昭和天皇「最後の侍従」が27冊の日記に書き残した「代替わり儀式」への違和感と雅子さまが「嫁がれた日」

文春オンライン / 2019年4月29日 11時0分

写真

天皇明仁・皇后美智子さま 即位礼正殿の儀「お言葉」 宮内庁提供

 30年余りにわたる「平成」が幕を下ろし、「令和」が始まろうとしている。敗戦を経験し激動だった「昭和」がさらに遠くなろうとしている。そんな折りに昭和天皇の一侍従だった故小林忍氏の日記が見つかり、共同通信が昨年8月、特報した。このたび「 昭和天皇 最後の侍従日記 」として新書版にまとまり、世に出すことになった。小林氏は人事院から50歳の時に宮内庁に異動になり、昭和49(1974)年から平成12(2000)年までの宮中での出来事を27冊の日記に活写していた。

〈仕事を楽にして細く長く生きても仕方がない。辛いことをみたりきいたりすることが多くなるばかり。兄弟など近親者の不幸にあい、戦争責任のことをいわれる〉(昭和62年4月7日)

 昭和天皇が晩年まで大戦について苦悩を深めている心情や、「オク」と呼ばれる昭和天皇の住まいの吹上御所での日常生活の様子が克明につづられている。宮内庁が編集した「昭和天皇実録」にも収められていない貴重な「昭和後半史」だ。魅力はそれだけではない。昭和から平成への天皇代替わり儀式の内情も詳細に記され、私たちが追体験できるのだ。

 政教分離を規定した新憲法下で初めて執り行われた諸儀式を巡っては、違憲論議がかまびすしかった。憲法や皇室典範には、皇位継承の儀式の在り方に関する規定はなく手探りの代替わりだったが、重要儀式はいずれも国費で賄われたからだ。政府は今回、昭和から平成への代替わりの例を踏襲することを早々に決め、こうした違憲議論を封じた。平成から令和への皇位継承という歴史的な時期に、そんな視点も念頭に置きながら「小林日記」の記述を紹介したい。

「今後の先例になることを恐れる」

 継承儀式の主な舞台は、皇居内にある宮殿だ。ハイライトは今回も秋に執り行う「即位礼正殿(せいでん)の儀」。新天皇が「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」という天皇が重要祭祀で着る古装束に身をまとい、「高御座(たかみくら)」という玉座から見下ろす形で、国内外の賓客に即位を公に告げる儀式だ。高御座は、神によって天皇の地位が与えられたという神話に由来するとされる高さ6.5メートル、重さ8トンの台だ。束帯(そくたい)という古装束を身にまとって参列した小林氏は、厳しくこう指摘した。

〈諸役は古風ないでたち、両陛下も同様、高御座、御帳台も同様。それに対し、松の間に候する者のうち三権の長のみは燕尾服・勲章という現代の服装。宮殿全体は現代調。全くちぐはぐな舞台装置の中で演ぜられた古風な式典〉〈新憲法の下、松の間のまゝ全員燕尾服、ローブデコルテで行えばすむこと。数十億円の費用をかけることもなくて終る。新憲法下初めてのことだけに今後の先例になることを恐れる〉(平成2年11月12日)

 御帳台(みちょうだい)は、皇后がこの儀式の際に立つ高さ5メートルを超す台だ。即位礼は宗教色が強く、皇位継承の重要祭祀「大嘗祭(だいじょうさい)」とともに各地で違憲訴訟の対象になった。一方保守派も「皇室の伝統」にこだわった。当時の海部俊樹首相が、かつて私の取材に「明治以降の伝統に墨守する保守派の意向と、新憲法の理念との板挟みだった。首相も『古装束を着て』と言われたが断った」とジレンマを明かしている。今回政府は、代替わり儀式を前例踏襲とすることを決めたが、小林氏の「先例になることを恐れる」という懸念が的中した形だ。

「皇后陛下は貧血?で御気分悪くなられ」

 これに先立ち、侍従ら職員は「習礼」という事前練習を重ねていた。同年の11月3日の日記には〈即位礼の習礼。束帯は下着から一式全部で6.5kgある〉〈石帯をつけると装束は重く、2時間余り立ち通しでぐったり疲れた〉とつづられている。石帯(せきたい)は、漆塗りの帯で、地位に応じて違う玉や石が付いている。当時67歳で小柄な小林氏にとっては、つらい試練だったことがうかがえる。

 両陛下にとって事情はもっと深刻だったようだ。日記には〈賢所御神楽。これで即位に伴う一連の儀式・祭礼はすべて終了した。両陛下も大変お疲れのことと思われる。特に皇后陛下が心配される。午前に親謁の儀のあと皇后陛下は貧血?で御気分悪くなられ〉(平成2年12月6日)とある。前回は、即位の礼と「大嘗祭」(平成2年11月22~23日)は10日しか間が置かれなかったが、政府は今回、新天皇、皇后の負担に配慮し、即位の礼を10月22日に前倒しし、約3週間空けることとなった。小林氏が指摘するような重い負担が、政府や宮内庁の関係者間で共通認識になったことが推察される。

「外交官としてバリバリの人。相当な決断」

 平成皇室がスタートした時期は、慶賀と苦難が交錯した。小林氏は、外交官「小和田雅子さん」が皇太子妃(5月以降、皇后)として皇室入り(平成5年6月)されるまでや、秋篠宮(同、皇嗣〔こうし〕秋篠宮)の結婚(平成2年6月)についても日記に書き残している。一方で、美智子皇后がバッシング報道に見舞われている最中、倒れたこともあった(平成5年10月20日)。こうした「多事多難」を間近で見た小林氏の率直な思いや、新たに皇室に嫁いだ女性皇族の素顔の記述も興味深い。

 平成5年1月6日の日記にはこうある。〈皇太子妃決まるの報道〉〈御本人が断ったということで立ち消えになっていた小和田雅子さん。外交官としてバリバリの人。相当な決断で別世界に入ることをきめたものと思われる〉〈父は次官の立場でもある。外交官の先輩から膝詰めで決断をせまられれば到底断わり切れないだろう。あたら英才を籠の鳥にしてしまうのはいかにも残念だが、皇太子の幸せのためには止むをえないのか〉

 成婚は6月9日。〈皇太子結婚式〉〈直前になって雨があがり、沿道をうめた17万の人達を喜ばせた。過剰警備が目立ったが、少し混雑で怪我人が出た程度でさしたることもなく終った。妃殿下の洋装がよく似合った〉と書き残している。

 雅子妃の心情に思いを致しながらも、一抹の不安ものぞかせている。雅子妃はその後、新たな皇位継承者を期待する周囲のプレッシャーにさらされたり、長女愛子さまの出産後に子育てと公務の両立に悩み長期の療養生活に入ったりした。鬼籍に入った小林氏はどんな思いでこの事態を見つめているだろうか。

 秋篠宮家に長女眞子さまが生まれた2年後の平成5年6月、小林氏はたまたま赤坂御用地内の秋篠宮邸前を通る。〈妃殿下(注:紀子妃)がお子さん(注:眞子さま)をつれ運転手とお話ししておられたので、おじぎをした。全く普段着のスラックスにTシャツという姿で、最初は妃殿下とは気づかないほどだった〉(6月22日)。よちよち歩きとみられる眞子さまと紀子妃のほほえましい風景が頭に浮かぶ。

 平成皇室を襲ったバッシング報道は、皇太子妃結婚後の夏頃から激しくなる。美智子皇后が取り上げられたケースが多く、誕生日に合わせた祝賀行事があった10月20日に本人が倒れる。この日の記述は緊迫感に包まれている。〈意識も薄れていたが、間もなく回復されたが祝賀行事は御欠席で、天皇陛下のみ祝賀をお受けになった。皇后陛下は御昼食もおとりになって通常の御生活に戻られたが、ただお声は出るが言葉が出ない状態という〉。その後地方に明仁天皇と足を運んだのが愛媛、高知両県だった。小林氏は不安と期待を併せ持った心情を〈懸命に努めておいでの様子〉〈かなりお疲れではないか〉(11月10日)と書き残した。

 美智子皇后はこの時の誕生日に合わせた宮内記者会への文書回答で「事実でない報道には、大きな悲しみと戸惑いを覚えます」「事実に基づかない批判が、繰り返し許される社会であって欲しくはありません」と心情を打ち明けた。あれから26年。代替わりを前に、元側近はこう明かす。「あの逆境を天皇陛下と共に乗り越え、『平成皇室』は強くなった」

 令和時代の皇室はどんな姿を見せてくれるのか、代替わりの宮中のあつれきにも触れた小林日記が、何かの視座を与えてくれるかもしれない。

(三井 潔)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング