1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

資産400万円でセミリタイア!食費は月1万円、28歳“底辺FIRE”のリアル

bizSPA!フレッシュ / 2022年5月24日 15時46分

写真

総資産400万円という少なさでFIREを実現した、ゆうすけ氏

 多くのFIRE達成者が数千万~1億円超の資産で脱サラするなか、わずか400万円を元手に会社を辞める若者がいた。彼が実践する底辺FIREの実態とは!?

マネ得

ゆうすけ氏。1月には自身のFIRE術を紹介したキンドル書籍も執筆。自宅兼作業場だから起きたらすぐに作業を開始できる

 金融資産の配当などを収入源にしつつ、会社員生活からの脱出を目指すFIRE。昨今はブームになっているが、2020年10月に総資産400万円という少なさでFIREを実現したのが、ゆうすけ氏(28歳)だ。自ら「底辺FIRE」と称しているように、気を抜けば1年で使い果たす資産額である。

◆不自由な会社員人生にうんざりしていた

「働く時間も内容も他人に決められて好きなことができない、不自由な会社員人生にうんざりしていたんです。そもそも僕は贅沢な生活を望んでいるわけではありません。タワマンや高級車はいらないし、普通に暮らせればOKです。最小限に絞れば毎月の生活費は食費や光熱費、社会保険料、通信費込みでも3万5000円ほど。これにつみたてNISAの掛け金月3万3333円を合わせると6万8333円。この額さえ捻出できれば僕的には満足のいく生活です」

 ゆうすけ氏は放置された実家の空き家をセルフリフォームしたため住居費がゼロ。さらに食費は1か月1万円以内で済ませている

「激安スーパーで1パック98円の卵や100g68円の鶏肉を買って自炊する。1万円もあればおいしいご飯を食べられます」

マネ得

最小限の食費でバランスの取れた食生活を実現する秘訣は激安スーパーと自炊の徹底だ

 そう話す彼の暮らしぶりからは貧困生活のようなネガティブな雰囲気はみじんも感じられない。

◆4%ルールはFIREの在り方のほんの一部

 現在、ゆうすけ氏は米国株インデックスファンドを中心に運用し、総資産は約600万円にまで増えている。しかし、FIREには「4%ルール」という概念がある。年間生活費25年分の資産を貯めて、年4%の運用益で生活費を捻出するというルールだ。

マネ得

 これにゆうすけ氏の月間支出約7万円を当てはめると、必要な金額は2100万円なので総資産の3倍以上。増えた資産600万円を年利4%で運用しても年間24万円しか得られず、このままでは早晩資産が底を突く……。しかし、ゆうすけ氏は「4%ルールは絶対じゃない」と続ける。

「FIREに決まった形はありません。最近では運用益だけでは足りない生活費はバイトなど労働収入で補てんするスタイルを『サイドFIRE』などと呼びますが、僕も同じで、YouTubeやブログで広告収入を得ていて、会社員にならずとも何かしらの方法で稼げればいいと思っています」

マネ得

 つまり、「働かないこと」が価値基準ではなく、「不自由な生活を送らないこと」が何より重要なのだ。

◆毎月2万円もあれば衣食住に困らない

「今はYouTubeとブログの広告収入、投資信託の分配金など月5000円程度の収入と、退職に伴う手当や自動車を売った貯金を切り崩して生活費と投資資金に充てています。なので、向こう1年は働かず、来年からはバイトでもしようかなと。将来的には広告収入など月10万円の事業所得を目指しますが、稼げるようになるまではバイト代で補てんします」

マネ得

ゆうすけ氏の’22年4月の家計簿。「古いPCの売却益や企業型年金の解約金が入ったので、珍しく収支がプラスでした。こういった臨時収入がない月は基本赤字なので、銀行預金から積み立て資金を捻出します」

 とはいえ、なかなか綱渡りの人生設計のように思える。不安はないのだろうか。

「たしかに、普通の社会人だったらヤバいと思うでしょうが、僕は危機感が薄いからか『なんとかなるだろう』としか思わなくて。毎月2万円もあれば衣食住に困らないし、年間24万円の収入なら600万円の資産を運用しても得られると思います。いざとなったら季節限定のリゾートバイトなどで集中的に働いて、寒いときに暖かい国で過ごすといった人生を送ればいい。今年は沖縄にも短期滞在しましたし、10月にはタイで1か月暮らす予定です」

◆もし結婚するなら億万長者になってから

 FIRE後の日常は、昼頃に起きて動画を撮影し、ブログを執筆する合間に筋トレなどをして過ごすというもの。ある意味、独身だからこそ可能な生活スタイルだが、結婚願望はないのだろうか?

マネ得

空き家をセルフリフォームしての一人暮らし

「僕は生涯を共にする結婚には懐疑的です。恋愛ってだいたい2年から3年で飽きちゃうじゃないですか。もし結婚するなら億万長者になってからですかね。とはいえ当面の目標は、今の生活を維持しつつ10年後に資産2000万円を貯めることです。会社員としての人生に疑問を抱いている人にとって、僕のような底辺FIREライフは魅力的だと思いますよ

マネ得

将来性を鑑みて資産のほとんどを米国株インデックスファンドに投資。将来性に期待して損失が膨らんでも握りしめる投資方針だ

 それって、単にフリーランスとして独立しただけは?と思ってしまうが、ともかく。最低限の生活費でミニマムに暮らし、好きなことや自由な日常を優先する――。先行きが暗い低成長時代を生きる若者にとって、ある意味、ごく自然にたどり着いた価値観なのかもしれない

<取材・文/かつのこゆき>

【週刊SPA!編集部】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください