カープはもちろん、スワローズ池山の引退試合でも……私の応援スタイル

文春オンライン / 2019年8月1日 11時0分

写真

2002年に現役引退した池山隆寛 ©文藝春秋

 突然ですが、球場で掲げる応援ボード。選手の名前を書いたりメッセージを書いたり、いわゆる「お手製」のボードで応援する人の姿をよく見かけますが、私の場合、それをデザインするだけに留まらず、誰でもコンビニで出力して使えるようツイッター上で公開、みんなで共有しようとする変なクセ(?)があります。

 今シーズンの例では、巨人から移籍してきた長野を歓迎するためにデザインした応援ボード。コンビニ出力を可能にし、自身が観戦する時も仲間や周囲の人と共に何度も何度も掲げる。ありがたいことに中継のテレビに映ったこともあり、その映像のひとつが後日、広島ホームテレビで放送された「鯉のはなシアター」の長野特集で使われたりもしました。奇しくもこの番組は、今年「文春カープ」として共に執筆を続ける桝本壮志さんが支配人(ナビゲーター)で出演されている番組。不思議な縁を感じますね。

ヤクルト・池山の引退試合と応援ボード

 私の熱意は時に球団の垣根を超え、他球団の選手にまで及ぶことも。昔のことで写真が残ってないのが残念ですが、2002年10月17日、神宮球場で、大好きだったヤクルト・池山の引退試合が行われました。カープとの試合ということで観戦に行った私は「飛ばせブンブン丸」そして「池山隆寛永遠なれ」と書いた2種類の応援ボードを作りました。もちろん、掲げるつもりで。ただ、いくら引退試合と言ってもヤクルトは敵チーム。そして自分の居場所はビジター席であるレフトスタンド。予想どおり池山の第1打席で掲げた直後、警備員の人に「申し訳ありません。お気持ちは分かりますが、そう思われていないカープファンの方もおられますのでご遠慮いただけますか?」と言われました。

 警備員の言い分は完全に正しい。やはり無理か。そう思っていた時、周囲のカープファンが「いいじゃねぇか!」「俺たちも同じ気持ちだよ!」と言ってくれたのです。驚く警備員。心を打たれた私。その空気に背中を押されるかのように、気づくと私は大声で「全打席で掲げてもよろしいでしょうか!」と無意識で叫んでいました。すると、周囲のカープファンから大きな拍手が。最終的に警備員は「皆さまがそれでよろしいなら」と認めてくれ、全5打席、中には「自分にも持たせてください」「兄ちゃん。俺も手伝うぞ」という人も現れ、セレモニーが終わる最後の最後まで掲げることができたのです。

 なにより嬉しかったのは、引退セレモニーの終盤。ライトスタンドからレフトスタンドに足を進めた池山がそのボードに気づき、スッと指を差し、少し前に歩み寄って「ありがとう! ありがとう!」と頭を下げてくれたことです。池山の口が「ありがとう」と動いたあの瞬間、あの時間は、本当に夢のようでした。右ヒザが回らないほどボロボロになった身体で渾身のフルスイングをした池山の姿と最後の言葉。結果として双方を噛み締めることができ、改めてボードを作って良かったと思えました。

ファンにしかできない、ファン発信のアプローチ

 黒田がカープに復帰した2015年。マツダスタジアムのライトパフォーマンスシートを中心に、黒田の背番号「15」が刻まれた応援ボードを掲げるたくさんのファンの姿がありましたよね。どなたがデザインしたものかは分からないのですが、あれもまた、コンビニ出力などで多くの方が手にされたもの。自分は黒田が引退を表明した後に感謝の意を込めたボードを作ってコンビニ出力と無料配布をしたのですが、自分であろうと他の方であろうと、誰かがいろんなことを考えたり作ったりして、それに様々な人が反応したり賛同したりする。なんか、この「心の繋がり」と「DIY感」の融合ぶり。なんかもう、すごく楽しくないですか?

 鳴り物による応援、トランペット、選手オリジナルの応援歌、ジェット風船などはカープファンが始めたものとして知られています。あれも純粋に「カープを応援したい」、そして「盛り上げて背中を押してあげたい」。そんな熱い気持ちから生まれたものですよね。私も本当にいろんなタイミングでボードを作り、赤松が胃がんを公表した時はステッカーを作ったりもしました。私はデザインというアプローチですが、他の人からもっと画期的なアイデアが出てきたら嬉しいし、もしそれが他球団ファンのものでも仲良く共有しあえたら最高じゃないか(例=ボードとしてのデザインは同じだけどチームカラーだけ変えるなど)。考えるだけでワクワクします。

 選手はお決まりのポーズや決めゼリフなどでファンを楽しませてくれる。球団は球場でバラエティ豊かな座席を作ってくれたり様々な企画を用意してくれたりする。じゃあ、ファンも負けずに楽しいことを考えましょう! 三者三様のアプローチを楽しみましょう! 生意気ですが、声を大にして言いたいです。なにより、こういうことを球団から依頼されることは絶対に無い。だからこそやり甲斐があるんじゃないかと。ファンにしかできない、ファン発信のアプローチ。ファンは選手や球団職員の何倍もいます。全国にいます。令和という新しい時代。私は「ファンが作る次なるムーブメント」に期待したいと思います。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/13104 でHITボタンを押してください。

(ガル憎)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング