男性でも日焼け止め必須。メンズスキンケアのプロに聞く、イチオシは?

bizSPA!フレッシュ / 2020年10月20日 8時47分

写真

男性でも日焼け止め必須。メンズスキンケアのプロに聞く、イチオシは?

 10代・20代前半の男性が、化粧水や乳液などを使ったスキンケアを日常的に行うことが増えている。コスメやスキンケア、脱毛、ホワイトニングなど幅広い美容情報を発信しているビヨケンさん(39歳)

メンズ

美容系YouTuberとしても活躍するビヨケンさん

「2020年はメンズ美容元年」であり、数年内にメンズ美容は普及する可能性が高いという。そこで、まだ美容の知識と経験が少ない男性がまず始めるべきスキンケア。中でも「日焼け止め」の方法とおすすめグッズについて聞いた。

◆早めのスキンケアで数十万円の「節約」に

 熱いシャワーを顔にかける。手のひらで顔を擦って洗顔する。このような間違った方法を続けていると、年齢を重ねると肌の状態が悪化してしまう。

「気付いたときには治すのに数十万円も必要になるケースもあります。例えば、シミやホクロを取るレーザー治療は、1回で数万円かかります。さらに定期的な治療が必要なので、年間10万円以上の出費は覚悟しなければなりません。私も30代後半でYouTubeチャンネルを開設し、いろいろと肌のメンテナンスを行っていますが、『もっと早くスキンケアしておけば、もっと安くすんだのに』と後悔しています」

 ビヨケンさんのチャンネル登録者のうち、約7割が若年層だそうだ。

「彼らが社会人になればメンズコスメやスキンケアが普及すると肌のきれいな男性が一般的になり、そうでない人は“マナー違反”になる時代がくるかもしれない。そんなときに、なるべく安くきれいな肌を取り戻せるように、早めにスキンケアを始めて損はないです」

◆始めるなら、まずは「日焼け止め」

メンズ

 スキンケアが重要なのは頭で分かっていても、なかなか始められないという人は少なくないのではないだろうか。ビヨケンさんによれば「そんな人は日焼け止めから始めるといい」という。

「乾燥や皮脂よりも、肌にとって脅威なのは『紫外線』です。ホクロやシミ、たるみなど肌のトラブルの大部分の原因になるので、日焼け止めを使ってそれを防ぐだけでも立派なスキンケアです。まったくの初心者の方は、日焼け止めを入り口としてさらに美容に興味を持てたら化粧水や乳液も抵抗なく始められると思います」

 日焼け止めは基本的に365日使うのが基本で、事務職やエンジニアなど仕事中はオフィスから出ない人も必要だという。

「通勤時間だけでも肌はダメージを受けますし、屋内にいても紫外線は窓を通過するので日焼け止めは必須。コロナによるテレワークであっても、カーテンを閉めっぱなしな環境で働く人以外は基本的に日焼け止めを塗ることをおすすめします」

◆朝5分でOK。日焼け止めの使い方

メンズ

 日焼け止めの塗り方は、まず指先に日焼け止めを適量出し、両頬・鼻・あご・額の五箇所に乗せる。その後、まんべんなく顔全体に広げるだけだ。

「慣れれば5分もかからずに塗り終えられます。出勤前、ヒゲを剃った後に少しだけ時間をかけるだけなので、初めてであってもすぐにルーティンにできると思いますよ。ただ、肌に強く擦りつけるのはNGです。定着やムラの解消にはつながりませんし、摩擦によってかえってダメージを与えてしまいます」

 肌に塗った日焼け止めは、2時間ごとにこまめな塗り直すことで紫外線対策の効果を持続できるという。

「皮脂や汗によって自然に流れ落ちてしまうため、小まめな塗り直しが欠かせません。理想は2時間ごとですが、初めて日焼け止めを塗る男性にとってはハードルが高いでしょうから、最初のうちは出勤前だけでも十分です。営業などの外回りの人は、それに加えて会社を出る前のタイミングで、もう一度塗り直すルーティンをつくるだけでも、肌に優しい生活改善につながります」

◆ビヨケンさんおすすめ「日焼け止め」

 ここで気になるのが、どんな日焼け止めを買ったらよいのか。そもそもどんな基準で選べば良いのか。

「そもそも紫外線には、肌の深層まで侵入してシワ・たるみの原因になるUVA(紫外線A波)と、表層部分の細胞を損傷し、日やけやシミ・ソバカスの原因になるUVB(紫外線B波)の2種類があります。日焼け止めにはUVA対策に有効な「PA」、UVBに適した「SPF」という2つの指標があり、成分量によって数値や+の数が異なります。SPFだと30と50とか。ただ、価格はそこまで変わらないので、最も効果の高いSPF50+ PA++++がよいでしょう」

 では、そんな「SPF50+ PA++++」の日焼け止めで、ビヨケンさんがオススメするのはどれなのか? お手頃なものと、男性専用ブランドの商品を教えてもらった。

「こだわるときりがなく、調べた段階で面倒になりそうな方は、スタンダードで価格もお手軽な『ビオレUVアスリズム サーンバーンプロテクトミルク』がおすすめです」

 ビオレ

「ビオレ UV アスリズム サンバーン プロテクトミルク 日焼け止め 」(60ml、SPF50+/PA++++)¥2,530

「最近はメンズ用の日焼け止めも販売されているので、自分に合った日焼け止めを選びたくなったら、サンプル品を購入していろいろと試してみましょう。『ウーノ UVパーフェクションジェル』などは日焼け止めの成分に加え、乾燥やニキビ予防の役割も果たしてくれます。男性が悩みがちな皮脂のコントロールにも役立つ、オールインワンの化粧品です」

ウーノ

「UNO(ウーノ) UVパーフェクションジェル オールインワン」(80g、SPF30+ PA+++)¥873

◆毎朝念じながらスキンケアをする

ビヨケン

 スキンケアは肌のトラブルの予防なのですぐには効果が現れにくいことから、一度始めてもすぐに止めてしまう人も少なくない。最後にスキンケアをなるべく続けるコツを聞いた。

「やってほしいのは毎朝、『あ~気持ちいい! これで肌がキレイになるぞー』と念じながらスキンケアをすることです。使っているコスメが高いか安いかなどの細かいことよりも、自分の心が前向きでポジティブでい続けることのほうが実は大事なんです。1~2か月もたてば見違えるほどいい顔になり、スキンケアへのモチベーションも高まりますよ」

 まずは実際に始めてみることから! ビヨケンさんが伝授してくれたスキンケア術を使って、他と差をつけるオシャレな男を目指してみてはどうか。

<取材・文/藤富啓之 撮影/林紘輝>

【ビヨケン】
メンズ向け美容系YouTuber。理系ならではの実験思考、徹底的に主観を排除した客観性のある美容情報の発信に力を注いでいる。
熱い語り口調・解説のわかりやすさには定評がある。
■ twitter:@VIYOKEN
■ YouTube「ビヨケン -VIYOKEN-

【藤冨啓之】

WEBコンテンツ制作会社「もっとグッド」代表取締役。ライター集団「ライティングパートナーズ」の主宰も務める。オウンドメディアのコンサルティングのほか、ビジネス・社会分野のライターとしても活動

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング