たったコレだけ!「デスクワークの生産性」をガッツリ上げる3つの秘策

BizLady / 2014年12月1日 7時45分

写真

机に鎖で繋がれたように、毎日、毎日、デスクワーク続き……という働き女子は少なくないだろう。

しかし、デスクワークは環境が単調であることからも、気づかないうちにメンタルや身体に悪影響が出てしまい、生産性が著しく下がってしまうこともある。

ではデスクワーク女子は、仕事の生産性向上のために、どんなことを意識するとよいのだろうか?

そこで今回は、海外の女性むけ生活情報サイト『Real Simple』の記事を参考にしながら、デスクワークの生産性をガッツリ上げる3つの秘策をご紹介しよう。

■1:意識して“立つ”

朝から晩までずーっと座ったままでいると、病気のリスクも高まってしまうそうだ。

がんや心臓発作、肥満の原因にもなりかねない。

デスクワーク女子であっても、たまには意識的に立ったまま仕事をしてみたり、コンピュータに向かう際には前かがみの姿勢にならないよう心がけることが重要なようだ。

■2:自然光を浴びる

イリノイ大学らのグループ研究によると、勤務時間中に自然光にさらされた環境のほうが、コンピューターの光だけにさらされている環境よりも、生産性が向上することがわかったそうだ。

ビルなどで自然光が入らない環境にいる働き女子は、意識して窓の近くに行って自然光に当たったり、ランチタイムには外出して自然光を浴びるように心がけることで、生産性の向上が見込めるだろう。

■3:オフィスにグリーンを置く

ある心理学の実験結果によると、オフィスに観葉植物などのグリーンがある場合には、15%も生産性が上がることがわかったようだ。また、イギリスとオランダの研究者によれば、オフィスのグリーンによって労働者の集中力も上がり、満足度も高まるとのこと。

さらに、グリーンはオフィス内の空気の質を高めてくれる相乗効果も期待できるという。

机の上にミニグリーンを置くなどして、植物のチカラを借りて生産性を向上させるのもいいだろう。

以上、デスクワーク女子が生産性を高めるために意識すべき3つの秘策をご紹介したが、いかがだろうか?

イヤでも同じ環境下にずっと置かれてしまうデスクワーカーが、生産性の向上を図るためには、自分で工夫していくことが大切といえるだろう。

どれも手軽にできるものばかりなので、メンタルや体調を整えるためにも、ぜひ今日から実践してみてほしい。

BizLady

トピックスRSS

ランキング