胸元が開いた服を着ておののく!「胸ニキビができる」4つのNG習慣

美レンジャー / 2014年3月29日 16時0分

写真

毎日暖かい日が続きますので、首元、胸元がスッキリとしたトップスを着たくなりますよね。ですが、お気に入りの洋服を見つけて試着をした時、「胸ニキビのせいで、諦めた」という経験がある方も少なくないはず。

胸元は皮脂腺が多く、ニキビができやすい場所です。さらに、色素沈着が残りやすい場所でもあるので、一度ニキビができてしまうと、厄介……。

そこで今回は、本格的に肌を露出する季節を前に、胸ニキビができる4つのNG習慣についてお話していきたいと思います。

■1:過剰な保湿

胸元は皮脂腺が多く乾燥しにくい場所です。お風呂上がりに、こってりしたボディクリームを塗っているという方は、過剰な保湿のせいでニキビができている可能性も。

心当たりがある方は、ローションを使うなど、軽めのお手入れにシフトしてみては?

■2:汗を放っておく

気温が高い日だけではなく、暖房がきいた屋内にいる時でも汗をかきますよね。特に、胸の谷間やカップの下は汗をかきやすく、それでいてなかなか拭けないので困ってしまいますよね。

汗を放っておくと、不快なだけではなく、毛穴に汚れが溜まってアクネ菌の温床になってしまいます。汗をかいたと思ったら、トイレやロッカーへ行って、こまめに拭き取りましょう。

■3:洗い残しがある

胸元は、シャンプーやコンディショナー、ボディソープの”洗い残し要注意エリア”なので、しっかりと洗い流すようにしましょう。

また、シャンプーやボディソープが合っていない可能性もあるので、低刺激のものに変えてみるのもいいかも。

■4:衣類による刺激

ナイロンやアクリルなどの化学繊維の刺激や、きつい衣類の着用による締め付けのせいで、通気性が悪くなると、胸ニキビができやすくなります。

■5:寝具が不潔

寝具やパジャマについた汗や皮脂は、胸ニキビの原因になります。シーツは、2、3日に1回は洗い、パジャマは、毎日変えましょう。

胸元が開いたトップスやビキニを諦めなくてもいいように、今から胸ニキビ対策をはじめませんか?

【関連記事】

※ 体に良いと食べていても実はニキビを誘発してしまう食べ物3つ

※ 跡が残りやすい「厄介な赤ニキビ」を一日でも早く治す超簡単テク

※ 痩せてニキビ&冷え症が改善する!隙間時間に押せるツボのまとめ

※ イヤホンが不潔な人は要注意!超痛い「耳ニキビ」ができるNG習慣

※ 触れると超痛い!いつの間にか「頭皮ニキビ」ができるNG習慣

美レンジャー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング