「追われてる感」の原因はコレ?長く働きたいなら避けるべき4つの習慣

BizLady / 2014年11月25日 11時45分

写真

日々の仕事に追われていると、どうしても目先の作業をこなすことで精一杯になってしまいがち。そんな毎日を続けているうちに、「自分は成長していない気がする」「頑張ってるのに評価されない」と、もやもやすることはないだろうか?

日々の仕事は忙しいし、実際、目先の作業をこなさないと仕事が回らなくなってしまう。しかし、仕事に追われているだけの日々で、本当に長く働き続けられるのだろうか?

そこで今回は、海外の情報サイト『RAPPLER』の記事を参考に、長く働き続けるためには“今すぐ避けるべき仕事のNG習慣4つ”を紹介しよう。

■1:マルチタスク

確かに仕事がいくつも重なってしまったり、家庭との両立をしなければならなかったりと、やらなければならないことは多いだろう。また、マルチタスクが仕事の能力の証とされている面も否めない。

しかし、どんな仕事であっても、ある程度、丁寧に時間をかけた仕事の方が、クオリティは高くなるものである。複数の仕事がある場合は、クオリティを保つだめに、計画をしっかり立てなければならない。

計画をしっかり立てることも、仕事の一部。優秀な人ほど、この計画を立てることが上手なのである。

■2:小さな仕事をバカにする

小さな仕事だからと言って、バカにしてはならない。いや、小さな仕事こそバカにしてはならないのだ。小さな仕事の積み重ねが大きな仕事につながる。逆に言うと、小さなミスが後で致命傷になることもあり得るのだ。

■3:自分を過小評価する

自分については自信を持つべきである。決して、安売りしてはならない。

ちょっと控えめにしたり、ちょっと謙遜したりと、しばしば自分のことを過小評価してしまうことがあるだろう。見栄をはる必要は、もちろんないが、自分を低く見積もる必要も全くない。

自信を持って仕事には望もう。そして目標も常に大きく。こうした姿勢が後の成功に必ずつながるのである。

■4:自分のテリトリーから出たがらない

いつもと同じことをするのは簡単である。それどころか、気をぬくと、いつもと同じことをし続けてしまうのが人間である。それが、一番簡単で、居心地が良いからである。

仕事においては常にチャレンジを続けよう。そして変化を受け入れよう。特に、昨今は時代の流れが速く、未来を想定することも難しくなってきている。自分の通常のテリトリーから、一歩踏み出すことが強く求められているのである。

以上、長く働き続けたいなら“今すぐ避けるべき仕事のNG習慣4つ”であったが、いかがだったであろうか? こうした習慣を無意識にしてしまっている、という人も多いのではないだろうか。

人間は習慣の動物、とも言われている。ちょっとした習慣を変えるだけで、大きな変化や、成功を収めることもできるかもしれない。自身のビジネス習慣を、ぜひ振り返ってみたいものである。

BizLady

トピックスRSS

ランキング