします。

■リラックスして眠るための方法3つ

(1)朝晩に腹式呼吸をする

鼻から大きく息を吸い、口から吐き切る腹式呼吸を、5回繰り返しましょう。

(2)エクササイズで肩の力を抜く

背筋を伸ばして両肩を上にグッと上げ、10秒間キープし元に戻す動きを3回繰り返しましょう。その後、両肩に手を乗せ、前後にグルグルと回してください。

(3)体を冷やさない

体が冷えると、血行が悪くなり、筋肉が緊張してしまいます。そうならないためにも、『美レンジャー』の過去記事「この冬は”寒冬”傾向!冷えを改善してくれるポカポカ飲み物3つ」にあるチャイやゆず茶、ココアを飲むことをおすすめします。

また、「いくら体を外から温めていても”冷え症が悪化する”NG食習慣」にある陽の食べ物を食事に取り入れて、体を温めるようにしましょう。

寝る前の時間というのは、どうしてもマイナスなことを考えてしまいがち。このような気持ちの問題も、睡眠中の力みにつながりますので、なるべく考え事をせず、リラックスした状態で入眠できるようにしたいものですね。

【関連記事】

※ 彼もギョッとする!残念な「寝顔&いびき」を封印するテク3つ

※ 実は密かに小顔の若い女性で「いびきに悩んでる人」が急増中!

※ 夜グッスリ眠るためにやってはいけない就寝前NG行動8つ

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング