GW10連休10ホテルに当日予約! ”体当たり宿泊”してみた【後編】

文春オンライン / 2019年5月19日 11時10分

写真

榛名の湯 ドーミーイン高崎

 GW10連休、10のホテルに当日予約で宿泊できるか!? ホテル評論家が覆面取材で体当たり宿泊する企画の後編。原稿の最後にはGWのホテル料金分析もついてます。( 前編よりつづく )

◆◆◆

スーパー銭湯からの大浴場充実のドーミーイン

●5/3(金)7日目
榛名の湯 ドーミーイン高崎(群馬県高崎市)
18時半・予約サイト/302号室(シングル)/16658円 

 久々の自宅戻りにつき雑用多し。高速は朝から大混雑、いよいよGW本番か? 昼前に信州へ向かうつもりで出発する。新大宮バイパス~上尾道路~熊谷バイパス、途中特に渋滞も無く15時頃高崎に。3時間は上出来だ。さて信州へ……だが調べてみると軽井沢、小諸、上田といった18号線沿いのホテルは全く×。本当に1軒も空いてない。大都市に比べるとホテルの数も少ないので信州入りは危険かも。まぁ道の駅は充実しているので車中泊もありだけど、作戦変更で群馬のホテルに照準を定めスーパー銭湯で仕切り直し。

 ところが……群馬エリアのホテルも×だ。16時半頃、スーパー銭湯の湯上がり処にて調べてみると万座プリンスホテルが2万円ちょっとで出てきた。でもこの時間から万座は厳しい。大好きな人気ホテル、ココ・グラン高崎へ直接電話してみるも×。電話作戦通用せず。

 さてどうしようと思ったら、おっ、ドーミーインのシングルが出てきた。でも閑散期なら7〜8000円のところ2万2千円ほど。ところが30分もすると2千円ほど下がる。ひとっ風呂浴びて定点観測していると18時半に1万6千円強まで下がり予約。

 ドーミーインといえば大浴場にサウナだ。でもスーパー銭湯で風呂は満喫してしまった……。せめて名物の夜鳴きそばだけはいただこう。

長野県上田市で今回のミッション最大のピンチ……

●5/4(土)8日目
ユーイン上田(長野県上田市)
10時半頃・予約サイト/208号室(シングル)/4537円 

 快晴! さぁ信州だ。朝早く調べてみるもどこも満室で少々心配。途中で確認すると上田市のビジネスホテル、ユーイン上田に1室だけ空室発見し慌てて予約。長野市まで行き少々観光、善光寺周辺は大混雑。再度確認してみると同じく上田市の東横インに空室を発見。当日予約は夕方に向け空室がゲットできる可能性が高くなるものの、天気の良い日は夕方にかけて埋まっていく場合もある。再びチェックしてみると東横インの料金がわずかの間に数百円アップしていたので、ユーイン上田に決定。

 しかし、ユーイン上田へ到着し衝撃の事実を知る。使い慣れないタブレットで間違えて喫煙ルームを予約していた。完全なる間違え。全くもってこちらが悪いのにホテルの方に恐縮しまくられ申し訳ない。あらためて調べたが、ユーインの禁煙室も先ほど空室のあった東横インも他のホテルも、全て満室だった。

 生まれてこのかた1本もタバコを吸ったことがない者にとって、ビジネスホテルの年季の入った喫煙ルームは厳しい。消臭スプレーを貸していただく。こういう時はカーテンとカーペット、スプレッドベッドカバーなど布の消臭だ。とはいえやはり耐えきれず。0時過ぎにチェックアウトし、このミッション初の車中泊。

八王子は穴場……のはずが思わぬ落とし穴が

●5/5(日)9日目
京王プラザホテル八王子(東京都八王子市)
9時頃・予約サイト/1312号室(ダブル)/11759円

 車中で仮眠してから、深夜に山梨方面へ移動しつつチェックするも、山梨のホテルはすこぶる高い状況。再び仮眠して再チェックしてみたが、空室すらほとんどなくなっていた。時間的には八王子辺りまで戻ってもよさそうだ。八王子ならば多くのホテルが低レート。疲れもたまっていたのでちょっと贅沢に京王プラザホテルのアッパーな客室を早めに予約。

 到着して客室へ入るとなぜかデスクにダイソンの扇風機が。ただでさえ貴重なデスクスペースだが理由はすぐにわかった。夏日なのに全館空調が送風&窓開かずで室温が27℃ほどに上昇。

 たびたびメディアで発信してきた“ホテル空調問題”を痛いほど体感することに(※ホテル空調問題とは、全館で冷房・暖房・送風と空調が統一されているホテルでは、特に季節の変わり目に室温の調整が難しい問題。窓が開閉できれば緩和されるのだが)。扇風機が冷房になるはずもなく、用もないのにブラブラ外出して涼しくなった夜遅くにホテルへ戻る。なにやってんだオレ。

最終日は横浜のデラックスなホテルで贅沢に

●5/6(月)10日目
横浜ロイヤルパークホテル(神奈川県横浜市)
16時頃・予約サイト/5119号室(ツイン)/11111円

 ついにGW最終日、そしてミッション最終日。翌日から東海地方への取材旅なので一度帰宅して荷造り。日曜日や連休最終日は道路もホテルもガラガラなのが常。ホテル料金は最高値の7割引などというケースもある。最終日でもあるし横浜辺りで贅沢しようと予約サイトをチェック。みなとみらいには3つのデラックスホテルがあり料金比較するのは興味深い。

 通常はいずれも3万円ほどのイメージであるが、共に底値は1万3千円ほどでチェックイン時刻が遅くなるほど値下げされるプランに惹かれる。16時頃にチェックすると、横浜ロイヤルパークホテルが18時以降チェックインプラン1万1千円台になったのでリザーブ。お得感満載な最終日を飾るにふさわしい快適なホテルライフだ。

 ホテルのレストランはそれなりの値段だが、直結するランドマークプラザには多種多様な飲食店やショップがあり便利。

まとめ:GW10連休10ホテルと支払った料金

※( )内はGW後にリサーチした同曜日同プラン料金

●0日目 4/26(金)アパホテル日本橋浜町(東京都中央区)4630円(7500円)
●1日目 4/27(土)HOTEL FEEL(神奈川県横浜市)9260円(空室なし)
●2日目 4/28(日)ライフツリーひたち野うしく(茨城県牛久市)6482円(6018円)
●3日目 4/29(月)ザ・クレストホテル柏(千葉県柏市)8149円(7407円)
●4日目 4/30(火)東横イン小田原駅東口(神奈川県小田原市)8149円(6388円)
●5日目 5/1(水)ホテル ブリランテ武蔵野(埼玉県さいたま市)6297円(7407円)
●6日目 5/2(木)カプセルホテル&サウナ コスモプラザ赤羽(東京都北区)3056円(2768円)
●7日目 5/3(金)榛名の湯 ドーミーイン高崎(群馬県高崎市)16658円(7075円)
●8日目 5/4(土)ユーイン上田(長野県上田市)4537円(4537円)
●9日目 5/5(日)京王プラザホテル八王子(東京都八王子市)11759円(11759円)
●10日目 5/6(月)横浜ロイヤルパークホテル(神奈川県横浜市)11111円(11111円)

 筆者はホテル評論家という仕事柄多くのホテル料金について日常的にチェックしているが、今回のミッションではGW10連休という条件下で、複数エリアの料金チェックもすることになった。一般的な同曜日と比較した上で、GWという条件も加味した日々の料金相場の印象は以下の通りだった。

4月26日(金)0日目 かなり安い
4月27日(土)1日目 かなり安い
4月28日(日)2日目 少し高い
4月29日(月)3日目 高い
4月30日(火)4日目 少し高い 
5月1日(水)5日目 高い
5月2日(木)6日目 かなり高い
5月3日(金)7日目 激高
5月4日(土)8日目 かなり高い
5月5日(日)9日目 かなり安い
5月6日(月)10日目 激安

 プロのリサーチはどうだったであろうか。株式会社亜欧堂の堀口洋明氏が興味深いデータを提供してくれた。株式会社亜欧堂は、レベニューマネジメントやマーケティングなどを活用したホテルへのコンサルティングサービスを提供する会社であり、ホテル料金の最新情報に詳しい。

 同社では、クライアントホテルの許可のもと10日間の平均を1.0としてRevPAR(販売可能な客室1室あたりの売上を表す値【客室稼働率×平均客室単価】)を指数化した。やはり5/3がピークとの結果になった。その他の日についてもほぼ筆者の印象と同様だ。また、堀口氏は「10日間のRevPAR は前年から130%程度の伸びに。ただしADR(平均客室単価)の設定に引っ張られたように思われる」と分析している。

 これまで経験のないGW10連休、ホテルの稼働も当初の予測とは異なる傾向があったようだ。意外と空室が見つけられた前半、例年並みの混雑がみられた後半ともに、人気エリアは早い時期から予約は埋まるものの、当日の昼頃から空室が出るなどかなり動きがあった。

 特に客室数の多いビジネスホテルではキャンセルの出る可能性が高く、今回宿泊したいずれのエリアでも東横インでは空室を見つけられた。連休中の繁忙度が高いほど最終日の激安度も高くなる傾向はどこも同様だ。

写真=瀧澤信秋

(瀧澤 信秋)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング