大井競馬場で700万円馬券! ギャンブル史上最高のとんでもない高額配当をランキング化した

文春オンライン / 2019年10月16日 21時15分

写真

2019年10月16日大井競馬第3Rの競走成績(東京シティ競馬ウェブサイトより)

「おめでとうございます!」の一言。

 2019年10月16日に開催された大井競馬第3レースで、7,098,910円という配当の大穴馬券が飛び出した。1位から3位までを着順通りに予想する三連単の馬券で、14頭立てで14番人気の馬が1着になるなど波乱の結果となったことが高配当につながった。

 100円が7,098,910円に化ける。博打ファンとして、こんなにも羨ましい話はない。

安牌と思われる買い目ばかりを塗ってしまう

 とはいえ、筆者は下賎な博徒なので、普段、件のような超高額払戻になるような組み合わせには目も向けず、数倍……せいぜい十数倍のオッズ帯ばかりを眺めている。

 ただ、こうした高額払戻ニュースを耳にして「羨ましい」という感情を抱かないわけではない。わけがない。しがない博徒の悲しい性だ。そもそも、高額払戻が狙える買い目を考慮してすらいないのに、である。

 繰り返しになるが、博徒として、件のような額の払戻は羨ましい。手にしてみたいという気持ちは持っている。しかし、レースが目の前に迫ると、マークシートと向き合うと、どうしても安牌と思われる買い目ばかりを塗ってしまうのである。このままでは、いつまでたっても超高額払戻を手にすることができない。いやはやどうすればいいのか……。

 足がかりとして、日本のギャンブルにおける高額払戻を知るという段から始めたい。

 2,000万円は必要だとされる老後の生活資金のためにも、これは重要な作業だ。

水上の格闘技・競艇

 まずは競艇から見ていこう。競艇は、競輪・競馬・オートレースと並ぶ公営競技のひとつで、現在はボートレースと呼ばれ、プロの選手達によって行われるモーターボート競走である。6艇のボートが着順を争い、ファンは単勝、複勝、二連単、二連複、三連単、三連複、ワイドの7券種から選び抜いた舟券を買う。

 言わずもがな、最も難しい、つまり最も配当が期待できるのは1、2、3着の順番を着順通りに当てる三連単だ。

 三連単にして682,760円。この金額を目にして……いかがだろう。「大した払戻じゃない」と感じた人も少なくないかもしれない。筆者もその1人だ。

 68万円は大金である。大金ではあるのだが、歴代最高の払戻額が68万円と知ると肩透かしを食らったような気持ちになってしまう。

 この金額の低さは競艇の出走艇数によるところが大きい。先にも書いたとおり、競艇は6艇で行われる競技であり、三連単の総組み合わせも、わずか120通りしかない。それに加えて、最初のターンマークを最短距離で回ることができる1番艇が圧倒的に有利な競技だ。

 最初のターンマークを先頭でクリアすれば、他の艇に邪魔されず、2番手以降は、前を行く艇が出す引き波によってスムーズに走れないので、よほどの技術差がないかぎり追いつくのは難しい。反面、競艇は買い目を絞りやすく、当てやすいというメリットはあるのだが……配当はどうしても跳ね上がりづらい。一長一短といったところだろうか。

鐘鳴るバンクで豪脚が鎬を削り合う・競輪

「ヨーロッパは無理だわ!」

 そんな隠語が競輪には存在する。ヨーロッパとは、4-6-8の決着を意味する符牒。レースにどの選手をどの枠順で出場させるのかを決める権利を持つ“番組屋”が、相対的に実力の低い選手を入れる車番が4、6、8ということで、そうした符牒が生まれた。

 競輪の払戻ランキングを見てみると、競艇に比べて金額は一気に跳ね上がる。1位に輝いたのは、2006年9月21日に奈良競輪場で記録された4,760,700円。競艇の7倍弱の金額だ。これは、競輪が競艇よりも出走する車(艇)の数が多いという単純な原因による跳ね上がりだろう。

 競輪は(モーニング・ミッドナイト・ガールズ開催を除いて)9車で順位を競い合う競技。つまり、競艇では最大120通りだった三連単の組み合わせが最大504通りにもなる。

 ちなみに、歴代1位の払戻を記録したレースも8-4-5の決着。“ヨーロッパ”でこそないが、8も4も絡んだ決着ゆえの配当だった。

 なお、4、6、8に実力の低い選手が入るのは、かつて車券が手売りだった頃、強い選手と弱い選手を互い違いにすることで、枠連という券種の発売窓口混雑を緩和するためだったという由来がある。のだが、そうした由来について書いていると、いくらWebページだといっても紙幅が足りない事態になってしまいかねない……次のランキングに移ろう。

一体となってターフを駆け抜ける人馬の競走・競馬

 日本の公営ギャンブルの中で、1985年以降トップの売上を記録し続ける競馬の払戻はどうだろうか。

 競馬は最大18頭で行われる競走で、(歴史上さまざまな馬券が発売されてきたが)現在は単勝、複勝、枠連、枠単、馬連、馬単、ワイド、三連複、三連単の券種が存在する。競馬においても、最も的中が困難で、それだけ払戻額が大きな券種は三連単だ。早速ランキングを見ていこう。

 ついに老後に必要とされる資金2000万円を確保できるほどの払戻額がランク入り! 三連単29,832,950円という驚異的な金額だ。

 歴代最高の払戻を記録したこの結果は“新馬戦”で記録された。驚くことに2、3着は同着(2着、3着を区別できないほどの着差ゆえに、いずれの馬も2、3着として、本来1通りにしか支払われない配当が2通り払い戻される。つまり、本来1→2→3の決着も金額が分配されて1→2→2'と1→2'→2に支払われる)だった。もしも2、3着がはっきりした着差であれば、それは途轍もない払戻額だったことだろう。いや、同着であれ、途轍もない払戻額ではあるのだが……。

 ついでながら、このレースを勝った馬ミナレットは、その後も波乱の立役者として活躍した。2019年7月現在、歴代7位の払戻である三連単20,705,810円もミナレット絡みのレースである。18頭中18番人気(単勝人気291.8倍)という支持のなか猛然と逃げ粘り、3着に食い込んだ。ミナレットはその馬生において、何度も本命党を泣かせ、大穴党を喜ばせてきたのだ。

一生暮らしていけるだけのお金を“自分の力で”手にした人

 ここまで見てきたのは1Rあたりの超高額払戻についてだった。

 しかし、競馬にはWIN5という“主催者に指定された5レースの単勝を全て当てる”券種や、トリプル馬単という“主催者に指定された3レースの1→2着を当てる”券種が存在する(なお、前者は中央競馬会が発売しており、後者は南関東公営競馬およびホッカイドウ競馬が発売している)。

 これらは組み合わせの総数が増えるぶん当然三連単よりも払戻額が大きくなることが多い。

 いちじゅうひゃくせんまん……と、数えてみると、なんと471,809,030円の払戻! 4,718万円ではない。4億7180万円である。

 ここにいたるまでに現実離れした金額を見続けてきたものの、それでも改めて驚いてしまうほどの払戻額だ。

 このとき、WIN5の対象となっていたレースで勝った馬は、単勝2番人気、15番人気、12番人気、11番人気、5番人気で、的中は6,740,129票のうちの1票。宝くじの類とは違い、自分が予想した買い目でこれほどまでの払戻を手にするのだから、的中の瞬間はさぞ興奮したことだろう。

 なお、WIN5という“主催者に指定された5レースの単勝を全て当てる”券種は、その特性上、1レース毎に勝ち残っているかどうかによって、ジリジリと勝ちに近づいていく券種だ。この日は4レースを終えた時点で残りの票数が5票だった。この時点で手に握る汗はどれほどだったろう。そして、惜しくも、すんでのところで勝利の神様に見放されてしまった4票を持っていた人たちはどんな気持ちだったろう。想像するだけで肝が冷える……。

 競輪にはチャリロトというコンピュータによって発行された番号で、7レースの単勝車券を当てる“くじ”形式の車券があり、この最高払戻額は905,987,400円とさらに頭一つ抜けた額を記録している。しかし、今回は主催者が発売している券を主とした記事だったので表にはまとめず、このような紹介までにとどめることとした。

高額払戻はギャンブル依存を生みだすのか

 ここまで、三連単やWIN5など、高額の払戻を想定して発売されたさまざまな券種を振り返ってきたが、そのような賭式を導入することについて、かつては批判の声が少なくなかったという。池田内閣が公営競技調査会という諮問機関をつくった際の「やたら高配当になると、いたずらに大衆の射幸心を煽る」という意見が代表だろうか。

 しかし、“競馬の神様”大川慶次郎も指摘したように、

〈困難な推理を克服して、難しいレースを見事に的中させる…その見返りが高い配当に違いない。誰にとっても配当は高ければ高いほどよく、こうした考えは「射幸心」とはなんら結びつかない。

 高配当の買い目が射幸心を煽るのではなく、岩よりも堅い組み合わせだと思った時にこそ、人は射幸心に「煽られて」いる。1.5倍のガチガチの馬券で利益を得るために元手を増やそうと借金をする人はいるかもしれないが、数百数千倍の馬券を買うために借金をする人はそういないだろう〉

 そのような見方も存在し、私もその考えに首肯する。

 今週はWIN5を購入することに決めた。

※末永くギャンブルに親しむためにも、ほどよく適度に楽しみましょう。

(大小田 陽平)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング