もう慌てない!「仕事を期日までに100%終わらせる」3つの秘訣

BizLady / 2015年1月5日 7時45分

写真

「あっ、アレ処理するの忘れてた!」働き女子なら誰でも1度はこんな経験をお持ちなのではないだろうか。

物事を期日までに処理する能力は、周囲の人との信頼関係を構築するにあたって必要なスキルのひとつである。

そこで今回は、海外の女性向けサイト『Good Housekeeping』の記事を参考に、仕事を期日までにキッチリと処理する3つの秘訣をご紹介しよう。

■1:公言する

同僚や上司に「◯◯については△△な状況です、今日は××をやります」などと公言をすることで、自分自身に言い聞かせる効果が期待できるという。

社外秘の内容までは絶対にNGだが、新しく始めることや自分がしなくてはならない作業をTwitterなどでつぶやくのもいいだろう。“宣言した”という事実が、自分自身へのいいプレッシャーになるので、途中で忘れてしまうことが減るのだ。

■2:面白いことに変える

「コレが終わったら大好きなスイーツを買おう!」という具合に、自分へのご褒美を設定して取り組みを進めると、仕事を先延ばしにするクセから脱却できる。

プロジェクトメンバーと簡単なゲームをつくって「今日の終わりまでに◯◯したほうが△△しよう」のような工夫もよいようだ。

「はぁ……早くやらなきゃ……」という義務感だけでは、どうしても先延ばしにしてしまいがち。ゲームのような感覚でぜひトライしてみてほしい。

■3:時間を区切る

ひとつの仕事を終えるために、時間を区切るクセをつけてみよう。

大きな区切りとして“◯月◯日までに終わらせる”というのはもちろんだが、その日のタスクを15分ないし30分単位で「これに取り組む」と決めてしまうと、その時間内は集中して処理することができるのだ。

大きな時間軸だけでなく、1日単位の時間軸でもタスクを見直す意識を持つようにしよう。

以上、仕事を期日までにキッチリと処理する3つの秘訣をご紹介したが、いかがだろうか?

仕事を適切に処理し続けるためには、時間管理の方法がキモになってくる。誰しもに24時間という同じ時間が与えられている以上、その時間をどうやってマネジメントするかが課題となるのだ。

今回ご紹介したような方法を用いながら、ぜひあなたも時間管理の達人を目指していただきたい。

BizLady

トピックスRSS

ランキング