「今日、セメントやるよ」 11歳長女に手伝わせ夫殺害、“モルタル詰め”にした妻の言い分

文春オンライン / 2019年7月13日 6時0分

写真

3人の子の母親だった美穂被告

「マイコを死刑にしてください――」。茨城県かすみがうら市で昨年、会社員の氏家昇さん(当時33)を殺害した妻の美穂被告(45)の裁判員裁判。7月5日、水戸地裁で懲役23年の判決が言い渡された。冒頭の言葉は、美穂に憤る、昇さんの兄の陳述内容である。

 事件の概要はこうだ。昨年2月、自宅アパートで寝ていた昇さんの首を携帯電話の充電ケーブルで絞めて殺害。3月に遺体を集草バッグに入れた上、モルタルを流し込んで固め、クローゼット内に遺棄した。司法記者が解説する。

「美穂は、昇さんのお金を使い込んで返すよう迫られ、殺害を決意したようです。美穂側は、昇さんが家事に非協力的でストレスを抱えていたなどと主張しましたが、判決では『昇さんに落ち度はない』と一蹴されていた」

 公判では昇さんを殺害する際、当時11歳の長女に犯行を手伝わせていたという事実も明らかになった。「ママと離れたくなければパパを殺すしかないね」。こう長女に語り、殺害の際には昇さんの両手を押さえつけさせ、遺棄の際にも「今日、セメントやるよ」などと迫っていたという。

長女は「パパのことが好きだった」と語った

 そもそも事件が発覚したのは、美穂が昇さんの死後、児童扶養手当を詐取するため提出した離婚届の筆跡などに、不審な点があったからだ。

「この虚偽の手続きにも長女を加担させていたようです。長女に『昇』の字を練習させていました」(同前)

 長女は調べに対し「ママが怒るから言えなかったけどパパのことが好きだった。パパに会いたい」と話したという。

 ところで、なぜ遺族は美穂を「マイコ」と呼んだのか。美穂と昇さんは2003年ごろ、出会い系サイトで知り合った。美穂はサイト上で10歳ほど年齢を若く偽っていた上、「タナカマイコ」という名前で交際を始めたのだという。

「昇さんは美穂の11歳年下。年齢をサバ読みしたのは昇さんに近づくためでしょう。昇さんは後に真実を知り、それでも全て受け入れた。一家を知る人には、普通に仲良く生活しているとみえていたようですが……」(社会部記者)

 裁判長は「服役は長く辛いと思うが、残された子供たちはもっと辛い人生になる。子供たちが新たな生活を送れるよう、服役中、祈ってほしい」と説諭。美穂は微動だにせず、前を見つめていたという。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年7月18日号)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング