後悔したくなければ!働き女子が「独身のうちにやっておくべき」4つのこと

BizLady / 2014年12月28日 21時0分

写真

働き女子のみなさんの中にも、「そろそろ結婚を……」と考えている方は多いだろう。友人の結婚式に列席したことがきっかけで、「私も早く結婚したーい!」と婚活に励んでいる人もいらっしゃるかもしれない。

しかし結婚後は、1人だけの生活ではなくなる。「独身のときにアレしておけばよかった!」と後悔しても遅いのだ。

そこで今回は、婚活サイトを運営する株式会社A.T.bridesが発表した「結婚後の生活について調査したレポート」を参考に、働き女子が独身のうちに楽しんでおくべきことを4つご紹介しよう。

■1:旅行

結婚すれば自分の都合だけで旅行に出ることが難しくなることも多い。

働く女性であれば、旅行に行くお金も捻出しやすいが、専業主婦になってしまうとなかなか「友人と旅行に行きたい」と夫に相談しにくくなってしまう女性もいるだろう。

お金も時間も自由になる“独身働き女子”のうちに、楽しんでおいたほうがいいことナンバー1といえる。

■2:自分への買い物

高価なバッグや車、洋服など、ちょっと奮発した買い物を自由にすることができるのも、独身働き女子の特権といえるかもしれない。

結婚後は、共働き世帯であったとしても、将来への貯蓄にまわすお金を増やすために、自分のものを安価で済ませるようになったという声もある。

■3:男友達と遊ぶ

結婚すれば、男友達とはなかなか遊びに行けなくなることがほとんどだろう。

たとえ、浮気などの怪しい関係ではなかったとしても、自分の妻が異性の友人と遊んでいるのを快く思ってくれる男性は少ない。

仲の良い男友達と遊べるのも、独身働き女子の特権なのである。

■4:友人と自由に遊ぶ

異性だけでなく同性との友人で遊ぶことすら、結婚後は以前とはペースが変わる女性も少なくない。

夜の外出が難しくなり昔から参加していた女性会にも、なかなか参加できないということもあるだろうし、年末年始などは夫の都合に合わせて帰省をすることから、自分の同級生にはなかなか会えないということもある。

親しい友人と自由に会うことができるのも、独身の特権ともいえるかもしれない。

独身働き女子だからこそ、年末年始やお盆休みのスケジュールも自分の予定を自由に組むことができるのだ。

以上、独身の働き女子が結婚前に絶対しておきたい4つのことをご紹介したが、いかがだろうか?

結婚後は、時間もお金も自分の自由にはならなくなることがどうしても増える。

結婚後に「こんなはずじゃなかった!」と後悔することのないよう、自分で稼いだお金や休日を、“自分の意志だけ”で自由に使えるうちに、ぜひ独身働き女子の特権を満喫しておいてほしい。

BizLady

トピックスRSS

ランキング