この時期の手土産にはコレ!相手に喜ばれる「アドベントカレンダー」5選

BizLady / 2014年11月19日 11時45分

写真

あなたはアドベントカレンダーをご存じだろうか? クリスマスまでの日数を数えるために使われるカレンダーだが、特に広まったのはここ数年のこと。予約が必要なほど人気のものや、遊びながら楽しめるようなものも販売されている。

客先に持参する手土産選びに悩まされる女性にとって、手頃な値段・季節限定・予約販売で入手困難という好条件がそろうアドベントカレンダーは、この時期の手土産としては実は最適なのである。

このアドベントカレンダーは、本来キリスト教の信仰に由来する物であるが、日本ではそういった宗教的意味はほとんどなく、単に“クリスマスを待ちわびて楽しむカレンダー”として受け入れられているようだ。

そこで今回は、プレゼントすると間違いなく喜ばれるアドベントカレンダーをピックアップして5つご紹介したい。

■1:ターシャ・テューダー

ターシャ・テューダーはアメリカのボストン出身の絵本作家/画家で、ガーデニングや人形づくりでも有名。自給自足で自然と共存するライフスタイルが、近年日本でも注目されてきている。

スイーツは入っていないが、24枚の扉をあけながら楽しむ絵本で、使い捨てではなく毎年楽しめるようになっている。「オフィスの休憩室で楽しんでください」と言って手渡せば、いつもとは違う印象を与えられるだろう。価格は2,000円程度。

■2:ロイズ

チョコレート菓子が有名なロイズが発売するアドベントカレンダーは、中にスイーツが入っており、口の肥えた女性陣がいる客先には最適だ。

さらには100分の1の確率で“雪像サンタ”が入っているそうで、「出会えたらラッキーだそうですよ!」という話題にもなる。ちなみに去年は“トナカイに乗ったサンタ”がラッキーアイテムだったということで毎年変わるそうだ。

11月初旬から販売されているそうだが、売り切れになることもあるので早めに入手したいところ。毎年必ず手土産に持参すれば、「あの会社の人、今年もくれたよ!」などと人気者になれるかもしれない。こちらは2,000円前後で手に入れることができる。

■3:レゴシティ

大人にも人気の“LEGO”が販売しているアドベントカレンダー。毎年買いそろえるというマニアもいるとか。もちろんブロックが入っており、毎日「どんなブロックが出てくるかな?」と、楽しむことができる。

幼い子どもがいる人に持って行き、「お子様とお楽しみください」というメッセージを添えるのもよさそうだ。価格は3,000円程度だが、人気のため一部価格が高騰しているものもある。気になった人は早めに注文しよう。

■4:銀座WAKO

お値段も1万円以上するという事もある、大人向けのアドベントカレンダー。銀座和光本館の時計塔をかたどった造りで、300個限定。かなり高価だが、予約しないと買えないほどの人気ぶり。

中には生チョコレート等が入っている。相手が高級志向であるなら、“銀座和光”のブランドも手伝って、喜ばれるかもしれない。「高くて買えない!」という人も、知っておくだけで話のネタになるのではないだろうか。

■5:無印良品

無印良品の定番になりつつある、アドベントカレンダーツリー。価格は税込み2,500円とお手頃。シンプルな作りが人気で、赤/緑の2種類がある。年齢を問わずプレゼントしやすいものだろう。

以上、5つのアイテムをご紹介したが、気になる物はあっただろうか? マンネリ化しがちな手土産に、“楽しみを添える”というおもてなしをしてみれば、さらに一歩踏み込んだおつきあいに発展していけるかもしれない。

BizLady

トピックスRSS

ランキング