84歳美智子さまが手術へ でも国は「75歳以上の乳がん検診は推奨していない」2つの理由

文春オンライン / 2019年8月20日 5時30分

写真

©AFLO

 8月9日に宮内庁が、上皇后美智子さま(84)に乳がんが見つかったと公表しました。比較的早期の乳がんで、今後、手術を受ける予定だそうです。

 報道によると、美智子さまは7月12日の乳腺エコー検査で左胸に腫瘤が見つかり、8月2日に針生検による組織検査で乳がんと診断されました。もう10年以上、定期的に乳腺検診を受けてきたと伝えられています(朝日新聞「 美智子さま、比較的早期の乳がん見つかる 手術の予定 」2019年8月9日)。

 こうした報道を目にすると、「高齢でも乳がん検診を受けたほうがいいのではないか」と思うかもしれません。しかし、国は現在、「75歳以上の乳がん検診は推奨していない」ことをご存知だったでしょうか。

「マンモグラフィ単独法」が推奨されているのは74歳まで

 国立がん研究センターが中心となって定めている国の指針で、乳がん検診は次のように評価されています(国立がん研究センター社会と健康研究センター検診研究部 検診評価研究室『 科学的根拠に基づくがん検診推進のページ 』の「がん検診ガイドライン 乳がん」)。

◆◆◆

・マンモグラフィ単独法(40~74歳):推奨グレードB

 40~74歳を対象として、死亡率減少効果を示す相応な証拠があります。不利益については偽陽性、過剰診断、放射線誘発乳がんの発症の可能性があります。これらの結果から、推奨グレードBとし、対策型検診・任意型検診の実施を勧めます。

・マンモグラフィと視触診の併用法(40~64歳):推奨グレードB

 40~64歳を対象として、死亡率減少効果を示す相応な証拠がある。不利益については偽陽性、過剰診断、放射線誘発乳がんの発症の可能性があります。これらの結果から、推奨グレードBと判断し、対策型検診・任意型検診の実施を勧めます。ただし、視触診が適正に行われるための精度管理ができない状況では実施すべきではありません。

◆◆◆

 このように、「マンモグラフィ単独法」が推奨されているのは74歳まで、「マンモグラフィと視触診の併用法」は64歳までとなっています。ちなみに、美智子さまが受けた「乳腺エコー検査」は「推奨グレードI 」、すなわち死亡率を減少させる効果が不明なので、「対策型検診としては推奨しない」という評価です。

※注1. マンモグラフィ=乳腺専用のX線撮影装置。
※注2. 対策型検診=集団全体の死亡率減少を目的として行う公共的な検診で、日本では主に市区町村が行う住民検診のことを指す。これに対し、個々人が自分の判断により人間ドック等で受ける検診のことを「任意型検診」と呼ぶ。

「がん検診の推奨年齢に上限があるなんて知らなかった」という人も多いのではないでしょうか。84歳の美智子さまが乳腺検査を受けて、乳がんを早期発見できたからといって、それに見習ってみんなが「高齢でも乳がん検診を受けたほうがいい」とは言えないのです。

なぜ高齢者の乳がん検診は推奨されていないのか?

 それにしてもなぜ、75歳以上の乳がん検診は推奨されないのでしょうか。日本乳癌学会の診療ガイドラインに、次のようなQ&Aが記載されています(日本乳癌学会「 乳癌診療ガイドライン 」2018年版)。

◆◆◆
    
FQ1. 日本人の乳がんマンモグラフィ検診の至適上限年齢は何歳か?

ステートメント
・上限年齢は、75歳以上では死亡率低減のエビデンスがないことや、人口動態統計に基づく10年後死亡リスクを勘案して75歳程度とすることが妥当と考える。

◆◆◆

 第一の理由は、75歳以上を対象にした臨床試験(ランダム化比較試験)が存在しないことです。信頼できるデータがないので、75歳以上の方々が乳がん検診を受けたとしても、乳がんによる死亡を減らすことができるかどうかわからないのです。

 第二の理由は、75歳以上の年齢になると、乳がん検診を受けずに乳がんで死亡するリスクよりも、加齢のために亡くなるリスクのほうが上回ると考えられることです。つまり、75歳以上になると乳がん以外の病気や老衰で亡くなる可能性も高くなるので、乳がん検診を受ける意味がなくなってしまうのです。

「偽陽性」や「過剰診断」などのデメリットも……

 実は、がん検診を実施している諸外国では、以前から検診に上限を設けており、上記のQ&Aでも「69歳ないし74歳程度を上限とするのが一般的」と記載されています。しかし、日本で上限が検討され始めたのは、昨年になってからのことでした。そのためか、乳腺専門医やがん検診研究者等に聞くと、80歳を超えるような高齢者でも(とくに、真面目な人ほど)がん検診を受ける人が少なくないそうです。

 しかし、乳がん検診には国の指針でも示されている通り、「偽陽性」や「過剰診断」などのデメリットがあります。偽陽性は、結果的にがんでなかった異変を「がんの疑いあり」と判定することで、余計な精密検査(針生検など)を受けることにつながります。また、過剰診断は、本来は放置しても命を奪わないがんを見つけてしまうことで、無益な治療を受けてしまうことにつながります。

 それらに加えて、高齢者はがん治療によるダメージも考慮しなければなりません。近年は、身体へのダメージが少ない手術の工夫や、抗がん剤の副作用を軽減する支持療法が進歩したおかげで、80歳、90歳を超えるような高齢者でも安全に手術を受けられる人が増えました。

がん治療に耐えられるかどうかは個々人の体力次第

 とはいえ、外科医に聞くとがん治療に耐えられるかどうかは、年齢よりも見た目の若さ、すなわち個々人の体力に大きく依存すると言います。元気に退院していく高齢者がいる一方で、手術をきっかけに体力を大幅に落としてしまう人や、術後に脳卒中を起こすなどして、寝たきりになってしまう人も一部にはいます。

 がん検診に関しては「早期発見・早期治療すれば、がんは治る」などと、いいことばかり聞かされることが多いのですが、がんを見つけたばっかりに生活の質を大幅に落とし、寿命を縮めてしまうデメリットもあり、とくに高齢者はデメリットが大きくなる可能性があるので熟慮が必要なのです。

「検診はメリットばかりでない」と理解した上で選択を

 美智子さまも今年6月、息切れが続くことから検査を受けたところ心不全の診断指標となる数値が高く、心臓に弁膜症が見つかったと報道されました。また、最近は急激に体重が減少して、全体に体力の低下が心配されていると伝えられています。経験豊富で優秀な医師団がつくはずですから、最善の治療が行われるに違いありませんが、ご高齢なだけに安全に手術が行われることを祈るばかりです。

 美智子さまのニュースを目にして、検診を受けようと思った高齢者や、高齢の親に検診を勧めた人もいるかもしれません。しかし、検診の推奨年齢が限られていること、メリットばかりでなくデメリットもあることを十分理解したうえで、賢い選択をしていただければと思います。

(鳥集 徹)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング