「セックスって、何がいいんですか?」と言う女性たちへ――ヒトは何歳までセックスできるのか?

文春オンライン / 2019年6月27日 18時0分

写真

©iStock.com

オーガズム人体実験でわかった女性の性欲――ヒトは何歳までセックスできるのか? から続く

 厚生労働省が2017年に発表した統計によると、日本人の平均寿命は男性「81.09歳」、女性「89.26歳」と、過去最高を更新し続けている。「人生100年時代」と言われるなか、「QOL(生活の質)」の向上は、現代人にとってますます重要な課題となっている。中でも性生活は、人間らしい暮らしを送る上で避けて通れないテーマだろう。人は何歳までセックスできるのか――かつて「週刊文春」で話題を呼んだ本企画は、これからを生きる現代人にとっても示唆に富む。あらためてここに公開する。( 前編 より続く)

※「週刊文春」2012年8月2日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

「性欲を治療する」外国人、しない日本人

  前編 では、女性がオーガズムに達するまでのプロセスをたどった。

 一部の女性がオーガズムまでのプロセスを3分以内にできる原因は何かと調べていくと、オランダの医師は被験者に共通点があることを見つけた。

 マスターベーションの開始年齢が早く、また、オーラルセックスを行っている。性に対して積極的な姿勢をもった女性であり、エロスを体に刷り込んでいた人たちだったのだ。

 この「性的に反応できる体」になっているかどうかが、次に紹介する性的意欲障害を克服するヒントに繋がる。

 性的意欲障害はその名の通り、「性欲がない」という症状で、前出の関口氏が「治療には時間がかかる」と言う困難なものだ。

「鬱病の薬を服用したことで性欲がなくなることもあれば、ストレスや脳内のホルモンと性ホルモンが異常に多いとも言われています。世代にかかわらず起きます。

 ただ、来院する女性に多いのは、夫が外国人というパターンです。妻が『やる気がしない』と言うと、外国人の夫は、『それは病院に行って治さないと』となる。これは、西洋人も東洋人もそうです。ところが、日本人の男性だけは、『じゃあ、しょうがないね』と、セックスレスになる。夫婦間に性行為がなくても大丈夫なのは、江戸時代の参勤交代から単身赴任という文化があるからでしょうか。子供をつくれば、性行為がなくても許される文化が日本には根づいています」

性体験がない40代の奥さん

 しかし、そうは言っていられないケースがある。宋氏は「カップル外来」というカップル・カウンセリングを始めて、驚いたことがある。

「そろそろ子供が欲しいんですが」

 そう言って診察室に入ってくる30代、40代の奥さんたちに、実は性体験がないことがあるという。結婚して一度も性交をしていない「未完成婚」である。

「意外なほど多く、見た目には普通の人たちです。性交がない一番の理由は、結婚して初めてセックスをする段階で、挿入に痛みを感じたことです。旦那さんが優しく気遣い、それっきり何年も性交がなくなってしまう。セックスをする気はしないけれど、子供は欲しいと言うのです」

 これは「性的回避」といわれる症例で、私が知る限りEDの男性に一定の割合を占めるものだった。男性の場合、過保護な生育環境の影響や、対人関係や恥をかくことを怖れるといった精神的な原因が多い。ただ、マスターベーションはできるため、性欲はある。

レディコミで自分の性的嗜好を知る

 ところが、女性の場合、性にすら興味がない人がいる。では、性欲に火をつけるには、どうしたらよいのか。ヒントになるのが、 前述 したオランダの医師によるオーガズム実験である。

 簡単にオーガズムに達することができる女性は、早い年齢から性的なものを体に刷り込んでいる。つまり、自分の性的な嗜好をきちんと把握しているため、性欲のスイッチが入りやすく、興奮のプロセスをスムーズに移行できる。一方、

「セックスに興味を持てない女性は、自分の性的嗜好がわかっていない人が多い」と、宋氏は言う。たとえば、未完成婚やセックスレスの女性たちから、宋氏はこう聞かれる。

「セックスって、何がいいんですか?」

「じゃあ、どんなジャンルに興奮します?」と問い返すと、「ジャンル? わかりません」と即答される。性についての糸口が見つからないため、会話がそこで途切れて、診察室はシーンとなる。そこで、宋氏はこんな宿題を指示する。

「今日、コンビニでレディスコミックを買って、次回までに全部読んで、どのシチュエーションで興奮したかを教えて下さい」

“脳内オカズ”を蓄積する

 この宿題が実は効果がある。宋氏はこう言う。

「レディコミにはいろんな性描写があります。興奮するシチュエーションがまったくないことはない。少しでも脳内がムラッとくるジャンルが見つかると、その“脳内オカズ”を少しずつ蓄積してもらい、関心度を高めてもらうのです。男性が昔のお気に入りのアダルトビデオを、脳内オカズとして蓄積して、時々引き出すのと同じやり方です」

 それまでベッドの上で夫婦で裸になってはみたものの、どうしていいかわからず、お互いの性器を触っても雰囲気が下がるばかりだった人たちが、徐々に変化を見せるようになった。

「カップル・カウンセリングの一番のポイントは、今まで二人が面と向かって言いにくかったことを、私を通して一人ずつ話を聞くので、どうしたらいいかポイントをまとめやすい点です。お互いの性的嗜好がわかれば、寝た時にプレイしやすい。このカウンセリングが最も役に立つのが、セックスレスの症例です」

 こうしたプロセスを経て、ある日、宋氏の診察室に来た女性がこう告げた。

「生理がこないんです」

 セックスレス外来に通う女性で、彼女は妊娠していたのだ。「めっちゃ、嬉しそうだった」そうで、宋氏も「いい子を産んでね」と声をかけたという。

日本のAV業界が強い理由

 彼女が提案した性的嗜好の蓄積について、私は同じ話を聞いたことがある。それは、アダルトビデオ界のパイオニア、村西とおる監督に「なぜ日本のAVは世界を席巻しているのか」と聞いた時だった。理由は「ありとあらゆるシチュエーションを提供しているからです」と言う。

「セックスの達人とか、ゴッドハンドというのは、まったく意味がありません。AV業界がなぜ生き延びているのかというと、観ている方々が自分のストライクゾーンは何かを知らず知らずに探し求めているからです。性欲の琴線にビビッとくるシチュエーションを提供し続けることで、ご覧になった方々が実生活で探求される。セックスの最高点は、それぞれがご自分で見いだすものなのです」

 性に興味がない女性たちの多くは、親から強い貞操観念を植え付けられたり、セックスは悪いものだと性に対してマイナスの教育を受けている人だ。その結果、大人になって苦労する。

 日本の医学界も決して進んでいたわけではない。性交疼痛症で夫とのセックスが苦痛だったり、夫に求められても性欲がわかず、積極的になれない女性たちは、これまでも医師に相談してきた。しかし、「ムードの問題でしょう」と、ローションを渡される程度だった。病院にまで足を運ぶのは、ローションをすでに試している女性である。

ヒトは脳でセックスをする

 我慢する女性たちが多いのを知って、前出の関口氏らは、性機能障害の治療を診断に取り入れていった。

「例えば、出産後の女性や老化の症状として、骨盤臓器脱といって、膣から子宮や膀胱や直腸がべろんと出てくる病気があります。夕方、疲れてくると出てきて、朝に戻ったりする。そういう人たちもセックスをしています。

 膣が緩まると、感度はなくなるのですが、女性は男性と違って、性機能のスイッチは局所だけではありません。外陰部の性感が落ちても、乳首など他のところにオーガズムを感じるところが移るんです。でも、明らかに満足度は落ちる。そこで、骨盤臓器脱や膣弛緩症、尿漏れなどの予防と治療を、トータルでやろうと思ったのです」

 性中枢は間脳にあり、脳でセックスはできる。長寿化社会によって体は老化しても、性欲が衰えることはない。その時、どうするかが、高齢化社会の今後のテーマになるはずだ。

 ちなみに、これまでに東洋医学による性の力を強化する方法を紹介してきたが、漢方にはオーガズム障害の治療法はないと、関口氏は言う。

「女性がオーガズムを感じられないのは、男性に問題があると、漢方の古典では言い切っています。男性のマッサージや優しい前戯によって治るんだそうです」

 耳の痛い話である。

次回は中国医学の秘伝「精力を高める食べ物」に迫る

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2012年8月2日号)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング