29歳で貯金が1000万に達した総合職女子の憂鬱「友人も恋人もいない」

bizSPA!フレッシュ / 2020年12月4日 15時45分

写真

29歳で貯金が1000万に達した総合職女子の憂鬱「友人も恋人もいない」

 コロナの第3波が到来。仕事が減ったり失業して、お金のことで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そんななか、銀行で総合職として働く鮎川マナミさん(仮名・29歳)は趣味も特技も「貯金」だと豪語する倹約女子。貯金額はなんと約1000万円に達するとか。

貧乏 女子

画像はイメージです(以下同じ)

◆昔から貯金が好きだった

「小学校低学年のころから、貯金が好きでお小遣いやお年玉は貯めてました。通帳記入をして、数字が増えているとものすごいテンションあがってました。どうしても貯金に手をつけなくてはならない時は憂鬱で、1円でも数字が減ると悲しくなっちゃて……」

 とにかくお金が大好きだったマナミさん。就職の選択肢は銀行一択だったといいます。

「もっと稼げる職種・業種はあったと思いますが、波があるより確実に安定した収入を得られて、よほどのことがない限り、潰れないであろう銀行は魅力的でした。1日中、お金を見てられますしね

 生活費や保険、積立などを除いて、月に最低7万円は貯金しているマナミさんは「常に節約を心がけて生活している」といいますが、具体的にどんな節約をしているのでしょうか。

◆1円でも多く貯金したい

貯金 資産

「基本的にご飯は全て自炊。ランチもお弁当を作ってます。寝坊したり、面倒で作れなかった時の上限は200円と決めていて、飲み物もタンブラーに入れて持って行ってます。夏は冷たい麦茶。冬はあったかい紅茶です」

 スタバのフラペチーノなどはもってのほか。自販機の150円のペットボトルさえ滅多に買わないと徹底しています……。またマナミさんは外食も避けているそうです。

「会社のどうしても行かなければならない歓送迎会は参加しますが、仕事終わりに『今日飲みにいかない?』っていう誘いはほぼ行きません。お酒も特に好きじゃないし、グルメでもないから、こだわりもないし。わざわざ外食してお金使うなら、1円でも多く貯金したい」

◆もう少しで貯金1000万円に達するが…

貯金女子

 とはいえ、女性ならメイク用品やオシャレにある程度、お金はかかってしまうんじゃないでしょうか。

「メイク用品は大半が無印良品や100均です。洗顔やシャンプーは、ドラックストアの特売品で1番安いものをチョイスしてます。洋服も冬物のコートやジャケットはある程度、高いものを購入しますが、そのかわり飽きがこないデザインをチョイスしてるんで、最低3年は着ます。夏物はファストファッションでしか購入しません。洋服と化粧品を合わせても年間20万円もいきませんね

 ブランド物にも全く興味がなく、エステやジムに行った経験もないんだとか。そんな節約を続けた結果、あと30万円ほどで貯金1000万円に達するそうですが、なぜか浮かない顔をしています。

「特に『1000万円貯めよう』っていう目標を持っていた訳でもなく、節約が楽しくて続けていたら自然と貯まっていった感じで。大金は残ったけど、今、私に何もないんですよね。趣味も特技も貯金と節約だけ。その話をする友人もいないし、恋人もいないし、何より人との思い出がないんです

◆貯金以外の趣味が何もない

 無駄使いや人からの誘いを断ち続けた結果、ここ数年で覚えていることといえば、家と会社を往復したこと、それから貯金残高についてだけだったそうです。

「この前の週末にふと、『誰かとたまにはランチにでも行きたいな』って思ったんですが、誘う相手が全く思い浮かばないんです。一応、友人とカテゴライズ出来る人はいますが、気軽に誘うことはできません。今まで散々断ってたのに、いきなり誘えないですから……」

 20代も後半になり、結婚・出産を経て、家族が増えていく知人の姿をSNSで見ると、憂鬱な気持ちを覚えるようになったといいます。

「25歳くらいの時には本気で『結婚なんて、お金がかかるだけで絶対に嫌だ』って思ってたんです。それが最近は羨ましくなってきて……。でも合コンのような出会いの場も『お金がかかるから行きたくない』と、断っていたせいで、もう誰からも誘われなくなってしまいました

◆20代の時間を後悔している

スマホ

 マナミさんはご自身のことを「本当の意味で私は貯金が下手だと思います」と、いいます。

「今はコロナ禍で、仕事がなくなったり、貯金がなくて生活に困ってる人も多いじゃないですか。だから、私のことを羨ましいって思う人もいるかもしれませんが、とんでもないです。

 確かに、生活の面では仕事の不安もないです。でも、貯金があっても買いたいものもないし、自己投資したい訳でもない。節約に精を出しすぎて、趣味がない。20代の時間のほとんどを貯金に捧げたことを今では後悔してます

 貯金ができなくて悩む人が多いなか、貯金があっても悩みがあるのは驚きでした。何事もバランスが大切なんでしょうね。

<TEXT/吉沢さりぃ イラスト/カツオ(@TAMATAMA_GOLDEN)>

【吉沢さりぃ】

ライター兼底辺グラドルの二足のわらじ。近著に『最底辺グラドルの胸のうち』(イースト・プレス)がある。『日刊SPA!』『BLOGOS』などで執筆。趣味は飲酒 Twitter:@sally_y0720

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング