副業の動画編集で10万円稼ぐ人も。未経験でも1か月でスキルを獲得

bizSPA!フレッシュ / 2020年7月8日 15時45分

写真

ゆーすけ氏も約200人が集まる動画サロン「やわらかいライブ動画ラボ」を運営。30~40代の未経験者の加入も増えているとか

 コロナウイルスの影響で収入減、ボーナス減に悩まされている人も多いだろう。世界恐慌の足音すら聞こえ始めた今、1円でもお金が欲しいと思うのが正直なところだ。そこで即金性の高い副業を多角的に大調査。その実態を探った!

ノートパソコン ウッド背景

※画像はイメージです

◆「note」などのコンテンツ販売は一攫千金の期待大

「元手をかけずに一攫千金を狙うなら、今のオススメは『note』などで自らをコンテンツ化すること」

 そう語るのは、副業情報サイト「フクポン」の運営者・中野貴利人氏。「note」とは、誰でも文章や漫画、写真、映像などを販売できるコンテンツサービスだ。

「自分の知識やスキルを文章などにして売り、売れた分に応じて収益を得るビジネスモデルです。『note』などが登場して以降、一般人のコンテンツ販売が格段にスムーズに。今後さらに人気が高まるはずなので、先を見据えるなら今参入を。私の知る会社員は、ビジネス関連のスキルをまとめ、約1万文字の原稿を一部4800円で販売し、500部以上売ったとか。手数料を引いても、約200万円の利益になったそうです」

 筆が早い人なら誰でも数時間でコンテンツを作って売れる手軽さや、翌月末には利益が手に入るのも魅力だ。だがポイントは、いかに売れるモノを作るかだろう。

◆必要なのは知識とコンテンツを作る根気

「ただ、売れなかったものが、数か月後にバカ売れすることもあります。重要なのはコンテンツ選び。人気ジャンルは、ビジネス、恋愛、健康、ダイエット、投資など。値づけは自分でできるので、一部1万円の高値で販売しても、数人が買ってくれれば十分利益は出る。あと、ネットでバズると売れ行きがよくなるので、SNSで発信するのも大切です」

 人気コンテンツになれば書籍化もあり。作家を目指して挑戦を。

▼人気になった記事の例

金融:「副業で金融資産を年10%増やす」
ビジネス:「YouTube動画の再生回数の増やし方」
健康:「医師監修! 食事でメンタルを改善する」
ダイエット:「2か月で14kg減量した方法」
恋愛:「陰キャ男子が彼女をつくるまでのステップ」

即(金)副業BEST32

中野貴利人氏

◆動画サロンで動画編集スキルを習得

即(金)副業BEST32

ゆーすけ氏も約200人が集まる動画サロン「やわらかいライブ動画ラボ」を運営。30~40代の未経験者の加入も増えているとか

 素人から有名人までYouTuberが続々誕生するなか、裏方の動画編集ニーズも高まっている。

「動画サロンに入ってスキルを学べば1か月で稼げる副業になります」と語るのは、動画や配信の事業を手掛けるやわらかゆーすけ氏。

「最初から何十万円も初期投資をかける必要はなく、月額3000円ぐらいのオンラインサロン内で仕事をこなして、スキルも同時に学ぶのが効率的。スマホ1台でできる作業もありますし、徐々に必要な機材を揃えていく。未経験から始めても、1か月後には独立して10万円ぐらい稼ぐ人も多い」

 動画編集は平均単価が一本3000~5000円。編集以外にも、動画の文字データ起こし(60分1万円~)や、スケジュール調整をするディレクター業(一案件につき1万~3万円)などの仕事もある。また、さらに稼げるのが生配信のスタッフだという。

「コロナの影響で企業やタレントさんも配信業に力を入れ始めていて、撮影から配信までをこなせる人材がかなり重宝されているんです。一件あたり3万~5万円と単価もいいので狙い目ですね」

【中野貴利人】
副業プランナー。副業情報サイト「フクポン」運営者。副業マーケッター。これまでに多数の副業を実践、取材。共著に『ど素人でも稼げるネット副業の本』(翔泳社)など

【やわらかゆーすけ】
「#やわラボ」主宰。ドワンゴ出身。初心者でも動画を学べて稼げるオンラインサロン「#やわラボ」主宰。動画撮影・編集・配信で自身の月収は300万円超

<取材・文/週刊SPA!編集部>

【週刊SPA!編集部】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング