白石麻衣に飛び抜けたオーラを感じた――業界関係者100人に聞いた「好きな乃木坂」「苦手な乃木坂」アンケート全回答《後編》

文春オンライン / 2019年5月31日 10時30分

写真

西野七瀬「風を着替えて」(集英社)

スタッフ受けダントツは生駒里奈――業界関係者100人に聞いた「好きな乃木坂」「苦手な乃木坂」アンケート全回答《前編》 から続く

「週刊文春」創刊60周年記念大放出!
週刊文春デジタル が報じた有料会員限定のオリジナル記事を蔵出しで特別公開します。(公開日:2018年8月27日)

◆ ◆ ◆

「週刊文春デジタル」が実施したアンケート企画「業界関係者100人に聞いた『好きな乃木坂』『苦手な乃木坂』」の結果を、8月25日(土)放送の「直撃!週刊文春ライブ」で発表しました。アンケート取材の対象は、テレビ、広告、雑誌などメディア業界関係者ら76人と、PV撮影やロケ先の飲食店関係者24人の計100人。

※ アンケート結果 はこちら

 アンケートの回答すべてを《前編》《 後編 》に分けて公開。《 前編 》に続いてアンケートの全回答を公開します。

「笑顔と不意に出る関西弁がずるい」

51
「あまり他のメンバーが分からないからかもしれないけど、白石麻衣だけは飛び抜けたオーラのようなものを感じた。リハひとつとっても、自然と目で追ってしまうのは白石。これだけ人気になっても仕事で絡む時には大きな声でいつも挨拶をしてくれるし、あれを嫌いになれって方が無理ある」(番組ディレクター・20代・男性)

52
「西野七瀬は、取材の時にしっかり目を見て、質問を聞いてから自分の言葉でちゃんと話してくれたので凄く好感が持てた。口数は少なくて頭の回転が早いタイプではなさそうだったけど、ちゃんと考えてしっかり答えてくれるので、取材しててやりやすかったし、笑顔と不意に出る関西弁がずるい。あれを嫌いな男はいないよ(笑)」(番組ディレクター・30代・男性)

53
「撮影中はもちろん、撮影していない時間帯でも秋元真夏のままだった。こっちの撮りたい絵や要望を理解してちゃんと表現してくれた印象。スタッフへの気配りも1番出来ていた気がするし、オンオフの切り替えもあまりないというかずっと良い子だなーという印象だった」(広告代理店社員・20代・女性)

54
「人見知りという先入観がかなり強かったのかもしれないけど、西野七瀬はいい子だった。確かに人見知りではあるけど挨拶もちゃんとするし対応も悪くはなかったかな。仲良いスタッフには『このTシャツ可愛いですね!』と自ら話しかけたりしていて、彼女に対する見方はどんどん変わっていった。しょっちゅうスタッフ複数人と一緒に机を囲んで弁当を食べていて、分け隔てなく接する子なんだなと思った。苦手というか気になったのは、白石麻衣の香水の匂いがかなりきつかった。まだまだ駆け出し時代だったけど香水の付け方は一流女優のそれだった。バニラ系の香水がキツすぎて少し気分が悪くなったのは今でも鮮明に覚えている」(ファッション雑誌関係者・30代・男性)

55
「次点はなく高山一実一択。ゲスト出演だったけど、番組で彼女には興味がなさそうなジャンルのスポーツにもかかわらず、台本にしっかりとメモを書き込んだりして積極的に番組に取り組んでくれていた姿が印象的だった。リアクションもしっかりしていて周りのスタッフへの気遣いだけでなく編集のことも考えてくれて、純粋にまた仕事したいと思った。乃木坂の子は全体的に対応いいよ。上品だし挨拶等もしっかりしてると思う。それに比べて元AKBの某人気メンバーは……。海外ロケとか行ってもやりたい放題。現地で男性と合流して遊んでたこともあったね。彼女はどのスタッフからも評判はよくないね」(スポーツ番組ディレクター・30代・男性)

56
「外ロケで炎天下の中で農作業をした時、他のタレントはカメラが止まるとすぐに室内に逃げ込んでいたけど、生駒里奈はカメラが止まっても楽しそうに取り組んでいて、本当にいい子だなと思った。泥まみれになっても嫌な顔ひとつしないで黙々と取り組んでいるのにすごく感動した。乃木坂というくくりを取り払って今まで絡んだタレントとしても一番好印象。生田絵梨花は食レポがかなりひどかった。面白いコメントも特にないし、あからさまなやっつけ感。それに加えて『私、頑張ってますから』アピールがすごかった。私だけでなく周りからも生田とは仕事したくないという声は多く出てるかな……」(情報バラエティ番組ディレクター・20代・男性)

57
「高山一実は挨拶はもちろん何から何まで本当に丁寧な子。収録が終わった後も一番最後まで残って観覧客をふくめ全員に一人一人丁寧に挨拶していたのは好印象だった。そういうところもスタッフ受けは抜群によかった。収録中もコメント力も高くて彼女の発言に凄く安心感があったかな」(バラエティ番組AD・20代・男性)

58
「橋本奈々未さんにインタビュー取材したことがあるのですが、受け答えもしっかりとしていて、どことなく頭がいい方と感じました。気取っていないクールな感じも好印象でした」(雑誌記者・30代・男性)

59
「仕事、性格諸々含めて生駒里奈だね。親身になって番組を考えてるのがしっかりと伝わってくる、理解力もあるし一緒に仕事をしていて一番楽だったかな。彼女のマイナスな部分が見当たらないよ。周りからのスタッフからと受けがよくて、初期はセンターだったのに天狗になるどころか凄い謙虚でいい子だった。西野七瀬は正直意思疎通を図るのが難しかった。打ち合わせしても『はい』や『うん』くらしいか言わなくて、影では『ディレクター泣かせ』と言われていたよ(笑)」(元乃木坂番組関係者・30代・男性)

60
「正直みんな良いも悪い甲乙つけがたいけど、一番大人なのが白石麻衣かな。プライベートな部分は分からないけど仕事面ではそつなくこなしていた。これは無理あれは無理と言わず、しっかりと要望に答えてくれた。スキャンダルが出たら一番驚くのも白石かな。要領よくなんでもこなしてるから、そういうボロは出さなそうだよね」(情報バラエティ番組AD・20代・男性)

「気の遣い方は他のメンバーとは比べ物にならない」

61
「あまり絡みはなくて深い部分は知らないけど、外ヅラなら白石麻衣かな。乃木坂全体的にそうだけど話をフリづらい人があまりいない。AKBではこの子に振ったらダメそうだなって子もいたけど、乃木坂は意外にみんなしっかりと答えてくれる。あの可愛さでしっかりやってくれてるのは好印象。容姿含めて僕の周りでも一番人気は白石だね」(番組共演者・40代・男性)

62
「偶然スクープが撮れたのが松村沙友理さんだった。人気も落ちてしまうのかと思ったけど、コツコツ頑張って復活を遂げたことに対して1票。苦手というか、心配なのが大和里菜さん。未成年飲酒はダメ。その後も、よくない人達と夜の街で遊んでるけど大丈夫なのかな?」(週刊文春記者スズキ・30代・男性)

63
「白石麻衣、単純にかわいいなと。ただ乃木坂はワイドショーではおじさんおばさんに興味もたないから起用しないし、起用したいと思わない」(情報番組ディレクター・20代・女性)

64
「やはり生駒里奈ちゃんかな。他のアイドルやモデルに比べても対応は神。アイドルって撮影とか取材のときにわがままなのが多い中、彼女はとても協力的だった。取材側のことを考えてくれる。無理を言って人が結構いる外を歩かせたりしても不満ひとつ言わなかった。乃木坂は他のアイドルに比べてお行儀がいいって聞きますね。逆に酷かったのが全盛期のAKB、何話さないし、寝るし、ケータイいじるし、質問ふっても反応ない。前田敦子もかなり悪かった。卒業してよくなった。環境が人を作るんだと思います」(雑誌記者・30代・女性)

65
「衛藤美彩さんは3年前に乃木坂46の取材に伺った際、カメラが回っていない時でもすごく話しかけてくれた。新曲PRキャンペーン中でハードスケジュールにもかかわらず、気が遣えるのはスゴイと思った。撮影終了まで、ずっと話しかけてくれて気付いたら好きになっていた。付き合いたいと思っている。苦手なメンバー白石麻衣。大型歌番組出演の際、スタッフの挨拶をフル無視していた。数多くのアーティストが出演していたが挨拶をしなかったのは白石と関ジャニ∞の錦戸亮だけだった」(制作番組ディレクター・20代・男性)

66
「乃木坂のドラマでほぼ全メンバーと絡む機会があったけど、ダントツで生駒里奈ちゃん。誰にでもしっかり挨拶するし、気の遣い方は他のメンバーとは比べ物にならない。共演者はもちろんエキストラの子にも気を遣っていて、『暑いけど大丈夫?』と話しかけたり、小さい子供に優しく話しかけてる場面もあった。間違いなく乃木坂イチの好印象。一方で、白石麻衣だけ特別扱いなのは何なんだろう? ドラマの現場で1人だけメイクの机も違うし、マネジャー2人かがりで白石に付きっきり、しまいにはマネジャーが白石に日傘を差し掛けるなんてことも。地べたに座って自分でメイクしてるメンバーもいたのに……。高飛車な感じも全開で、大女優さんなんですか?」(番組共演者・20代・女性)

67
「ある対談の時に、伊藤万理華ちゃんが事前にすごく勉強してきて、対談相手の本をボロボロになるまで読み込んできたのは好感度高かった」(月刊誌編集者・50代・男性)

68
「西野七瀬は業界に染まりきっていない感じが良い。素直なテンションでリアクションをしてくれる。カメラが回っていない所でスタッフが話しかけても無理に媚びを売ったりせず、普通に笑顔で対応する様子が素直で良い子だなと感じました。白石麻衣は若手の制作スタッフや技術スタッフにも目を見て挨拶してくれる良い人。こちらの求めているものを理解してやってくれようと努力してくれる真面目な所が良い。ただ色が白すぎて照明を普通に当てると少し色がとんでしまい、技術スタッフは大変そうでした」(情報番組ディレクター・20代・女性)

69
「生駒里奈ちゃんが透明感があって可愛いかった」(レコード会社社員・30代・男性)

70
「衛藤美彩さんですね。普段から番組などでお酒が好きと言っていてキャラ作りなんじゃないかと思っていたけど、以前、大衆居酒屋で友人とお酒を飲んでいるのを見かけたとき、値段や場所など関係なく、純粋に友人とお酒を飲むのが好きなんだと思って感激しました。別日にも、友人とこじんまりとしたバーで飲んでいたという話を聞きましたが、お客さん全員と仲良く話していたそうで、アイドルなのに気取ったりしないところに更に惹かれました。かたや、檜原村で能條愛未さんを直撃取材した時に舌打ちをされたのはショックだった。正直その気持ちも分かるけど、他の売れているメンバーやタレントは絶対にしないと思う。テレビのキャラだとバラエティ担当でもっとフランクな人だと思っていたけど、本当のリアクションがイメージと違いすぎて困惑した」(週刊文春デジタル記者・20代・男性)

「あの年齢にしては肝が座ってる」

71
「AKBの人たちと違って乃木坂は可愛いので撮影で苦労しなかった。白石麻衣さんはぴたっとした前髪にこだわりがあったのか、ラフに崩そうとすると嫌がって機嫌が悪くなった。橋本奈々未も……本当に普通の子だなぁ……という印象しかない。みなさん、天狗になる前に仕事していたので、あまり嫌な印象はない。苦手なのは、松村沙友理です。CamCamのモデルの中でもダサいから」(ファッション誌関係者・20代・男性)

72
「齋藤飛鳥さんはまだ若いのに他のアイドルの子と比べてもしっかりしてるし、礼儀正しい印象。受け答えもしっかりしていて、あの年齢にしては肝が座ってる。最近は映画にも出たと聞いているので、また個人的に仕事がしたいなと思う」(出版社編集・20代・男性)

73
「橋本奈々未さんをインタビューしたことがあるけど、受け答えもしっかりしていたし、ちゃんと仕事をこなしてくれた。頭の回転も早い。気取ってないのにクールな雰囲気にグッと引き込まれた」(雑誌編集・30代・男性)

74
「印象に残っているのは橋本奈々未さん。デビュー前に仕事でグループとかかわったのですが、意志の強さ、仕事にかけている覚悟を感じました。でも、同時にグループに長くとどまる子ではないだろうとも感じました。苦手な子はいませんね」(アイドル業界関係者・女性)

75
「白石麻衣。仕事で絡んだ時透明感が半端なかった。肌が美しく白く、写真映えする、何より数字を持っている。自分との仕事ではツンケンすることなく仕事も接してくれた。言われているような、やりづらさはなかったよ。苦手なメンバーは特にいないな」(雑誌編集者・40代男性)

76
「乃木坂は他のアイドルに比べて擦れていない印象だが、特に透明感があったのが斎藤飛鳥、純粋な子だと感じた。恐らく演技を今後やっていきたいんだと思う。苦手なのは白石麻衣。アレはきつい。不満も多いしピリピリ。やりづらさは全盛期の篠田麻里子を思い出す。肌が血管うきでてるくらい白くて綺麗なんだけどね」(CM関係者・30代・男性)

