明日は仕事だ…ツラい「サザエさん症候群」を改善するとっておきの方法

BizLady / 2015年1月4日 17時0分

写真

ストレスで溢れている現代社会。働く女性のみなさんは、日々どんなストレスを感じているだろうか?

ストレスフルな状態に陥ると、なんとなく気分が落ち込んでしまう人もいるだろう。とくに休み明け直前の、日曜の夜の時間帯は危険だ。

順天堂大学医学部教授の小林弘幸氏は、著書『聞くだけで自律神経が整うCDブック』の中で、人間関係のストレスによっては、日曜日の夜に“サザエさん症候群”がひどくなってしまうこともあると述べている。

そこで今回の記事では、同書を参考に、“サザエさん症候群”に悩まされる人の傾向と、その効果的な改善方法をご紹介しよう。

■ストレスフルな環境がもたらす“サザエさん症候群”

みなさんは、“サザエさん症候群”をご存じだろうか?

日曜日の夕方にテレビでアニメ『サザエさん』が放送されることから、そのテーマソングを耳にして「あぁ、明日からまた仕事……」と、憂鬱な気分になる人たちのことを指す言葉だ。

そんな症状に陥った時、「こんなんじゃダメだわ!」と、努力して自分でどんなに気持ちを切り替えようとしても、そんな意思とはうらはらに、どんどんと気分が沈んでしまうことも……。そんな症状があらわれている人は、自分自身からのSOS信号でもあるという。

小林氏は同書のなかで、こういった“サザエさん症候群”は病態のひとつであり、ストレスを原因としていることが多いと述べている。そしてこの傾向がある人は、自律神経を整えることに意識を向けるのが改善に効果的だという。

でもいったい、どうやって自律神経を自分でコントロールすればいいのだろうか?

■“サザエさん症候群”を改善させるとっておきの方法とは?

この点について同氏は、音楽を活用することが効果的だと提案していて、その理由を次のように述べている。

<「自律神経のバランスを整えたいなら、まずは下がりっぱなしの副交感神経を引き上げるのがファーストステップ。そのうえで、交感神経と副交感神経が“両方ともハイレベルで安定した状態”をキープしていかなくてはならないということになります。そして、その状態をコントロールする最良の方法が“音楽”なのです」>

具体的には、『練習曲(エチュード)』フレデリック・ショパン、『卒業写真』荒井由実、『Beautiful life』福山雅治、『tsunami』サザンオールスターズなどの曲が適しているそうだ。もちろん、これ以外の曲であっても自分がホッとする曲や、気分がよくなる曲でもいいとのこと。

以上、今回は“サザエさん症候群”を改善させる方法を紹介したが、いかがだろうか?

サザエさん症候群は怠け病ではなく、きちんとした病態のひとつであると同氏も述べている。このような症状に悩んでいる人は音楽のチカラを借りて、元気な月曜日を迎えられるように心がけてみてはいかがだろうか。

BizLady

トピックスRSS

ランキング