目からウロコ!ちょこっと意識するだけで美脚に見える簡単なコツ

美レンジャー / 2014年2月26日 7時30分

写真

ファッションモデルのようにスラリと伸びた長く細い脚は、多くの女性の憧れです。女性の脚は、男性が魅力を感じるパーツでもあります。見られているパーツだからこそ、普段から少しでもキレイに見せられると嬉しいですよね。

そこで今回は、知っておくと得をする“ちょこっと意識するだけで美脚になれる”、簡単テクニックをご紹介します。

■普段の生活で使える美脚テク

(1)パンプスは足色と同系色のものを

足と靴の色を統一することで足と靴の境目が見えにくくなり、目の錯覚から脚が長く見えます。素足、ベージュのストッキングなら肌の色に近いヌーディカラーを、黒などのタイツをはく場合はタイツと同系色のパンプスを選ぶとよいです。

(2)七分丈、アンクルパンツで足首を見せる

パンツスタイルで意識すべきはメリハリです。脚のパーツの中で特に細い足首を一部だけ見せることで脚全体がほっそりと見えます。七分丈のパンツやアンクルパンツを選んだり、デニムはロールアップすることで美脚効果に加え、流行りの“こなれ感”も演出できるのでおすすめです。

(3)黒タイツは50~60デニールをチョイス

黒は引き締め色なので太って見えるということはありませんが、100デニールを超える厚手のものはぼってりと見え、立体感が失われてしまいがちです。50~60デニールのタイツはほどよく透け感があり、脚の両サイドに陰影ができるのでより脚をほっそりと見せることができます。

 

■写真うつりで脚長効果アップ

(1)全身は下から撮影

顔はやや上から撮ると上目づかいのかわいい表情が撮れますが、全身の場合は上から撮ると脚が短く見えてしまいます。下から撮影することで脚が長く、顔が小さく写ります。下から撮るので少しあごをひいて笑顔を作るとより写真うつりが良くなります。

(2)脚はクロスよりも“片脚を前に出す”

脚を長く見せるには、“縦のライン”を強調することが効果的です。よく脚をクロスさせると太ももをカバーできると言われていますが、それ以上にスッと片脚を前に出すことでより縦のラインが強調され、脚長効果が得られます。そのまま前に出すよりもやや内側寄りに出すのがポイントです。

(3)スキニーのときはお尻をちょこっと引く

スキニーなど特に太ももがあらわになるパンツをはく場合は、お尻を少し引くことで太ももの間に隙間ができます。また、太ももが隠れる長さのゆったり系トップスもおすすめです。トップスのボリュームとの対比で脚がほっそり見えます。

以上、ちょこっと意識するだけで美脚になれる簡単テクニックをご紹介しました。どれも簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

【関連記事】

※ 気づいたらサリーちゃん足に!足首がどんどん太くなるNG習慣5つ

※ むくんだ「ぱんぱん太もも」をスッキリさせるちょっとしたコツ

※ 絶対避けたい「ぼってり太もも」になるオフィスでのNG習慣4つ

※ 着やせには程遠い!「太って見えちゃう」悲しいニットの特徴5つ

※ 太って見えちゃう!「デコルテのむくみ」が引き起こす悪影響3つ

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング