「義務教育を終えたら囲碁一本」 19歳史上最年少名人・芝野虎丸の父が語る「教育方針」

文春オンライン / 2019年10月16日 16時0分

写真

芝野虎丸新名人 ©共同通信社

 10月8日、囲碁界に誕生した史上最年少タイトルホルダー、芝野虎丸新名人。2014年、14歳でプロ入りし、翌年には勝率第1位賞を獲得した逸材が、19歳11カ月にして早くも栄冠を掴んだ。初段から九段昇段に要した期間、5年1カ月も史上最短だ。

 新名人は6人家族。きょうだいは東大大学院に通う姉、東京理科大の学生で囲碁棋士の兄・龍之介二段(21)、高校生で囲碁アマチュア強豪の妹という英才揃いだ。

 京都大学出身で、コンピュータゲーム開発に携わる父・登志也さん(46)の教育方針は、「コミュニケーション重視」だという。

「以心伝心ではなく、会話でコミュニケーションを取ることを心がけてきました。親が何を考えているのかを理解させたいし、子供たちがそれをどう思っているのかも正確に汲み取りたい。その上で、最終判断は子供たちの自主性に任せてきました」(登志也さん)

 龍之介、虎丸の男の子2人とは、それぞれが小学6年生になった時点で「囲碁のプロを目指すか」を話し合ったという。虎丸少年の出した答えは「義務教育を終えたら囲碁一本」。それ以降、登志也さんは虎丸が学校の宿題を提出しないことも許した。

「私が子供たちのために出来ることは囲碁の書籍をたくさん買うとか、環境を整えることだけでした。その後は、親が何か結果を期待するのではなく、本人たちが選んだ好きな道で頑張っていけばいいと思うんです」(同前)

 兄・龍之介二段の証言や芝野名人の素顔など、詳しくは17日発売の週刊文春で報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年10月24日号)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング