胸がどんどん垂れて「オバさんバスト」になる毎日のNG習慣6つ

美レンジャー / 2014年2月25日 7時30分

写真

胸のお悩みは、女性にとって根の深いもの。20代前半では“ぷりんっ”と張っていたバストも、気がついたらどんどん形が崩れてしまって、いつしかおばさんバスト状態……ということになっていませんか? でもブラジャーの選び方や着け方を工夫しつつ、毎日のちょっとした行動を変えるだけでも、胸の形はグッとよくなります。

そこで今回は、ニューヨーク発のランジェリーショップ『ブラデリスニューヨーク』のカリスマフィッターさんに、美胸を遠ざける下着の選び方や着け方はもちろん、美しい胸をキープする日々の心構えまでをうかがってきました。

さっそく、胸を老けさせる日々のNG習慣をチェックしていきましょう。

 

■1:ブラジャーを朝から着っぱなしにしている

日中の活動とともに、必ずブラジャーの位置はずれてきます。そこでできるだけ日中、トイレに行くたびに何度かブラジャーの位置を直しましょう。そのひと手間が、美しいバストキープに繋がります。

■2:バストマッサージをしていない

小顔のためにフェイスラインをマッサージしたり、美脚になるために脚のマッサージをしていても、意外とバストのマッサージはおろそか、という方が多いようです。バスト周りの血行を良くすることで、脂肪をやわらかくして本来のバストの位置に移動させるのは、美胸に欠かせないポイントです。

■3:カップ付きキャミソールに頼りすぎている

バストは加齢などによる筋肉の衰えや、重力による下垂などにより日々崩れていきます。そこで、しっかり下から持ち上げ、横から寄せて上げることで、下垂や離れ胸の原因を防ぐことができます。

カップ付きキャミソールや、サポート力の無いブラジャーを楽にゆるく着けているばかりでは、胸は下がっていく一方! サポート力のない下着は、本当に楽に過ごしたいお休みの日だけにしておきましょう。

楽なものに慣れてしまうとバストだけでなく首、顔、頭皮まで垂れ下がってきてしまいます。一気に老ける原因になりますので気をつけてくださいね。

■4:姿勢が悪い

いくらフィッティングでサイズの合ったブラジャーを選んでも、一日を過ごす姿勢が悪いと台無しです。姿勢を正すことだけでも、バストは美しく見えるものです。

■5:体を冷やす生活をしている

バストのマッサージにも関連することですが、身体を温めて代謝を上げることで美しいバストを作ることができます。季節を問わず、温め生活を心掛けてください。

■6:理想のバストをイメージできていない

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
美レンジャー

トピックスRSS

ランキング