1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

旅行気分が味わえるレトルトカレー7選。有名店やご当地メニューを食卓で

bizSPA!フレッシュ / 2021年4月7日 15時46分

写真

福岡天神「ティキ スパイスMAXチキンカレー」

 コロナ禍で気軽に旅行に行けなくなってしまいましたが、そんな旅行欲を満たすレトルトカレーの新作が続々登場! 2021年の新商品は“自宅にいながら旅行気分”というのが1つのキーワードになっているように感じます。

 今回はそんな旅行気分が味わえる新作レトルトカレーをピックアップしていきます(※価格はすべて税込み)。

ご当地カレー

今回紹介するレトルトカレーの一部

◆札幌:スープカレーのイメージを覆す

 ファンが多いS&B食品“噂の名店”シリーズ。都内近郊のお店とのコラボが多かった同シリーズですが、1年ぶりとなる新作は北海道札幌の人気店「未来カレーこりす」とコラボレーション。北海道の喜びがギュッとつまった「濃厚チキンマサラカレー」(339円)が発売になりました。

未来カレーこりす

北海道札幌 未来カレーこりす 濃厚チキンマサラカレー

 札幌といえばスープカレーのイメージがありますが、スパイスカレーやインド料理をベースにしたお店もジワジワ増えてきているとのこと。未来カレーこりすは北インド料理をベースにさまざまなカレーを提供しているようです。

未来カレーこりす

 カレーはカシューナッツベースの濃厚な北インド式カレーで、バターチキンカレーに通じるキャッチーな美味しさがありますね! 北の大地が堪能できる北海道産ミルクをたっぷり使っているのもポイントで、カシューナッツ×ミルクのコクがクセになりそうです。

未来カレーこりす

 弾けるようなスパイス感も人気の“噂の名店”シリーズですが、今作もその香りの高さは健在。シナモン、カルダモン、クミンなどのスパイスがバランスよく広がってくるからたまりませんね。人気シリーズならではの安定の美味しさです。

未来カレーこりす

◆福岡:自宅で味わえる本格スリランカカレー

 ハウス食品からは福岡気分が味わえる天神の人気スリランカ料理店、「不思議香菜ツナパハ」監修の「スリランカカリー」(オープン価格)が発売されることに。

ツナパハ

福岡天神 ツナパハ スリランカカリー (ハウス食品)

 シャバっとしたカレーから広がるココナッツミルクのエキゾチックでマイルドな風味。次の瞬間、鼻腔を駆け抜けるスリランカMIXスパイスの香りと唐辛子由来の力強い刺激!

ツナパハ

 ハウスの商品は辛味が控えめな傾向がありますが、こちらはハウス製レトルトの中でもトップクラスの辛さがあり、スパイスの香りも含めてお店の味にかなり近い雰囲気がありますね。

ツナパハ

 具材の少なさが同シリーズの寂しいところでしたが、チキンだけでなく、ジャガイモをたっぷりと入れることで見た目も食べ応えもUP。天神名物のスリランカカレーを自宅で気軽に味わってみましょう。

ツナパハ

◆福岡:お店以上に仕上がっているかも

 ノリに乗っているインディーズメーカー、36チャンバーズオブスパイスの新作ラインナップにも福岡天神の人気店「ティキ(TIKI)」の「スパイスMAXチキンカレー」(700円)が加わることに。

ティキ

福岡天神 ティキ スパイスMAXチキンカレー (36チャンバーズオブスパイス)

 本格的なスパイス使いと具材のゴロゴロ感が人気の同社の製品ですが盛り付けてみると、その存在感に改めて驚かされてしまいます。

ティキ

 シナモン、カルダモン、クローブなどがバランス良く調合された重厚なマサラの香りに、突き抜けるような唐辛子の辛味!

ティキ

 天神のティキで食べたスパイスMAXカレーはここまで辛くありませんでしたが、お店以上にキレッキレに仕上がったレトルト版を食べ進めると、その攻めまくった味わいにテンションが急上昇!

ティキ

 1本丸ごと入った青唐辛子をかじり、さらに突き抜けるような辛味が口いっぱいに広がるとたちまちドーパミンが溢れ出し、目を閉じると福岡の天神に妄想旅行です(笑)。辛さと香りと旨味の3拍子で攻める美味しさは辛口派ならぜひ一度は味わってもらいたいですね。

◆大阪:名物に通じる甘辛テイスト

 大阪の老舗カレーメーカー「ハチ食品」は旅行ガイドブック「るるぶ」とコラボレーション! カレーを食べるだけで北海道、大阪、京都、沖縄に行った気分になれるようです(※希望小売価格は各200円)。

るるぶ×ハチ食品 大阪

るるぶ×ハチ食品 大阪

 こちらは「大阪」。パッケージがまんま「るるぶ」なのでワクワクします。

るるぶ×ハチ食品 大阪

 味は大阪名物「インデアンカレー」に通じる甘辛カレー。ビーフの風味が溶け込んだカレーはフルーティーな甘さがありながらも辛さがジワジワと追いかけてくるまさに大阪スタイルです。

るるぶ×ハチ食品 大阪

 肉は少なめですが、ニンジンやザク切りの玉ねぎなども入っていて肉のボリュームを補ってくれています。200円商品なのでこれで十分ですね。

◆北海道:乳製品をたっぷり使ったまろやか仕立て

 続いては「北海道」。乳製品をたっぷり使った北海道らしい「チーズバターカレー」になります。

るるぶ×ハチ食品 北海道

るるぶ×ハチ食品 北海道

 カレー風味が控え目なまろやかな味わいが特徴で、ほどよいピリ辛仕立て。

るるぶ×ハチ食品 北海道

 大きなジャガイモが3つにコーンもたっぷり入っていて嬉しくなっちゃいます。

るるぶ×ハチ食品 北海道

◆沖縄:南国っぽいピリ辛キーマカレー

 北海道の真逆にある「沖縄」はタコライス風の「キーマカレー」

るるぶ×ハチ食品 沖縄

るるぶ×ハチ食品 沖縄

 気になるお味はピリ辛トマトキーマカレー的な仕上がりで、どこかチリコンカンのような雰囲気も。

るるぶ×ハチ食品 沖縄

 沖縄っぽいかはよくわかりませんが(笑)。パッケージが素敵なのでアリですね。

るるぶ×ハチ食品 沖縄

◆京都:風味も具材も“和”をイメージ

 最後は「京都」です。

るるぶ×ハチ食品 京都

るるぶ×ハチ食品 京都

“和”のイメージってことでカレーは「和だしカレー」。1口目でブワッと広がる出汁の風味! 鰹節と鯖節のダブル使いで深い出汁感が味わえます。

るるぶ×ハチ食品 京都

 具材は豆腐とレンコンとニンジン。ツルっとした豆腐と食感のあるレンコンとのコントラストが◎。今回はご飯と食べましたがうどんに合わせて、カレーうどんにしても美味しいと思いました。

るるぶ×ハチ食品 京都

=====

 旅行気分が味わえるレトルトカレーの新作を集めてみましたが、新作にこだわらないと選択肢はかなりたくさんありますよ! 旅行感覚で目的地を決めて、その場所に関連するカレーを味わう。旅行に行きづらい日々が続いていますが、コロナ禍ならではの華麗(カレー)なるバーチャルトリップを楽しんでみてはいかがでしょう。

<TEXT/カレー研究家 スパイシー丸山>

【スパイシー丸山】

インド料理からお家カレーまで精通する次世代のカレー研究家。日本野菜ソムリエ協会カレーマイスター養成講座講師。レシピ、食べ歩き、商品情報など、カレーにまつわるさまざまなトピックを日々発信している。著書『初めての東京スパイスカレーガイド』 ブログ:カレーなる365日 Twitter:@spicy_maruyama

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング