あなたも悩んでない?「働き女子の切実なお悩み」ワースト3が判明

BizLady / 2014年11月12日 17時0分

写真

働き女子読者のみなさんは、今の仕事環境に満足しているだろうか?

一般社団法人日本産業カウンセラー協会の発表によると、同協会が『働く人の電話相談室』で受け付けた相談内容を集計したところ、職場の悩みを抱える女性の数は、男性と比較して2倍以上だという結果が出たそうだ。

では実際のところ、現代の働き女子はどんなことに悩んでいる実態があるのだろうか? 同発表内容を参照しながら、さっそく見ていこう。

■1:ダントツに多いのは職場の悩み

職場の悩みの中でも圧倒的に多かったのが、人間関係の悩みだ。次いでパワハラ、いじめと続いている。

仕事上の人間関係は好き嫌いで選べるものではないし、一度壊れた人間関係の修復は難しい場合も多いことから、深刻な悩みに発展する場合も多いだろう。

ちなみに、悩みの対象者は、上司に次いで同僚という結果となっていた。

職場の悩みは組織内で解決を図ることが最善であるケースも多々あるので、大事になる前に、まずは信頼できる上司や先輩など、あなたの事情を理解してくれる人に、相談してみるといいだろう。

■2:家族に対する悩みが第2位

働く人から寄せられている家族の悩みとしては、親子関係が最も多く、次いで夫婦関係、親族の病気と続いている。

介護との両立や、仕事に対する夫からの理解などに悩んでいる人もいるのかもしれない。

働く女性が増えているとはいえ、職場はまだ男性社会であるところも多く、仕事をしていく上で家庭や家族とどう両立するのかが、現代の働き女子のテーマとも思える実態が、浮き彫りになっている。

■3:メンタル不調や病気の悩みも深刻

同発表で3位だったのが、メンタル不調や病気だ。

この部門ではうつに関する悩みが圧倒的に多く、次いで身体的な病気、その他の精神疾患となっていた。

1度うつ状態に陥ってしまうと、回復するまでに時間を要することからも「心が折れそう……」と感じた時には無理をせず、早めに専門家を受診したほうがいいだろう。

以上、現代の働き女子のお悩みの実態についてご紹介したが、いかがだろうか? みなさんも同じような悩みを抱えていないだろうか?

仕事をしていく上で、自分だけで解決できない悩みだと感じたときには、どんなケースであれ、専門家や信頼できる友人などの第三者に相談することを通じて、意外な解決策が見えてくることも多い。

現代の働く女性には、仕事と家庭、プライベートなどを上手に両立させていくスキルが求められているともいえるが、ストレスや悩みを自分だけで溜め込み過ぎないように、ぜひ気をつけてほしい。

BizLady

トピックスRSS

ランキング