流行っていても不安要素だらけ!プロから見たらNGな美容グッズ

美レンジャー / 2014年2月17日 16時0分

写真

目まぐるしく移り変わっていく流行たち。それは、ファッションだけでなく、美容においても同じですね。皆さんがいまハマっている美容グッズはありますか? 

しかし、よかれと思って使っているその美容グッズ、実はNGなのかもしれません! 今回は、意外と知られていないプロから見たらNG美容についてご紹介します。

■温かくて気持ちがいい“よもぎ蒸しパッド”がNG!?

下着につけるだけで、手軽に冷え性や生理痛に効果的といわれる“よもぎ蒸しパッド”。『美レンジャー』読者の皆さんの中にも、使用したことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか? 

そのよもぎ蒸しパッドについて疑問点を指摘するのが、よもぎ蒸し庵『蒸しりんご』オーナーであり、鍼灸師の平沼さんです。さっそく、よもぎ蒸しパッドのNG点を伺っていきましょう。

■よもぎの品質や衛生面に不安が

「理由は2つあります。ひとつは経皮毒・環境ホルモンといった観点です。皮膚からの吸収、特に粘膜吸収がカラダにも大きく影響する中なか、どんなもので作られている分からない物を下着の上にあてるということの怖さ。

無農薬、無添加、天然素材、そういうものを体に触れる、取り入れることが重要視される時代に、どう考えてもあのコストでよもぎ蒸しパッドがよい素材で作られているとは思えません。使われているよもぎにしても、どこの国のものなのか、どういった品質なのかわからないのでは不安です。

さらには、基本的に尿道、肛門が密集する部位には、雑菌が常時存在します。そこを温めることで蒸れて、さらなる菌の繁殖につながります。やはり衛生的な懸念は否めませんよね」

■熱産生ができる身体になるわけではない

「二つ目は、冷え対策の根本についてです。冷えている身体で一番大事なことは、熱産生出来る体作りです。“冷えているから温めたらいい”といって安易に温めるだけでは、永久に熱産生ができない身体になります。

粘膜で子宮とつながり、産む性である女性の性器近く部分を安易に温めたらいい!という発想を植え付けるのは危険だなと思います」

■温めたいときには布ナプキンがおススメ

「本来は冷えない体作りのため、運動や食事を取り入れていくことが大切です。もし、冷え症や生理痛のため、その部分を温めたいというのなら、腹巻きと同じ発想でカラダに優しい素材の布ナプキンを、肌にあてておく方法がおススメです。そのほのかな温かさでカラダに優しく、かつ冷え対策になりますよ」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
美レンジャー

トピックスRSS

ランキング