●ここからはPV撮影やロケ先の飲食店関係者など

77
「(西野七瀬らメンバー何人かが来店したが)みなさん本当に良い子達という印象でした。態度も良く、丁寧で。その中で1番を挙げるなら西野七瀬さんです。というのも、普段のお客様の中でダントツで西野さんファンが多いからです。西野さんのおかげで繁盛していますね(笑)」(撮影先カフェ店員)

78
「伊藤万理華さんですね。というのも他のメンバーはほとんど来ないので絡みがないというのもありますが、伊藤さんは丁寧。あとはやっぱり服屋なのでお洒落な人に着て欲しいというのもあるので、その点では伊藤さんはとてもお洒落なので推せます。AKBのメンバーなどもよく来るのですが、伊藤さんはダントツでお洒落です」(アパレルショップ店員)

79
「とても対応が良く、印象に残っているのは堀未央奈さんです。ロケとロケの間の休憩で堀さん以外の西野七瀬さん、生田絵梨花さん、秋元真夏さん、高山一実さんは携帯をいじったり無言でしたが堀さんはメニューを一緒に見て、『オススメはどれですか?』『今度家族できたら迷惑ですか?』など興味を持って話をしてくれました。なのでとても良い子なんだなあと感じたのを覚えています」(ロケ地焼肉屋店員)

80
「全員対応が良かったので甲乙つけがたいですね……。その中で強いて言うなら、松村沙友理さんで、終始笑顔だったからです」(撮影先カラオケ屋店員)

「AKBよりいいねーとほかの店員と話したりした」

81
「うーん、話す時間があまりなかったので答え難いですね。挨拶と目があったときに必ず笑顔だった秋元真夏さんが良い印象だったかなーって感じです」(撮影先飲食店店員)

82
「伊藤万理華さんと斉藤優里さんがいつも丁寧です。メニューを持っていく時も、注文の時も、お皿を下げる時も笑顔で『ありがとうございます』と必ず言ってくれてます。小さなことで当たり前なことですが、逆に元AKBの倉持さん?は全く無言で愛想がなかったです。逆にできる人は好印象になってしまいます」(メンバーがよく訪れるカフェ店員)

83
「秋元真夏さんですね。ロケだったので割と大人数だったのですが、秋元さんは終始笑顔でした。挨拶もちゃんと頭を下げてくれていました。逆に印象悪い子は全くいなかったです」(ロケ先飲食店)

84
「堀未央奈さんですね、他にいたメンバーが歳下?だったのかちゃんとしなきゃと思っていたのかしっかりしていましたね。店員に対しても1番率先して笑顔で挨拶してくれて、気を遣って話掛けたりもしてくれていて印象に残っています」(ロケ先飲食店店員)

85
「滞在時間は10分くらいで殆ど話していないし挨拶程度だったけど堀未央奈さんは顔が小さくて可愛らしい子だったし終始ニコニコしていた」(撮影先飲食店店員)

86
「堀未央奈ちゃん。撮影中も終わった後も礼儀正しい子だった。終わった後にAKBよりいいねーとほかの店員と話したりした」(撮影先飲食店店員)

87
「詳しいことはよく覚えていないが、堀未央奈ちゃんはとても感じの良くて可愛らしい子だった。忙しいからかバタバタと移動していってしまったが、最後にちゃんと挨拶しにきてくれて良い子だなと感じた」(撮影先飲食店店員)

88
「店内にいた時間は30分~1時間程度。高山一実さんはとても謙虚な印象で、うちのスタッフへの気配りもあり、とても良い印象だった。伊藤万理華ちゃんはとにかくおしゃれ」(ロケ先古着屋店員)

89
「衛藤美彩さんがテレビで紹介してくれる前から事務所が近いのか、よくお店に来てくれていた。その後、テレビの撮影で来ることになり、その番組内でうちにたまに来てると言ってくれたこともあり、乃木坂ファンの人がよく来てくれるようになった。うちも彼女に乗っかろうとコラボメニューを出したり、今では衛藤さん一色な雰囲気に。撮影のあとにもプライベートで来店してくださり、『この前はありがとうございました』と言ってくれたり、ご両親と合わせてきてくれたこともあり、とても良くしてもらってます」(ロケ先ラーメン店店員)

90
「高山一実さんのことはもちろん乃木坂のこと自体よく知らなかったが、高山さんはタレントさんなのにそれを感じさせないくらい気さくな子でとても印象が良かった。お店を出る時にも『ご馳走さまです』と声をかけて下さり悪いイメージを持つ要素が全くなかった」(ロケ先飲食店男性)

「点数をつけるなら文句なしの100点」

91
「川後陽菜さん含め何人かで2~3年前にPV撮影で来店してたね。撮影の為に使うということでうちの店の看板メニューのチーズケーキを出したら、残さず美味しそうに食べてくれたのはすごく嬉しかった。撮影に参加していた他のメンバーに『お店に迷惑かけないように早く準備しよう』などと指示を出して引っ張っていたのも覚えています」(撮影先カフェ店長)

92
「どのメンバーの子もいっぱい食べてくれて見ていてとても気持ちよかったよ! 特に堀未央奈さんは陸上部出身ということを話してくれて、誰よりもいっぱい食べてくれたので一票。衛藤美彩さんはお酒を飲みたがっていたけどスタッフさんに止められていたよ(笑)。乃木坂が来てからの影響はすごい。日本人の乃木坂ファンも来てくれるんだけど、それ以上に海外の方がいっぱい来る。アジア圏の方が多いかな。中国、台湾とか。日本でライブに参加した後、うちの店に来て『彼女たちが食べたのと全く同じものを食べたい』と言ってくれるんだよ。世界的に活躍するトップアイドルと常々実感するよ」(ロケ先飲食店社長)

93
「点数をつけるなら文句なしの100点。よく芸能人は来るけど、高山一実さんはいい意味で全然芸能人っぽくない。腰も低いし、対応もすごくよかった。コメントもしっかりとしていて面白く、持ちネタの『アメイジング』を連発していた。放送を見たラーメンウォーカーの人も大絶賛。それ以降、高山さんに出演オファーが殺到してるとも聞いたよ。高山さんが『本当に美味しかったからお母さん連れてまた来たい』って言ってくれたのはすごく嬉しかった。放送後ファンの方もよく来てくれて乃木坂の影響力って凄いね!」(ロケ先ラーメン店社長)

94
「番組のロケで来店して、カレーラーメンを出したんだけど井上小百合さんが『お父さんの作るカレーうどんがまずいの』と言いながら食べていて、正直うちの商品食べながらそういうこと言わないでくれって思ったかな。ちょっとデリカシーに欠ける子なんだなと思ったのが正直な感想。まあまだデビューしたばっかりでそういうのに慣れてなかったのかな」(ロケ先中華料理屋店長)

95
「全体的にみんな挨拶もしっかりしていい子だったよ。強いて言うなら、白石麻衣さんは少し近寄り難い雰囲気だったけど笑顔で挨拶してくれたことにグッと引き寄せられたかな」(撮影先施設責任者)

96
「センターだったこともあり一番接することが多かったのが与田祐希さんと大園桃子さん。挨拶した時に、年齢も若く初センターということなのか、とても緊張しているところは初々しくて可愛かった。撮影は2日間行っていて、朝から晩までとても大変そうだった。こういう見えない努力は世間からもっと評価されるべき」(撮影先施設担当者)

97
「正直、乃木坂のスタッフはすごくピリピリしていたという印象がいちばん強い。あまり近づけるような雰囲気じゃなかったけど、高山一実さんはすごく柔らかい方でよかった。あまり話す機会はなかったけど、何とかサインしてくれたって感じ。あ、そういえばAKBの大島優子さんはスタッフに『サインするのはダメ』って言われてたけど、無理矢理サイン書いて渡してくれた。AKBと乃木坂って全然違うんだね」(ロケ先飲食店店長)

98
「みんないい子だったけど、衛藤美彩さんが特に可愛かったかな。聖地巡礼っていうのかな? 放送後多くの人が来てくれて、すごい反響があったよ! サインを写真撮っていく人も多いから、サインはしばらく置いてるよ。乃木坂パワー恐るべし」(ロケ先飲食店責任者男性)

99
「斉藤優里さんがロケでうちの店のかき氷を食べてもらったけど、『おいしい! 幸せ~』と偽りのなさそうな発言がすごく嬉しかった。他のメンバーも『おいしい』と言っていたけど、一番美味しそうに食べてくれた」(ロケ先カフェ店員)

100
「ロケで松村沙友理さんが来たんだけどとにかく可愛い。一般人のオーラではなかったよ。その後どんどん売れていってテレビに出るたびに嬉しかった。松村さんは元々から揚げが好きと聞いていて、うちの『揚げチキンラーメン』を美味しそうに完食していた。大の大人でも食べれるか分からないくらいの量なのに、ペロッと食べてくれたのは嬉しかった。番組では大食いキャラだけど本当なんだね。終始ニコニコしていて世間話も楽しくしてくれて、とても好印象だった。他県から多くのファンが来店してくれて影響力はすごいね」(ロケ先ラーメン店店員)

 以上、業界関係者100人に聞いた「好きな乃木坂」「苦手な乃木坂」アンケート全回答公開でした。

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング