今年の春節シーズン、中国から700万人が海外旅行に

Bridge International Media / 2019年1月31日 10時14分

写真

今年の春節シーズンに海外を訪れる中国人旅行者は前年同期比8%増の約700万人に達する見通しだ。イメージ写真。

今年の春節(旧正月。2019年は2月5日)シーズンに海外を訪れる中国人旅行者は前年同期比8%増の約700万人に達する見通しだ。

29日付の北京商報によると、渡航先は96カ国・地域に上るとみられる。記事は「旅行者は『体験』にお金を使いたがっている」と述べ、食事や宿泊、観光などさまざまな面で個性と質が求められていると指摘。旅行先を決める上で中国の消費者が最も重視する要素としては「ビザ申請手続きの利便性」「直行便の有無」「現地の観光客に対する態度」を挙げた。

今年の春節シーズンは中国国内にある観光地の入場料値下げ、高速鉄道や航空路線の拡充、複数の国によるビザ政策緩和が旅行需要を押し上げたとされている。主流は「家族旅行」で、全体に占める割合は7割に達するもようだ。(by Yamaguchi)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング