旅行先でパニクる前に!覚えておきたい「海外ATMの基本操作」5ステップ

BizLady / 2014年12月5日 11時45分

写真

働く女性にとって、海外旅行の楽しみと言えば“ショッピング”だろう。憧れのブランド物を買うために、日々頑張って働き貯金をする。いざ現地に行けば、清水の舞台から飛び降りる気持ちで高額の買い物をする、という人もいるかもしれない。

そんな人にとって、大金を現金で持っていくのはスリ等の危険を考えると怖いもの。数万円は現金で持参し、あとはクレジットカードやトラベラーズチェックで対応するというのがこれまでのオーソドックスな方法だった。

しかしこのトラベラーズチェック、販売が2014年3月で終了したのをご存じだろうか? これからはトラベラーズチェックに代わり、クレジットカードのキャッシングが使われるようになってきている。“VISA”や“PLUS”の文字がついているカードなら、海外のATMでどこでも現金が引き出せるのだ。

ただ当然ながら、海外のATMには日本語表記がないことがほとんどのため、少なくともATMで表示される英語の指示が理解できないと、操作することができない。

そこで今回は、“知っておきたい海外のATMの操作方法”をまとめてご紹介しよう。海外旅行を予定されている方は、ぜひ参考にしてほしい。

■1:まず言語を選択する

英語が母国語の国でない限り、その国の言葉か英語かを選択するところからはじまる。

「“Please select language” 言語を選択してください」という表記が出ていたら、“English”を選ぼう。

■2:暗証番号を入力する

「Please enter your secret code then press enter(暗証番号を入力し、ENTERボタンをおしてください)」、「Enter your PIN number(暗証番号を入力してください)」、「Enter your four-digit pin(あなたの4桁の番号を入力してください)」というような指示がでたら、4桁の暗証番号を入れてエンターキーを押す。

治安が心配な海外では特に、このとき背後に誰もいない事を十分確認しておきたい。

■3:取り引き選択をする

「Withdrawal(現金引き出し)」を選び、次いで「Credit(クレジット)」を選択。これで、「クレジットカードで現金をキャッシングします」という指示を出した事になる。

■4:金額を指定する

日本のATMとは違い、最初に“20ドル、60ドル、80ドル、100ドル、200ドル”などと金額が示され、そのうちのどれかを選ぶ事ができる。もしそこにある金額ではない額を指定したい時は「Other Amount(その他の金額)」を選び、手入力するが、手入力ができない機種もあるようだ。

■5:明細書を受け取るかどうかを指定する

大抵の場合、最後に「Would you like a receipt?(明細書はいりますか?)」と聞かれるので、YesかNoで答えよう。

以上、最低限知っておきたい海外のATMの操作方法をご紹介したが、いかがだろうか?

トラベラーズチェックが廃止された今、海外でのカードのキャッシング利用は避けられない。しかも現金を両替するよりも手数料が安くついたり、カードで買ったものなら保証がつくというケースもあり、お得な面も多々ある。

ただし、盗難にあったときのために、カード会社の盗難連絡先は必ずメモし、その紙と予備のクレジットカードは、財布とは別の場所で保管するようにする等の対応を心がけよう。

出張で海外に行く人や、年末年始に海外旅行に行く予定の人は、ぜひ覚えておいて、安全・快適な海外ショッピングを楽しんでほしい。

BizLady

トピックスRSS

ランキング