会社を辞めるか続けるか?迷った時の「4つのチェックポイント」とは

BizLady / 2014年11月26日 11時45分

写真

会社を辞めるべきか? 続けるべきか?  昨今のように先が見えない時代には、難しい問題である。

しかし、もしこれから紹介する兆候が少しでも感じられるようであれば、もしかしたら、そろそろ会社の辞めどきかもしれない。

そこで今回は、海外の情報サイト『RAPPLEP』の記事を参考に、“会社の辞め時4つのサイン”を紹介したい。

■1:ストレスレベルが異常に高い

もちろんどんな仕事であっても、仕事をする上では、ある程度のストレスは感じるだろう。もしかしたら、会社に行きたくない、と感じることもあるだろう。しかし、これはある意味、正常である。楽しいことばかりが仕事ではない。

ところが、疲れているにもかかわらず、毎日眠れない、あるいは、精神的に追い詰められて薬や病院に通う必要がある。となってくると、過度のストレスがあるのかもしれない。このレベルになると、直ちに会社を辞めるべきだろう。

仕事ができるのは健康だからである。健康を損なうストレスを感じながら仕事をする、というのは本末転倒である。

■2:今の仕事からは何も得るものがない

仕事の良い点は、“仕事を通じて自分も成長できる”という点である。しかし、仕事を続けていて、「この仕事からはもう何も得るものがない」と感じる時は、会社の辞めどきかもしれない。

仕事を続けていく上で、モチベーションは最も大事なファクターであり、お金がもらえるということだけでは仕事は続かないものなのである。純粋に、「仕事が楽しくない」「成長が感じられない」と思う場合は、退職を検討してみてはどうだろうか。

ただし、自分勝手に「何も得るものがない」と判断してしまうのも要注意。次の職場でも同じことを思ってしまう可能性もあるため、周りに相談してみることも重要だ。

■3:会社や同僚との時間が楽しめない

仕事そのものも、もちろん大事である。しかし、働く環境は仕事を続けていく上ではもっと大事かもしれない。実際、ストレスの原因は、職場の人間関係に拠るところが多いだろう。

人間は環境によって大きく左右されるが、会社の文化や職場の人間関係を自分だけで変えることは難しい。人間関係がうまくいかないと感じる場合は、辞めることを検討してもいいのではないだろうか。

■4:尊敬できる上司がいない

これも大きな要因になる。尊敬できる上司がいない場合、■2で述べたように仕事から得られるものがなかったり、仕事そのものが楽しめなくなってしまう。

また、自分の上に立つ上司が尊敬できない状態では、自分自身がその職場で出世し、上に立っていくこともイメージしづらく、今後のキャリアに疑問を持つこともあるだろう。

ただ、会社の状況によって、異動などで状況が改善されることもあるため、様子を見る時間も必要である。

以上、“会社の辞め時4つのサイン”であったがいかがだったであろうか?

現在、転職市場は、活況ということもある。今まさに会社を辞めようかどうか悩んでいる、という人もいるかと思うが、ぜひ参考にしてもらいたい。

いずれにせよ納得のいく、後悔しない選択をしてもらいたいものである。

BizLady

トピックスRSS

ランキング