1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

神ポテトで話題になった「快活CLUB」に突撃。運営会社に聞く、おすすめメニュー

bizSPA!フレッシュ / 2021年7月12日 8時47分

写真

筆者もポテトを食べてみたところ、あっという間に完食。食感がガリガリしているのは皮も使用して、衣をつけているからだとか。

 コロナ下でテレワーク化が進むなか、自宅にパートナーがいて仕事ができない時、ちょっとした個室が使える場所があると助かります。そしてその場所が鍵付きならな安心しますよね。

快活CLUB

快活CLUB横浜北山田店

 株式会社AOKIホールディングスの子会社である株式会社快活フロンティアは、鍵付きの個室がある「快活CLUB」を運営しています。コロナ下でテレワークできるスペースを貸し出ししている会社も多くなったなか、特に若者に人気があると言われている快活CLUB。他の会社とは違う強みがあるのでしょうか。

 今回は株式会社快活フロンティアの本社と快活CLUBの本店がある、横浜市の北山田を訪ね、筆者が実際に体験しつつ、担当者にお話を聞いてみました。

◆無人受付マシンで手続きできる

 店舗に入ると目の前には無人受付マシンがあり、そこで簡単に会員登録などができる仕組みとなっています。

快活CLUB

無人受付マシンが

 初めて利用する人の場合、事前に快活CLUBのアプリから個人情報などを登録しておけばスムーズに受付ができます。会員料金は370円(税込み、以下同)。利用の際は、現住所が確認できる本人確認証を提示する必要があり、また通路や受付など施設内には防犯カメラも設置されていて、防犯セキュリティはしっかりしている印象でした

 鍵付きの個室は特に人気があるようで、筆者が予約しようとしたらまさかの満室。すると、今回は特別にVIPフラットルームに案内してもらいました。これはかなり嬉しい誤算です。

 今回私が訪れた店舗は、飲み放題カフェが最初の30分250円(税込み、以下同)、以降、10分ごとに80円。3時間パックは710円でした。また、ブース・ファミリールーム・ダーツ・ビリヤード・カラオケなどが最初の30分290円。以降、10分ごとに100円、3時間パックは1100円という料金体系でした。なお鍵付完全個室はキャンペーン期間中で、ブース料金で使用可能でした。

◆ドリンクは40種類超。味噌汁やアイスも

 まずは店内探索。ゴージャスな雰囲気の階段をのぼっていきます。北山田店はたくさんの個室があり、鍵付きではない個室やオープンスペースなどもありました。

快活CLUB

個室やオープンスペースも

 ドリンク類は40種類以上もあり、味噌汁やティーパックなど充実しています。また人気のソフトクリームはノーマルなバニラテイストでしたが、チョコシロップとメープルシロップがかけ放題! 4時間ごとに清掃が入るみたいですが、私が訪れた時は清掃前でした。

快活CLUB

ドリンクコーナー

◆ビリヤード台やダーツまで

 さらに、こちらの快活CLUBの中にはダーツやビリヤード台があります。食事メニューも置いてあるので、テレワークの気分転換として、遊びながら食事ができそうです。ダーツやビリヤードは店舗によってない場合があります。

快活CLUB

ダーツやビリヤード台でも楽しめる

 さらには、ファミリーやおひとり様でも楽しめるカラオケまで設備されています。最近では音楽が作れる機材も設置していて、YouTuberの方の利用も多いだとか。こちらも店舗によってない場合もあります。

快活CLUB

カラオケ室

◆タオルは無料貸出。シャワールームも

 シャワールームやコインランドリーもあります。タオルも無料貸し出しなのが人気です。

快活CLUB

シャワールームとコインランドリー

 店内をうろうろしていたら、筆者を見つけたスタッフさんから、1人用の個室が空いたと声をかけていただけました。こちらが本来使う予定だった鍵付きの個室です。

快活CLUB

一人用鍵付き個室

 リラックスチェアは後ろまで倒せてゴロンとできるようになるそう。2017年に鍵付きの個室を導入したようですが、設置されているのは全室のうち約半分のようです。それほど広くないのですが、かえってこちらのほうがテレワークが捗りそうでした。こちらは写真だけ収めて、いよいよVIPフラットルームへ。

◆フラットタイプの個室の居心地は?

 個室は受付でもらった会員カードをかざせば開く仕組みになっています。床がフラットなタイプになっていて、のびのび寝転べるスペースでした。こちらは2~3名まで入れる感じです。内鍵もあるので安心。

快活CLUB

カードをドアにかざして入室

 エアコンは調整ができるようになっています。最初の設定は少し空調の温度が低めですが、切ることも可能。また、ブランケットの無料貸し出しもあります。

快活CLUB

エアコン調整

快活CLUB

広々としたVIPルーム

 VIPルームだからでしょうか。パソコン画面もかなり大きかったです。映画や動画を離れて観る分には良いかもしれません。映画はメジャー系が少し、あとは極道ものやギャンブル系が中心でした。ここでテレワークするというよりも、こちらはやはり2~3人で、ワイワイ楽しみたい感じです。

快活CLUB

パソコンでテレワークをやってみた

◆フィットネスジムまで併設

 快活CLUB北山田店は4月1日に、フィットネスジム「FiT24」を併設。店内は黒をベースとしたシックな雰囲気となっており、マシンを使って本格的に鍛えている人がほとんどでした。2019年からフィットネスも併設しはじめ、現時点(2021年6月)では60店舗あるようです(一部単独店もあり)

快活CLUB

フィットネスジム「FiT24」

 月会費は6980円で、快活CLUBの飲み放題カフェも、毎日1時間利用できます。そのため、フィットネス前後に快活CLUBを利用している人も増えたのだとか。会費別に5000円支払えば使い放題のタンニングマシンも利用できるそうです。

快活CLUB

日焼けブース

 また女性用に美コラーゲンマシンもありました。自動販売機のようになっており、ボタンを押せばプロテインが飲み放題です。こちらはオプションで月2000円(15回利用)。からつけられます

快活CLUB

プロテインサーバー(北山田店が初めてのプロテインサーバー)

◆紳士服の会社が、なぜジムや快活CLUBを?

 快活CLUBを2時間半と、ジム見学を存分に体験した後、快活フロンティア広報室主任の糠谷美穂氏に話を聞きました。そもそも紳士服のAOKIが、なぜまったく違うインターネットカフェ事業を始めたのでしょうか?

快活CLUB

快活フロンティア広報室主任の糠谷美穂さん

最初の立ち上がりは建物の遊休スペースの活用でした。建物自体はAOKIが所有するものなので、洋服の売り場面積を広げるよりは、2階スペースを何かに使えないかということでした。そこで1998年、AOKIの遊休スペースに1号店となるコートダジュールを『すみれが丘店』にオープンしたのがきっかけです。そのうちインターネットカフェのような事業を展開しようという話になりました」

 なぜAOKIは色々な事業ができるのかを尋ねたところ「AOKIの強みとしては、横のつながりや会社の持っているネットワークが活用できているので、世間にPRしやすいところですね」と回答。

◆1つの場所で色々な遊びができる強み

快活CLUB

豊富な食事メニュー

 AOKIグループでの試みから、今や業界No.1になった快活CLUB。その人気の秘密を語っていただきました。

「1つの場所で色々なことができるのが人気の秘密ではないでしょうか。リモートワークで仕事した後に、ちょっと息抜きとして遊べる場所もあります。最近はお仕事の形態も変わってきて、仕事に余裕ができた人も使ってもらえるようになりました」

 また、リモート会議が多くなったなか、快活CLUBではあるアイテムが人気急増中だと言います。

「WEBカメラを無料で貸し出ししています。あとは快活CLUBにあるパソコンの中にZoomを登録しているので自由に使えます。極端な話、手ぶらでも会議に出席ができるような感じです。今までテレワーク自体そこまで浸透していなかったですが、今では『WEBカメラ使えますか?』という質問もあります。そこはコロナによって変わった点ですね

◆担当おすすめの注目メニューは?

 そして、快活CLUBの人気の秘密として、やはり料理メニューが豊富なところではないでしょうか。なかでも人気ベスト3が「神ポテト」「トルコライス」「快カツカレー」だそうです。神ポテトについては『マツコの知らない世界』(TBS系)で取り上げられた際、広報1年目だった糠谷氏が担当していました。

ポテトが日本中からなくなってしまうのではないか!? というくらい反響がすごかったです。なので今は『神ポテト』と勝手にネーミングしています」

快活CLUB

筆者もポテトを食べてみたところ、あっという間に完食。食感がガリガリしているのは皮も使用して、衣をつけているからだとか。

 神ポテトを担当した糠谷氏に、今後の注目メニューを紹介してもらったところ「カルビーとのコラボ商品です。こちらは6月21日から10月3日まで販売予定で、神ポテトに次ぐ夏のおすすめのメニューです。ぜひ多くの人に食べてもらいたいですね」と回答。

快活CLUB

「ピザ厚切りポテト」(税込390円)

 すでに快活CLUBで「コンソメWパンチ」「厚切りポテト(のりしお)」を販売したところ、累計販売数30万食を達成。今回は第3弾として、ピザの味をリアルに出した「ピザ厚切りポテト」をリリースしています。

 コロナ下でテレワークが進むなか、仕事もしつつ、ご飯を食べに行く感覚でも使える、こういったスペースは増えていくのではないでしょうか。

<取材・文・撮影/大川 藍>

【大川 藍】

ライター。スイスで滞在中にフリーランスとして目覚める。おつまみ系や占い、インテリア系も執筆中。興味のあるものならなんでも記事にしてしまう遅咲き主婦

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング