麻生太郎副総理79歳が「安倍4選の可能性」に初めて言及!

文春オンライン / 2019年12月9日 19時0分

写真

©文藝春秋

 2012年12月末の第2次安倍政権発足以来、副総理兼財務相を務めてきた麻生太郎氏(79)。今回、麻生氏が「文藝春秋」1月号の単独インタビューに応じ、安倍晋三首相の総裁4選に言及するとともに、「ポスト安倍」について3人の政治家の名前を挙げた。

「憲法改正をやるなら、総裁4選を辞さない覚悟が求められる」

「文藝春秋」12月号のインタビューで、「総裁4選はあり得ない」と明言した安倍首相。だが、麻生氏は「憲法改正は自民党の党是」とした上で、以下のように語った。

「衆院選、参院選と国政選挙に6連勝した安倍政権が憲法改正をやらなかったら、いつやるのか。もっとも、残り2年を切った総裁任期で、憲法改正案を発議し、国民投票に持ち込むのは政治日程上、非常に厳しい。安倍総理が本気で憲法改正をやるなら、もう1期、つまり総裁4選を辞さない覚悟が求められるでしょうね」

 一方で、「ポスト安倍」を巡るレースが本格化しているのも事実だ。麻生氏はインタビューで「ポスト安倍」の条件を次のように明かしている。

「大前提として、『党を出たり入ったりしていない』こと。自民党も良い時ばかりではないのだから、そういう時は耐えなくちゃならないのに、みっともないのがいるじゃない。すぐ良い方へ行きたがる人。この人たちは、全く筋が通っていないと思います。私の眼中にはありませんな」

 細川政権が発足した1993年に自民党を離党した石破茂元幹事長らは、ポスト安倍に相応しくないと暗に指摘した形だ。

菅官房長官からは「オーラは特に感じません」

 改元以降、存在感が高まる“令和おじさん”こと菅義偉官房長官については、

「総理の座を狙おうという官房長官には、1998年の総裁選に出馬した梶山静六さんのように全能感が出てくるもの。だけど菅さんには今、安倍さんの代わりになろうとするオーラは特に感じませんけどね」

 それに対し、麻生氏が「有力候補」と名前を挙げたのが、総裁選への出馬を明言している岸田文雄政調会長である。岸田氏と言えば、安倍首相も後継者の“本命”と見ている一人。麻生派と岸田派が合流する「大宏池会」構想も以前から取り沙汰されてきた。

「なかなかに優れた人材」と評価するのは?

「本人も『次』に意欲を示していますが、選挙も強いし、池田勇人さんが創設した宏池会の領袖らしく、思想信条もチャラチャラしていない。少し激しいと言われた安倍さんの後は、穏やかな岸田さんが総理をやって、その後にもう少し若い別の人が出てくる――そういう展開は大いに考えられると思いますね」

 竹下派の加藤勝信厚労相についても「なかなかに優れた人材」と高く評価した。

「選挙に強いし、社会保障など重要案件を抱える厚労大臣は今回、2度目の登板。旧大蔵省出身で政策通です。外交なんかの経験が足りませんが、もう5年、6年もすれば総理候補として育ってくるのではないでしょうかね」

麻生派の“本命”河野太郎防衛相への期待

 麻生派からは、知名度の高い河野太郎防衛相。河野氏本人も「文藝春秋」11月号のインタビューで「チャンスがあれば総裁選に出る」と語っている。

「2019年9月まで1年間、外務大臣を務め、発信力も十分。あとは財務や厚労などの分野に幅を広げて欲しい。そして様々なしがらみの中で揉まれ、もう少し一般常識的なものを身につけてくれれば、立派な総理候補と言えるでしょう」

 党内第2派閥(55人)を率いる麻生氏の動向は、総裁選の行方を大きく左右することになりそうだ。

「 安倍総理よ、改憲へ4選の覚悟を 」と題した麻生氏へのロングインタビューは、「文藝春秋」1月号および「文藝春秋digital」に掲載。麻生氏は安倍首相の総裁4選論やポスト安倍の名前のほか、財務相辞任を考えた瞬間、菅官房長官との不仲説、韓国への金融制裁の可能性、高齢者の負担増にも繋がる社会保障改革、旧宮家の未婚男子の皇籍復帰など、安倍政権を巡る様々な問題について約3時間にわたって語っている。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年1月号)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング