またガッカリ!ネットで洋服を買うと失敗する人がやるNG行動3つ

美レンジャー / 2014年3月23日 11時30分

写真

インターネットで洋服を買ったら、思ったものと違った……。なんて経験はありませんか? 

今回は、洋服のネットショッピングで失敗しがちな人が、ついやってしまうNG行動を3つご紹介します。これを読めば、もうネットショッピングでの失敗は防げることでしょう。

■1:商品写真の撮影場所を気にしていない

商品写真は、室内で撮影されたものと屋外で撮影されたものでは、 色が全然違って見えます。同じ室内でも、照明のあたり具合で色の見え方は違うもの。

「もっと明るい色だと思ったのに」「思っていた色と違った」と感じた経験がある方は、どこで撮影されたものか、照明のあたり具合はどうか、よく見てみましょう。赤は赤でも、具体的にどんな赤に近いのかなど、お店に問い合わせてみると失敗を防げます。

■2:クチコミ評価が高いか確認している

一見、間違っていないように思えますが、クチコミには要注意。「よかった」「よくなかった」の感じ方は人それぞれ違うので、評価が星いくつか、高評価かどうかだけを読むのは危険です。

「(ブランド名)のMサイズよりも大きめです」「鮮やかな赤ではなく、ボルドーに近い」「洗濯したら縮んだ」「ストレッチがきいていて履きやすい」などのように、商品の細かいスペックや具体的な感想を参考にしましょう。

■3:S・M・Lなどサイズをざっくり選んでいる

S・M・Lなどのざっくりとしたサイズは、メーカーによって大きさが若干違ってくるので要注意。 バスト、ウエスト、ヒップ、丈など、細かいサイズにも目を向けましょう。記載がない場合は、問い合わせるのがベストです。

また、着用しているモデルさんのイメージで購入すると、身長などの違いから丈が思ったよりも長かったり短かったりしがち。失敗を避けるには、しっかりサイズを確認してから購入を検討しましょう。

一番安心なのが、お店で実際に自分の目でチェックしたものと同じものを買うこと。ネットで買えばポイントを貯められたり、少し安く買えることも。

ネットで見つけた商品の場合、少しでもカラーやサイズなどの心配点があれば、メールや電話で問い合わせることが失敗を防ぐカギ。返品の可否や素材も、しっかり確認してから購入するといいでしょう。

【関連記事】

※ プチプラ服だとバレないアラサーの為の貧乏コーディネートの秘訣

※ 残念すぎる女子!周囲をドン引きさせるNG黒タイツの特徴3つ

※ これは親切!聞きたくても聞けなかった「ストールの巻き方」5つ

※ 周りから「何か太った?」と言われちゃうNG着ぶくれファッション

※ 空腹時は衝動買いする!? 「バーゲンで失敗しない」意外なテク6つ

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング