SNSの写真はリスクだらけ!自分の身を滅ぼすうかつな防犯意識

美レンジャー / 2014年2月15日 8時0分

写真

テレビや新聞、ネットなどで目にする機会が増えた”防犯対策”。今、「自分には関係ない」と思ったそこのあなた! 近年は自分や家族、友人を守るためにも、自宅だけではなく外出先、ネット環境でのセキュリティを強化しなくてはいけない時代なのです。

そこで今回は、「これだけはやっておくべき!」という防犯対策をまとめてみました。

■1:自宅編

住宅侵入をする人は、狙った家の家族構成や不在時間を下見する傾向があるそう。無施錠に気を付けることや、ホームセキュリティを強化することも大切なのですが、不在であることを悟られないようにするために、下記の項目にも注意しましょう。

(1)洗濯物を干している時間から不在時間を悟られるケースがあります。洗濯物は部屋干しにしましょう。

(2)旅行などで長期にわたって不在にするときは、新聞の配達を止めてもらうなどして、郵便受けに溜めないようにしましょう。

(3)不在時でも、電気やテレビをつけておきましょう。そうすることで、在宅しているように見せることができます。

(4)Facebookやツイッター、ブログで外出、旅行中であることを悟られないように、日付をずらして投稿する、過去形にして投稿するなどの工夫をしましょう。

また、女性の一人暮らしだと悟られないように、カーテンの色や柄選びは慎重に行ってください。

■2:外出先編

外出先では、スリやひったくりなど様々な危険から身を守るための対策をとらなくてはいけません。

(1)スリ、ひったくり対策

・バッグの口はしっかりと締めて、体から離さず、車道とは反対側に持つ

・イヤホンをつけて音楽を聞く、携帯電話をいじるなどのながら歩きをやめる

(2)夜間外出をするとき

・人通りが多い明るい道を選ぶ

・イヤホンをつけて音楽を聞く、携帯電話をいじるなどのながら歩きをやめる

・早足で、後ろを気にしながら歩く

・バッグの見えるところに防犯ブザーをつける

■3:スマホ編

(1)現在地や頻繁に行くスポットを悟られないようにする

スマホのカメラは高機能高画質なうえに、手軽に使えるので、写真を撮る機会が増えたという人は多いですよね。ですが、スマホで撮った写真には、沢山の情報が含まれているので要注意。Facebookの位置情報やタグ付け、写り込んだ背景などから、特定の場所を悟られないようにしましょう。GPS機能をオフにするのも効果的です。

(2)覗き込み対策をする

スマホは画面が大きいので、周囲から見えやすいです。覗き込み防止のシールを張るなどして、人ごみでの使用は控えましょう。

(3)ウイルスが入ったアプリをダウンロードすることがないように、信頼できるところからインストールしましょう。

「防犯対策が不十分だった」という人は、これを機に改めてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

※ あなたが太る原因はコレだった!ほんの少しの工夫で過食を防ぐコツ

※ 食後すぐ歯を磨くのはNGだった!口臭が治らない本当の理由とは

※ 不調に合わせて決める!「コンビニおにぎり」の効果的な選び方

※ いくら体を外から温めていても「冷え症が悪化する」NG食習慣

※ 「何食べたの?」と顔をしかめられないための簡単な口臭対策4つ

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング