男性にモテまくる服装「ギャップコーデ」の実践できる細かなコツ

美レンジャー / 2014年5月6日 7時30分

写真

これから夏に向けて、デートや行楽などいろいろ楽しみたいという方も多いはず。出会いを恋愛に発展させる上で、やっぱり大事なのが相手に与える第一印象ですよね。では、実際に男性目線から見る”モテるファッション”とは、どのようなコーディネートなのでしょうか。

実はそのキーワードになるのが、“ギャップ”です。ギャップがモテるというのはよく聞きますが、本当に恋に発展しやすいのですよ。

そこで今回は、高級素材にこだわり、メンズライクの要素を上品に取り入れることで、大人の女性などから支持されている人気レディースブランド『Trovare(トロヴァーレ)』のデザイナーとして活躍中の松岡芳彦さんに、”ギャップモテコーデのポイント”を伺ってきました。

■1:色落ちデニムにヒール

本来男性であれば、デニムにはスニーカーを合わせるのが一般的。しかし、デニムにヒールを合わせるというのは女性ならではの発想。この合わせ方は女性の特権と言えるでしょう。

さらに、デニムの裾を少しロールアップして足首を見せれば、メンズイメージの強い色落ちデニムでも、コーディネート全体を女性らしくまとめることができます。足首を見せることは、女性の魅力を高める最大のスパイスなのです。

■2:ジャージー素材のワンピースとスリット

体のラインが強調されにくいジャージー素材のワンピースでも、サイドにスリットが入っていたりすると、意外性があり、彼をドキッとさせることができます。

スリットは、一歩間違えると下品なイメージを与えてしまうこともあるので本来難しいもの。でも、カジュアルワンピースだからこそ、女性ならではの色気を引き立てる効果があります。

スリットデザインがない場合でも、うなじが見えるようなアップヘアにしてみたり、ドキッとする女性らしさをどこか一つ取り入れてみてください。

■3:レザーに清楚系ワンピース

清楚系ワンピースにカーディガンを合わせるコーディネートはもう定番で、意外性は与えられないかもしれません。レザージャケットはハードな印象になりがちですが、実は女性ならではのアイテムであるワンピースやスカートに合わせることで、より女性らしさが強調されます。

例えば、白のワンピースのフェミニンさに、黒のレザージャケットのハード感をプラスする。これは、まるで甘いスイカにしょっぱい塩をかけたら、本来以上の甘みが増すようなもの。さらに白のワンピースが似合う女性を演出することができるでしょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
美レンジャー

トピックスRSS

ランキング