「戦争不拡大・反東条」を主張したカリスマ軍人・石原莞爾はなぜ“満州事変”を計画したのか

文春オンライン / 2019年9月15日 17時0分

写真

自治指導本部建国宣言のポスターを貼る様子(満州国) ©文藝春秋

解説:天才か異端児か 石原莞爾が満洲で繰り広げた謀略の実態は?

 現代の日本人が、70数年以上前の日本人にとって「満州」(現中国東北部)がどんな意味を持っていたのかを想像するのは難しい。戦争の結果を見れば、そこにすさまじい悲劇を見るのは当然だが、ゆかりのある人々にとって満州は、いまも痛切で複雑な感情をよびさます土地だ。「満州」はもともと民族名だったのが地名になったとされる。現在の中国・遼寧省、吉林省、黒竜江省、内モンゴル自治区東部を合わせた地域。かつては愛新覚羅一族が支配していて、それが中国全土を収めたのが清王朝。清は中国の五行では「水」が表象なので、本当は「満州」ではなく「満洲」が正しいという。万里の長城最東端の山海関より外という意味で「関外の地」、厳寒の自然環境から「不毛の地」とも呼ばれた。

資源豊富で人口が希薄な満州は「夢の土地」だった

「十万の英霊、二十億の国帑(こくど=国家財産)」「満蒙特殊権益」「満蒙はわが国の生命線」。これが戦前戦中、満州の重要性を指摘するために、日本人の間で語られた3つの象徴的なキーワードだ。日清、日露戦争で日本軍は満州を舞台に激烈な戦闘を繰り返し、血を流して多くの人命を失い、膨大な国家予算を費消した。それを忘れるな、というのが「十万~」の意味。そして、その結果、日本は満蒙(満州と内モンゴル)に特別な権益を持ったというのが「特殊権益」。具体的には(1)関東州の政治的・軍事的・経済的な施設経営(2)南満州鉄道(満鉄)付属地の行政施設(3)撫順などの炭鉱経営――などだった。そして、「満蒙はわが国の生命線」は、満鉄総裁を務め、その後外相となる松岡洋右が政友会議員として国会で演説した中で言い出した。「今日の満蒙の地位はわが国にとっては単に国防上重大のみならず、国民の経済的存立に欠くべからざるものとなっている」(「動く満蒙」)ことを意味している。

 国土が狭く、資源に乏しいのに人口が多い日本にとって、面積広大、資源豊富で人口が希薄な満州はかねてから「夢の土地」だった。さらに、そこを押さえることは、対ソ連(当時)戦略上も、そして朝鮮支配にも有益とされた。軍国主義が蔓延する中、日本の資本階級や軍部は、満州を中国から切り離して領土化し、資源を手に入れるのを虎視眈々と狙っていた。そこに登場するのが、「帝国陸軍の異端児」「軍事の天才」と呼ばれた石原莞爾という軍人だ。「満州事変」は彼の構想によって引き起こされたといっていい。

「陸大創設以来の頭脳」とされた軍人・石原莞爾とは

 最近、NHKの人気番組「ファミリーヒストリー」に俳優の小澤征悦氏が登場。父で満州生まれの世界的指揮者・征爾氏の名前が、当時満州にいた2人の軍人の名前からとられたことが紹介された。それは、当時関東軍の高級参謀だった板垣征四郎(のち陸相、戦後の東京裁判で死刑)と作戦主任参謀の石原莞爾。満州事変の首謀者とされた2人だった。筆者が昔、石原について取材したとき、彼を信奉する人たちは「満州事変で手を下したのは石原将軍ではない」と主張した。しかし、多くの証言から、石原が事変の中心人物だったことに疑いはない。瀋陽(当時奉天)の事件現場にある「九・一八歴史博物館」には、事件の主謀者として板垣と石原のレリーフが飾られている。そして、敗戦に至るその後の15年を振り返ったとき、戦争の時代へと突き進む歴史の大きな転換点となったのは、「二・二六事件」(1936年)と並んで、この1931年9月の柳条湖(当時から近年まで柳条溝と誤記され、本編もそうなっている)事件だったのではないかという気がする。

 石原莞爾は山形県・庄内地方の出身。陸軍士官学校(陸士)を優秀な成績で卒業したが、教官に反抗的な態度をとるなど、操行に問題があったという。陸軍大学校(陸大)では2番で「陸大創設以来の頭脳」とされたが、性格は「性粗野にして無頓着」という評価だった。その後連隊勤務の後、ドイツに留学。フランスのナポレオンやプロイセン(現ドイツ)のフリードリッヒ大王らの戦史研究に力を入れたという。その彼が陸大教官を経て関東軍作戦参謀の中佐として満州に現れたのは1928年10月。翌1929年7月、ハルビンなどへの参謀演習旅行が行われたが、その際、石原は「国運展回の根本国策たる満蒙問題解決案」を示す。その骨子は「満蒙問題の解決は日本が同地方を領有することによりて始めて完全達成せらる」。参謀らの論議の中から、満州占領と統治計画の具体的な研究が始まった。

「謀略により機会を作製し、軍部主動となり国家を強引する」

 石原の満州構想は「満蒙問題私見」にまとめられている。政治的、経済的価値を論述して、日本軍が撤退し「漢民族の革命とともにわが経済的発展をなすべしとの議論は、もとより傾聴検討を要するものなるべしといえども」、漢人が「果して近代国家を造り得るやすこぶる疑問」だから、日本の満蒙領有は正義だと強調している。そして、「謀略により機会を作製し、軍部主動となり国家を強引する」という結論へ。このころの石原の考えは、台湾のように総督を置いて自治をある程度認める形だったようだ。のちに、新国家建設を容認するようになるが、その先の現実において、日本の権力中枢、陸軍と石原の満州に対する思想の違いが際立ってくる。

 そして、9月18日の柳条湖事件となるのだが、実は今回の本編には問題が多い。というより、筆者の花谷正・元中将(事変当時少佐)は“うそっぱち”を書いている。本編では、満州事変がどのように起きたかには全く触れず、その後の内田康哉総裁を中心とした南満州鉄道(満鉄)とのやりとりが、自慢話のようなトーンで書かれている。この「昭和の35大事件」が出たのは1955年。ところが、翌1956年の雑誌「別冊知性・秘められた昭和史」で、花谷元中将は「満州事変はこうして計画された」と題して、事変が自分も含めた関東軍の謀略だったことをはっきり認めた。これが事変の真相を明らかにした最初の証言だった。さらに、清朝の「ラストエンペラー」溥儀を引っ張り出す工作まで述べている。要するに、文藝春秋は“ガセネタ”を書かれたといえる。

太平洋戦争の引き金となる「柳条湖事件」へ

 この花谷元中将は、昭和の軍人の中でも特に悪名の高い人物で、例えば、鉄道爆破後、森島守人・奉天(現瀋陽)領事が奉天特務機関に駆け付け、「外交交渉で解決できる」と話すと、いきなり軍刀を抜き、「統帥権(天皇直属の陸海軍の軍令権)に容喙するものは容赦しない」と恫喝したという(森島守人「陰謀・暗殺・軍刀」)。その後、師団長時代は、いまで言うパワハラを日常的にふるい、多数の部下を自殺や病気に追い込んだとされる。それにしても、本編で「勿論日本は満州を領土とする意志があってはならぬ」と語るなど、臆面もないというしかない。

「満州事変はこうして計画された」によると、実行行為に至る経緯は大筋でこうだった。「昭和六年春ごろには柳条溝事件のおよその計画が出来上がっていた」。「満州事変を遂行した中心は何といっても石原であるが」「このころには既に軍事学の立場に立った一つの世界観を持っていた」。石原、花谷と、その後高級参謀として着任した板垣を中心に計画が進む。彼らは張作霖爆殺事件で満州南部を制圧しようとして失敗したことから「二度と過ちを犯してはならない」と周到に計画を練っていく。朝鮮軍や陸軍中央に同志を募り、信用できる人物を次々引き入れる。動きを察知した陸軍中央から「止め男」として派遣された建川美次・参謀本部第一部長を奉天の料亭に連れ込んだ。その間に“実行犯”の中尉が部下とともに現場に行って、満鉄線路の一部を爆弾で小規模破壊した。同時に奉天城を始め、営口、鳳凰城、安東などを制圧。満州南部の要地を抑えた。朝鮮軍も越境して進入。さらに全満州を占領しようとしたが、陸軍中央の反対に遭って不成功。しかし、その後も軍は増派を続け、これがその後に続く日中全面戦争――太平洋戦争の引き金となる。

「時期としても方法としても決して誤っていたとは思えない」

 花谷元中将は「満州事変はこうして計画された」でこう書いている。「あの時、満州事変を起したことは、時期としても方法としても決して誤っていたとは思えない」「世界情勢の危機にあって、日本の進むべき道は満州の中国本土からの分離のみである」「虐げられた満州住民に王道楽土を建設してやることが、東亜安定の最も好ましい政策であると信じたのであって、中国本土と果てしない大戦争に入るという愚を冒すつもりは毛頭なかった」……。この文章は元中将の口述を基に、雑誌編集部が構成。必ずしも証言とはいえないようだが、それにしても、戦後11年たった時点でこの自己弁護と居直りはどういう神経だろう。

「竹光であっても、学良軍閥打倒のごときはそれで十分だ」

 小澤征爾氏の名前の由来は書いたが、それは征爾氏の父で歯科医だった小澤開作が、満州の開拓と発展に強い使命感を燃やした日本人が結成した「満州青年連盟」の中心人物だったからだ。

 小澤らは関東軍参与となって板垣、石原と深い親交を結ぶ、というより、石原の一種カリスマ的な強烈な魅力にひかれたと言っていい。一つのエピソードがある。関東軍幹部の会合で、青年連盟幹部らは中国の排日運動で日本人が困窮していることを訴え、関東軍に決起を迫った。軍人らに「腰のその軍刀は竹光か?」とまで言った。石原はこう答えた。「竹光であっても、学良軍閥打倒のごときはそれで十分だ」「いざ事あれば、奉天撃滅は二日とはかからん。事は電撃一瞬のうちに決する」。奉天を拠点とする満州軍閥の張学良(張作霖の息子)軍は約23万、対する関東軍はわずか約1万3000といわれた。青年連盟のメンバーらは大言壮語と受け止めたが、実際に柳条湖事件の直後、張学良軍が無抵抗策をとったこともあって、関東軍はあっと言う間に周辺から駆逐した。花谷元中将も「満州事変当初の作戦は、世界軍事学界の驚嘆の的となったといわれる」と述べている。

石原が目指した「五族協和」と「王道楽土」

 石原は日蓮宗の熱烈な信者で、日蓮の予言に基づく独自の世界観を持っていた。それを集大成したのが1940年に発表した「世界最終戦論」。(1)最後の決戦は東洋代表の日本と西洋代表のアメリカの文明対決(2)その後、世界は統一され、絶対平和が訪れる(3)それに備えて中国とは東洋同士提携する――と主張した。満州についても、のちに満州国の公的なスローガンとなった「五族協和」(日本人、漢人(中国人)、朝鮮人、モンゴル人、満州人の五族の共生)「王道楽土」を本気で構想していたようだ。日本人は大規模企業と知能を用いる事業、朝鮮人は水田の開拓、中国人は小規模労働と分担も考えていた。彼が満州に設立した満州建国大学では五族協和の実践を図ったほか、講師にスターリンとの争いに敗れて亡命したトロツキーを呼ぼうとした。軍人として規格外の発想の持主だったことは間違いない。

「赤い夕陽」「新天地」「農業の理想郷」……。農業移民の満蒙開拓団が続々組織され、将来展望のない農家の二、三男が農業経営の大きな期待を持って海を渡った。当時の小説や映画などでも、国内の閉塞状況から飛び出していく舞台として、常に満州は取り上げられた。結局、日本人の農業移民は成人、青少年合わせて、敗戦直前の段階で約22万6000人に上った。その現実は、日本人が現地の「満州人」らから土地を取り上げる結果に終わった。現地での日本人と他民族の差別は歴然で「五族協和」は名ばかり。石原の理想の国は「砂上の楼閣」だった。現地体験を持つ日本人は、戦後も満州にノスタルジーを抱く人が多いが、スローガンと実態の乖離は明らか。敗戦と引き揚げ時の悲惨なドラマは枚挙にいとまがない。

「満州事変当時、あなたが模範を示したことをやっているだけだ」

 石橋湛山(戦後首相)は既に1921年7月の時点で、本拠としていた「東洋経済新報」の社説に「一切を棄つるの覚悟」を掲載。「利害得失を冷静に勘案すれば、植民地は利益にならない」という“植民地コスト論”を展開して、満州などの「放棄」を訴えた。そうすれば、インドやエジプトなどの西欧列強の植民地の人々が発奮して立ち上がるだろう。それが「わが国際的位地をば、従来守勢から一転して攻勢出でしめるの道である」とした。比較は難しいが、現在の観点から見ると、石橋の論に軍配を上げざるを得ないのではないか。

 石原はその後、参謀本部作戦部長の時に盧溝橋事件に遭い、日中戦争「不拡大」を主張するが、部下の作戦課長だった武藤章大佐(戦後、東京裁判で死刑)に「私たちは、満州事変当時、あなたが模範を示したことをやっているだけだ」と言われるなどしたうえ、結局戦争拡大を防ぐことができなかった。1937年、関東軍参謀副長として満州に舞い戻るが、既に満州は彼の理想とは懸け離れた植民地だった。そして、東条英機参謀長(のち首相)と対立して辞任。その後も「反東条」を徹底して、閑職に追いやられる。「東亜連盟」という民族主義団体を結成して運動を拡大。東京裁判では戦犯とならず、山形県・鳥海山のふもとで開拓に従事したが、病気のため、敗戦から4年後の1949年8月15日に死去する。

 石原は敗戦の1945年8月15日当日、「都市解体、農工一体、簡素生活」という「平和三原則」を提唱する。彼の考えを継承した団体「石原莞爾平和思想研究会」がいまも存在するが、その中心だったのが、日本新党で参院議員を務めた武田邦太郎氏(故人)。田中角栄・元首相の「日本列島改造論」を審議する懇談会の委員を務めたが、筆者の取材に「日本列島改造論は石原イズムだと思った」と語った。東亜連盟の支持者には理化学研究所の中興の祖・大河内正敏所長がおり、そのつながりから、石原の死後、このスローガンをそのまま使って最初に衆院選に出馬(落選)したのが田中元首相だった。

 武田氏は晩年、かつて石原らと過ごした鳥海山麓に居住。師事した晩年の石原について「やはり、神がかり的なところのある人だった」と振り返った。石原莞爾平和思想研究会の会員だったのが、歌手・加藤登紀子さんの夫の藤本敏夫氏(故人)。筆者は、病気入院していた藤本氏にその死の直前呼ばれて懇談したが、別れ際、最後に彼が言った言葉は「やっぱり石原莞爾ですよ」だった。筆者も、石原の思想の中にはいまに生かすべき点があるような気がする。

本編 「満洲事変の舞台裏」 を読む

【参考文献】
▽松岡洋右「動く満蒙」 先進社 1931年
▽石原莞爾「満蒙問題私見」 1931年「ドキュメント昭和史2満州事変と二・二六」平凡社 1983年所収
▽花谷正「満州事変はこうして計画された」「別冊知性・秘められた昭和史」河出書房 1956年所収
▽森島守人「陰謀・暗殺・軍刀」 岩波新書 1950年
▽石原莞爾「世界最終戦論」 立命館出版部 1940年
▽山口重次「悲劇の将軍 石原莞爾」 世界社 1952年
▽石橋湛山「一切を棄つるの覚悟」 東洋経済新報社説 1921年「石橋湛山評論集」岩波文庫 1984年所収
▽武田邦太郎、菅原一彪編著「永久平和の使徒 石原莞爾」 冬青社 1996年

(小池 新)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング