“頭脳王”東大生・河野玄斗 タレントとの「妊娠・中絶トラブル」を反省――2019上半期BEST5

文春オンライン / 2019年8月17日 11時0分

写真

著書は10万部を突破

2019年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。スクープ部門の第3位は、こちら!(初公開日 2019年6月12日)。

*  *  *

 日本最難関の東大医学部6年生、司法試験に一発合格という秀才にして「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でベスト30にも残った経験のあるイケメン、河野玄斗氏(23)。今年2月に『最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王』(日本テレビ)で2連覇を果たし、昨年出版した著書は10万部を突破。アイドルのプロデュースも手がけ、YouTuberとしても活動するという今最もブレイクしている“東大生タレント”だ。

 そんな河野氏に、女性との間に妊娠・中絶をめぐってトラブルが発生していることが「週刊文春」の取材でわかった。相手はテレビやCMに出演し、モデルとしても活動してきた20代後半のタレント・A子さん。週刊文春の取材に対し、A子さんが口を開いた。

 A子さんによれば、2人の出会いは昨年春、飲み会でのことだった。

「その日に彼の家で避妊せず、関係を持ちました。私は、避妊しないことには同意していません」(A子さん)

 ほどなく妊娠が発覚。産みたいと考えたA子さんは河野氏に相談したが、次のように言われたという。

「産む(産んでもらう)のは難しいという話でした。衝撃だったのは、彼が『今はまだ脳が発達していないから生きているものではない』『悲しいとかの感情があるわけじゃない』などと言ったこと。命を救うための勉強をしているはずなのに、なんでこんなことを言えるんだろうと……」

 話し合いの結果、2人は中絶に合意。堕胎手術を受けたA子さんの心身のダメージは重く、仕事に支障をきたすようになった。2人はその後月に1、2回の頻度で会っていたが、1年後、河野氏が別れ話を切り出したことがきっかけで、河野氏の通報のもと警察が出動する騒ぎに。A子さんは警察で、「今後は弁護士を通して連絡する」という趣旨の上申書を書くに至った。

 河野氏は取材に対し、妊娠・中絶の経緯を認めた上で、「『産みたい』と言われて『堕ろせ』と言ったことはない」と回答。A子さんが負った心身のダメージについては「責任は取ったと考えている」「初期の頃は、定期的に7時間くらい電話して、そのまま実習に行くこともあった。僕も精神的にすり減らしていた」などと振り返った。そして「彼女を傷つけてしまった事に対して、深く反省をしております」とした。

 2人の1年以上にわたるトラブルの経緯やA子さんの証言、河野氏との一問一答など、詳しくは6月13日(木)発売の「週刊文春」で報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年6月20日号)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング