《祝砲》AKB“アイドルマスター声優”佐藤亜美菜、結婚のお相手は?

文春オンライン / 2019年5月20日 17時0分

写真

取材班が直撃取材すると…… ©文藝春秋

「週刊文春」創刊60周年記念大放出!
週刊文春デジタル が報じた有料会員限定のオリジナル記事を蔵出しで特別公開します。(公開日:2019年2月2日)

◆ ◆ ◆

〈この場をお借りして、いつも応援してくださっているファンの皆さんにご報告があります。私事ですが、佐藤亜美菜は先日一般の方と入籍致しました。より一層気を引き締めてお仕事に取り組んでいこうと思っておりますので、今後とも佐藤亜美菜とアミメンをどうぞよろしくお願い致します!byあみな〉

 2月1日(金)18時、佐藤亜美菜(28)がパーソナリティを務めるラジオのツイッター公式アカウントで結婚報告をした。突然の結婚発表は世間を驚かせたが、実はこの日の昼12時、「週刊文春デジタル」取材班が佐藤と相手男性の2人を直撃取材。それを受けて、佐藤の所属事務所が小誌に対し、結婚の事実を認めたのが17時55分だった。

 佐藤は2007年、AKB48に4期生として加入。2009年の第1回選抜総選挙では惜しくも“神7”には届かなかったが、第8位(2117票)で選抜入りを果たした。そこから転機を迎えたのが2012年、「週刊文春」(10月4日号)に掲載された「またもAKBスクープ撮!深夜の“イケメン俳優合コン”誰だ?」にて、佐藤が元AKBメンバーの近野莉菜(25)や若手人気俳優の志尊淳(23)らと深夜のカラオケ合コンを楽しむ様子が報じられた。当時まだ無名だった志尊だが、現在では頭角を現し若手俳優の代表格となっている。

 佐藤は2014年5月にAKB48を卒業し、声優の仕事に力を入れる。翌15年には人気ゲームのアニメ版「アイドルマスターシンデレラガールズ」で橘ありす役に抜擢された。人気アニメ「HUGっと!プリキュア 」でも主人公の妹という重要キャラを務め、AKB48からアイドル声優へと見事に転身した。

「元AKB48の声優さんは何人かいらっしゃいますが、その中でも評判が高いのは佐藤さんですね。他の声優さんに比べ演技力が特別高いわけではないですが、元AKBという肩書きを鼻にかけず、キャラに入り込むように一生懸命努力している姿が業界で評判いいですよ」(アニメ関係者)

 2018年12月9日、イベントを終えた佐藤は電車で都内・某駅へ。駅前のロータリーを抜け、人通りが少ない道に出ると佐藤の前にイタリア高級車が停まった。運転席から颯爽と降りて佐藤を笑顔で迎えた人物こそ今回の結婚相手でアニメプロデューサーのA氏だ。

2人の“お祭りデート”の様子は?

「A氏は30代前半という年齢にして多くの有名アニメをプロデュースしていて、人望も厚く将来有望視されている存在です。約2年前に佐藤さんとA氏がライトノベルを原作としたTVアニメ作品で仕事を共にしたのをきっかけにお付き合いに発展したようです。アフレコ現場でA氏が口説いていたと業界内で噂になっていました」(A氏を知る人物)

 佐藤が助手席に乗り込むと車はすぐに走り出す。そこから車はまっすぐ2人が住むマンションへ。5分もしない内に再び2人は車で外出した。向かったのは練馬区で毎年行われている「関のボロ市」だった。江戸時代中期から約270年間続くという由緒ある行事で、毎年約8万人が訪れている。大勢の観光客の中、特に周囲を気にすることもなく、仲睦まじい様子で笑顔を見せる2人。イカ焼きや焼き団子などを屋台で購入して1時間半ほど楽しんだ2人は帰途についた。

 実は結婚について、A氏は周囲の仕事関係者に明かしていたという。

「A氏は1年ほど前に『結婚をして引っ越しをした』と仕事関係者に隠すことなく話していました。都内にあるA氏の職場近くで分譲マンションを購入したそうで、そのタイミングで結婚したようですね」(同前)

2人を直撃すると……

 2月1日(金)、そのマンションから出てきた2人を直撃すると、佐藤が「すみません」と一言。A氏が運転する車の助手席に乗り込みその場を去った。

 あらためて佐藤の所属事務所に結婚の事実を確認すると、「取材していただいた通り、事実です」と認めた。

 アニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」は、アイドルと男性プロデューサーがともに苦難を乗り越え、トップアイドルへの階段を駆け上がっていく。現実世界ではプライベートも二人三脚だった。

(「 週刊文春デジタル 」オリジナル記事)

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング