DMM亀山会長! 優秀なスタートアップの若者に出会える方法はありますか?

文春オンライン / 2019年7月12日 6時0分

写真

Q 優良なベンチャー企業、伸びる若者に出会える方法は?

 ベンチャーキャピタル(VC)として投資できる会社を探すのが私の仕事です。上場された社長さんに「昔から亀山会長とは知り合いだ」と伺うことが多いのですが、どのようにして出会われているのでしょうか? 会った時に自分と同じオーラを感じたりするのでしょうか? 優秀なスタートアップの若者に出会える方法があれば教えてください。

(30代・男性・会社員)

A 結局のところオーラなんてのは後付けで、誰が成功する経営者かなんて見抜けるわけないよ。

 オーラなんて、人にも自分にも感じたことはないね。そんな予言者みたいな力があれば左うちわなんだけどね(笑)。ちなみに、上場できてない社長の知り合いは100倍いるからね。

 俺はときどき人から「さすが、他人と違うオーラが出てますねぇ」とか言われるんだけど、それはあくまで名刺を出したときだけ。先日も深夜にコンビニ前をうろついてたら警察官に職質されたので、肩書きのない俺はただの怪しいオヤジにしか見えないんだろうな(笑)。

 結局のところオーラなんてのは後付けで、肩書きと見た目にビビったやつが勝手に見えるものってこと。ちょっと会ったくらいで他人の中身なんてわからないし、ましてや誰が成功する経営者かなんて見抜けるわけもない。

優秀なやつばかり吟味して探してるからダメなんだよ

 俺はイベントとかで出会った若いやつらには、手当たりしだい酒を振る舞うんだけど、ほとんど名前も覚えられない。後日その中でたまたま出世したやつが「昔はお世話になりました」って言ってきたら、「実は君のことは見込んでたんだ。俺には君のオーラが見えてたからね」と、適当なことを言ってる(笑)。

 そもそもVC投資というのは、金はないけど稼げると思ってる若者に、金はあるけど稼げない大人が賭けるもの。自分で稼ぎ方が分からない以上、稼げるかもしれないやつに頼るしかないビジネス。

 優秀なやつばかり吟味して探してるからダメなんだよ。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる。どうせ見る目がないのなら、分け隔てなく誰にでも優しくしておくことだね。すぐに金は出さないまでもみんなと友達になっとけば、そのうち良い話が来るかもだよ。

(亀山 敬司)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング