働き女子必見!「ガッチガチ肩こり」の簡単すぎる解消テク4つ

美レンジャー / 2014年3月25日 20時0分

写真

夕方になると肩こりが気になったことはありませんか? 長時間のデスクワークは同じ体制を続けることから筋肉が硬直し、血行が悪くなりがちです。そうなると、肩こりや目の疲れ、そして顔や頭部に血液と栄養が十分に行き渡らなくなることからシワやたるみをも引き起こします。

特に春は気候や環境の変化もあり、疲れがたまりがちです。そこで今回は、デスクワークに励む女性が簡単にとり入れられる肩こり解消テクニックを4つご紹介します。

■1:水分補給

水分をたくさんとると脚がむくみやすい……と思っている女性も少なくありません。しかし水分が不足すると血液がドロドロになり、血行不良を招きます。こまめに水分補給を行うことで血行不良を防ぐことが大切です。

■2:こまめに席を立つ

長時間のデスクワークだからこそ、こまめに席を立つことで血行促進につながります。30分に一度は立って歩いてみたり、屈伸をするなどするだけでも全身の血行改善につながります。座りっぱなしにならないように意識してみてください。

■3:肩ぐるぐるまわし

特に肩まわりの筋肉が硬直しがちなので、席を立つタイミングで片方ずつ肩を大きくグルグルとまわすとよいです。左右10回ずつまわすだけでも、肩まわりがほぐれ血行も改善します。肩や首の血行がよくなると頭もスッキリし、顔色もよくなります。

■4:夜はおうちでマッサージ

仕事中は緊張感を感じ、気をはっていることから肩まわりの筋肉が硬直し、血管が収縮した状態が続いています。帰宅後はガチガチになった筋肉をほぐし、リラックスすることで一日の疲れをリセットしてくださいね。肩まわりはなかなか自分では届かない部分なので、マッサージ機を使用するとよいです。

パナソニックから発売されている低周波治療器『おうちリフレ』は、温感ヒーター付のパッドをつけるだけで首・肩・腰・腕・足など全身のコリをほぐすことができるおすすめアイテムです。私も使用してみたところ、“おし”“もみ”“たたき”の3つの動作が選べ、温めながらほぐされている感覚がクセになります。

テレビを見ながらの“ながらづかい”ができて、疲れている日も気軽に使えるのが嬉しいです。コンパクトで気になるコード類もスッキリ収納でき、部屋に置いておいてもインテリアとしてもおしゃれなところもポイントです。

以上、肩こり解消テクニックをご紹介しました。春は出会いの季節です。疲れやこりを解消することで顔にハリや透明感も出てくるので、是非実践してみてくださいね。

【参考】

※ おうちリフレ – パナソニック

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング