宇野昌磨が原石だった頃――小学6年生で語っていた「僕の一番いいところ」

文春オンライン / 2019年5月2日 6時0分

写真

11歳。全日本ジュニアメダリストとして出場した09年12月の「メダリスト・オン・アイス」 ©坂本清

 銀メダルに輝いた平昌五輪から1年、宇野昌磨は今年2月の四大陸選手権で、当時のフリー世界最高得点を出してシニアの主要国際大会初優勝を果たした。だが3月の世界選手権では4位。最終戦となった国別対抗戦でも会心の出来とはいかなかった。

 順風満帆に歩んできた宇野はスランプに陥ったのか。いや、そもそも彼のスケート人生は平坦なものではなかったと語るのは、スポーツジャーナリストの青嶋ひろの氏だ。小学6年以来、宇野を毎年取材し、『 宇野昌磨の軌跡 』(講談社)を上梓したばかりの青嶋氏が、彼の成長の証ともいえる言葉の数々を紹介する。

■小学6年生(2009~10)

 名古屋では「小さなアイドル」として少しずつ知られていた宇野昌磨が、最初に全国区で大きなインプレッションを残したのは2009年だった。ジュニアの下の「ノービス」で全日本3連勝だった彼は、特別枠で全日本ジュニア選手権に最年少出場し、いきなり3位に入ってしまったのだ。

 優勝は中学3年の羽生結弦、2位は高校3年の中村健人。表彰式で身長169㎝と174㎝のお兄さんふたりの横でニコニコする小学6年の昌磨は、まだ133㎝。大学1年生までが出場する全日本ジュニアで、小学生がメダリストとなるのは史上初めてだった。

 このころ筆者は、日本フィギュアのトップ選手十数名に毎年連続してインタビューする仕事をしていた。小学生と長時間のインタビューが成立するだろうか――そんな心配をしながら名古屋に飛んだのが、10年に及ぶ取材の始まりだった。

「スケートを始めたのは5歳くらいかな? 何回目かにリンクに来た時、浅田真央ちゃんが練習に来ていて、一緒に遊んでくれたんです。

 大須のリンク(名古屋市中区大須の名古屋スポーツセンター)のスクールは、スピードスケートかホッケーか、フィギュアスケート。そのどれかを選んで入るんですけど、真央ちゃんが『昌磨くんはフィギュアに来なよ!』って言ってくれたんです。僕は男だからホッケーかな、と思っていたけれど、真央ちゃんと同じのがやりたくて、フィギュアにした。今は、フィギュアを選んでよかったな、って思ってます。ホッケーやスピードスケートも、やればきっと、絶対におもしろいと思う。でもたぶん、フィギュアスケートみたいにはできなかっただろうな」

 初対面の昌磨が教えてくれたのが、5歳のときの浅田真央との出会いだ。当時の浅田は12歳。ノービスで全日本4年連続優勝を果たし、特別出場の全日本ジュニアで4位になったころだ。

「学校のある日はいつも4時間目くらいで早退して、リンクに来て、練習。学校の友達と遊べなかったりするけれど、もう全然気にしてない。フィギュアスケートを選んで嫌になっちゃったことは、一度もありません」

 12歳の昌磨は、驚くほど強い口調で言った。彼と話していていつも思うのは、時に言いよどみつつ、恥じらいつつ、その言葉に嘘やごまかしがないということ。大人になったころ「インタビューでは必ず本当のことを話します」と語ってくれたのだが、小さなころからその姿勢は変わらなかった。

 もうひとつ変わらないのが泣き虫ということ。

「練習で泣いたりは……やっぱりまだ、しちゃいます(笑)。何度やってもジャンプが跳べないと、悔しくて泣いてしまう」

「覚えるの、本当に遅いんですよ」

 昌磨が習っているのは、大須のリンクを拠点に、伊藤みどり、浅田真央、村上佳菜子などを育ててきた山田満知子コーチとアシスタントの樋口美穂子コーチだ。トップスケーターは世界的選手になるまでに何度かコーチを替えるのが普通だが、昌磨は21歳の今までずっと替えていない。

「山田満知子先生は、すごく優しいし、おもしろい。でも、たまーに……厳しい先生です。全然ジャンプが跳べなくて、練習もちゃんとできないでいたら、『やる気がないんだったら、教えるのやめるよ!』ってきつく言われたことがあります。満知子先生の言葉で、なんとなく、ずっと心に残ってる言葉です。

 それから樋口美穂子先生には僕、振り付けが全然覚えられないので、いつも怒られてます。覚えるの、本当に遅いんですよ。プログラムをひとつ覚えるのに、みんなの3倍くらいはかかっちゃう。でも、1回覚えれば次の日にはちゃんと同じことができる。ただ、最初に振り付けてもらう日が、すごく大変なんです」

 昌磨にとって一番のヒーローは小さなころからずっと、髙橋大輔だという。

「髙橋くんはジャンプの質が高いけれど、ジャンプだけでなくステップもうまいし、スケーティングもうまい。そういうところがぜんぶ好きだし、僕もどんどん真似したいです。外国の選手では、プルシェンコ(ロシアのエフゲニー・プルシェンコ)さん。2人が出たバンクーバーオリンピックを見て、『僕もオリンピックに絶対出たい!』って思いました。行くとしたらやっぱり髙橋くんと一緒に! 髙橋くん、それまで選手を、やめないでほしいな……。『行けたら』じゃなくて絶対行きたいのは、2018年のオリンピックです」

 まだ開催地も決まっていないオリンピックを夢見て、昌磨はどんな練習を積んでいたのだろうか。

「僕の一番のいいところは、たぶんジャンプでも、表現でもないと思う。これは浅田真央ちゃんをずっと見ていて、大切なんだなって気づいたことなんですけれど……練習でどんなにミスしても、『うまくいかないから、もう練習やる気ない!』って態度だけは、絶対見せないようにしてる。毎日最後まで、手を抜かないで練習して、試合でもおんなじことができるように。『あきらめないでがんばれる』、それが一応、僕のいいところ、かなあ。自分が満足する演技がしっかりできれば、勝たなくてもいいし、ドベ(最下位)でも全然いい、と思うんです」

■中学1年生(2010~11)

 2010年は、バンクーバー五輪で髙橋大輔がフィギュア日本男子史上初のメダリストになるという歴史的な年だった。

 昌磨は全日本ノービス4年連続優勝を果たすものの、2年連続で特別枠で出場した全日本ジュニアでは4位。オフシーズンには右足首の疲労骨折もしてしまう。

「僕は昔から、練習の休みはとらないタイプでした。でも疲労骨折したのは、オフもとらず、1日の練習も長すぎたからだったと思う。もう少しして身体が大きくなったら、練習で身体にかかる負担もきっと大きくなるし、もっと気をつけないといけないな」

 結果を残し続けるにはケガをしないことも重要。この時から平昌五輪まで、昌磨は一度もケガで試合を欠場しなかった。

 このころ、自らの闘争心について話してくれた。

「負けず嫌いなので、何か勝負してやらないと、やる気も出ないんです。ふだんの練習でも、どっちがジャンプのミスを少なくできるか、とか、同じリンクの友達と、競争! でも試合では……他の人にじゃなくて、『自分に』負けず嫌い。いい成績を残すことも大事だけれど、一番は自分が満足するいい演技をすること」

 面白かったのはこの続き。

「僕は『スケートでは』負けず嫌い。学校では人と競いたいって思うことがあまりなくて……。だから勉強ができないんですよ(笑)。どうしてスケートでだけ、そうなるのかなあ」

■中学2年生(2011~12)

 このシーズン、9月からのジュニアグランプリシリーズに初参戦した昌磨は2戦目で3位に入る。だが11月の全日本ジュニアでは、ジャンプで回転不足を4つもとられ5位。しかし、そのわずか1カ月後、初出場の全日本選手権ですべてのジャンプをクリアな回転で降り、中学2年にして9位。スタンディングオベーションを受けた。

「滑り終わった瞬間、『わあ、楽しく滑れたなあ』って思いました。みんなが僕にスタンディングオベーションしてくれた、そのことがうれしかったし、『ここでひとりで滑ってたんじゃないんだ。みんなが見ててくれたんだ!』って思えて、うれしかったな」

 そして3月、初陣の世界ジュニアでは、ロストバゲージでスケート靴が翌日まで届かないというトラブルに見舞われたにもかかわらず10位に入った。

 初舞台から帰った昌磨が目を輝かせて語ったのは、自分の演技のことよりも、海外の「次元の違う選手たち」のことだった。スケートの試合をあまり見なかった彼が、テレビで海外の試合を見るようになった。

 この年、世界選手権では、髙橋大輔が2位、羽生結弦が3位に入る。さらに織田信成、小塚崇彦、町田樹、無良崇人もいて、日本の黄金時代が加速しつつあった。

■中学3年生(2012~13)

「『これが跳べたらいい勝負ができる』っていう、しっかりした武器が欲しい。そのためにはやっぱり、ジャンプ。トリプルアクセルは降りたいな、って今必死に練習してるところです」

 世界ジュニアの空気を知った昌磨はトリプルアクセルの練習に力を入れていた。

 だが取材する側からすると、昌磨の持ち味は、なんといっても音楽表現。身体が音楽そのもののようなしなやかさ、瑞々しさで、四肢をいっぱいに使って見事にひとつの作品を作り上げる力。小さくても氷上に花が咲くような、目の離せない存在感。でも自らの「踊る」才能について昌磨は謙遜する。

「陸上の踊りの練習は、何をやっても好きになれません。僕はダンスなんて、氷上じゃなければ何もできないんです。みんなに『踊れてるよ』って言ってもらえるのは、たぶん美穂子先生が僕に合わせて、僕の得意な振り付けだけでプログラムを作ってくれるからですよ!

 本当は僕、できない振り付けがすごく多い。ちょっと変わったポーズを取ると、すごく変な形になるんです。でも、そういう箇所は先生がすぐに抜いて、違う振り付けに変えてくれます」

 一般的なスケーターは、国際レベルで戦うようになると、国内外の専門的な振付師の元でプログラムを制作する。だが昌磨の場合、樋口コーチが振り付けもすることで、個性的なプログラムが作られていた。

 この年、昌磨は目標にしていたジュニアグランプリファイナル進出はならず、2度目の全日本選手権での健闘もむなしく(11位)、世界ジュニア代表入りも逃した。ところが、代表に選ばれていた田中刑事が負傷。補欠の昌磨の出場が決定する。

 そして2月、ミラノでの本番。トリプルアクセルこそないものの、フリーをほぼパーフェクトに滑り、観客は大喜び。世界のスケート関係者の昌磨への注目は一気に高まった。

◆◆◆

記事全文と、オンライン未掲載のカラーグラビアは4月26日(金)発売の 「週刊文春WOMAN」(vol.2 2019GW号) にて掲載中。

(青嶋ひろの/週刊文春WOMAN vol.2)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング