サラダチキンに匹敵。コンビニ3社「ホットスナックのヘルシー度」を検証

bizSPA!フレッシュ / 2021年2月20日 8時46分

写真

筆者がローソンでゲットしたサラダチキン

 ボディメイク、ダイエットともに成果を実感するためにはトレーニングの量や質だけでなく、栄養にも気をつけたいところ。近年、筋肉増量のために注目されているフィットネスフード、サラダチキン

サラダチキン

※イメージです

 コンビニ各社でも目玉商品として扱われています。しかし、どうしても一辺倒になりやすいのも悩みどころ。そこで今回はレジ横に陳列されているタンパク質たち「ホットスナック」に注目。

 王者サラダチキンに追随するものがいないか、商品ごとの成分表示をもとに検証してみましょう。

◆サラダチキンは高タンパク低カロリー

 鍛える、痩せる、などのフィットネス分野の栄養素として市民権を獲得したサラダチキン。蒸した鶏の胸肉は「高タンパク低カロリー」の代表格として、無駄の少ない食品です。

 今ではコンビニ各社では、さまざまなフレーバーが展開されています。ここで一度、主要3社のサラダチキン主力商品を見てみましょう。

サラダチキン

サラダチキンの比較(図版筆者作成)

 セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの3社でそれぞれ特徴はありますが、当然ですが、どこも高タンパク低カロリー。100kcal台前半で、タンパク質20g以上も摂れるのは魅力的です。

 しかし、ネックなのは価格、どれも200円を超えています。物によってはおにぎりが2つ買えてしまい、お高く感じてしまいます。それではこれと比較してどうなのか、ホットスナック陣を見てみましょう。

◆アメリカンドックはやや劣る

アメリカンドッグ

アメリカンドッグの比較(図版筆者作成)

 小麦粉などの衣をつけて、ソーセージを油で揚げるアメリカンドッグ。ジューシーなソーセージとふわふわな衣は食べ応え抜群です。コンビニ3社でそれぞれ価格は税込108円とお手頃価格ですが、カロリーに対するタンパク質の量は10分の1まで低下してしまいます

 もちろん油であげている粉物ですから、炭水化物も多量でフィットネフスードとしてはあまり向いていないようです。

◆フランクフルトは安定したタンパク質源

フランクフルト

フランクフルトの比較(図版筆者作成)

 豚肉の腸詰を焼いたドイツ・フランクフルト発祥の料理。コンビニで売っている串に刺さった大きなソーセージは食べ応えがあります。

 コンビニ各社とも150~160円で、タンパク質は10g前後。1kcalあたりのタンパク質量も安定していて、フィットネスフードとしては一定のパフォーマンスが期待できそうです。

 アメリカンドッグと比べるとカロリー平均は上回りますが、より多くのタンパク質を確保するには長けていると言えるでしょう

◆フライドチキンはやっぱり優秀

フライドチキン

フライドチキンの比較(図版筆者作成)

 ファミリーマートのファミチキ、ローソンのLチキのように、最近では専門店にも引けを取らないクオリティになってきたフライドチキン。では、フィットネスフードとしてはどうでしょうか。

 サラダチキン同様、高タンパク低カロリーの鶏肉を使用しているため、フィットネスフードとしてのポイントが高いです。また値段も約200円とサラダチキンよりは多少抑えられています

 特に注目なのがセブンイレブンの「ななチキ」。カロリーが197kcalながらも、タンパク質は13.8g、1カロリーあたりのタンパク質対比は、他社よりも高くなっています。

 また、コンビニのフライドチキンは食べ応えもあります。ファミチキとLチキが鶏の腰の部分、ななチキはももの部分を使用し、胸肉主流のサラダチキンよりもジューシーで食べ応えがあります。ただ、衣をつけて油をつけているため、脂質/炭水化物が多く、食べ過ぎには注意が必要です。

◆食べ飽きないようなバリエーションを

サラダチキン

筆者がローソンでゲットしたサラダチキン

 数字で比較をしてしまうと、ホットスナック陣にサラダチキンの牙城を崩すことはできませんでした。しかし、細かくみてみると、それぞれのメリット/デメリットが見えてきたのではないでしょうか。

 フィットネスフードとしてはサラダチキンが不動の地位ですが、毎度同じものばかりを摂るのは飽きてしまいます。場面に合わせたバリエーションとしてホットスナックも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

<TEXT/柔道整復師・パーソナルトレーナー ヒラガコージ>

【ヒラガコージ】

柔道整復師/パーソナルトレーナー。スポーツクラブでインストラクターとして指導をし、現在は医療国家資格である柔道整復師の知識を生かした身体機能の改善からダイエットまで幅広いクライアントを担当するフリーランスのパーソナルトレーナーとして活動中

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング