皇室の”二重権威”とは何なのか?「美智子さまの精神的ストレスの原因」と上皇職幹部が公言

文春オンライン / 2020年1月2日 6時0分

写真

乳がんの摘出手術を終えた上皇后さまは9月10日、東大病院を退院された ©JMPA

 宮内庁は昨年12月13日、上皇后さまが9月中旬以降、血液が混じった嘔吐を複数回されたり、体重が減少したりするなど体調不良が続いていると明らかにした。原因としては、精神的ストレスなどが考えられるとした。

上皇后さまだけが和装だった件

 宮内庁担当記者が語る。

「上皇・上皇后両陛下をお支えする宮内庁上皇職の幹部たちは、皇室の“二重権威”を指摘する一部の週刊誌報道が原因だと言っています。天皇・皇后両陛下が即位関連の儀式の合間に、来日した各国の王族を赤坂御所に招いて催された茶会に上皇・上皇后両陛下が出席された際、上皇后さまだけが和装だったことについて、女性皇族は皇后を基準に洋装か和装に統一するという不文律があることから目立ってしまい、二重権威の一例として週刊誌で紹介されてしまったからです。

 ほかにも宮内庁の天下り先でもある公益財団法人菊葉文化協会が発行する今年の皇室カレンダーで、天皇・皇后両陛下よりも先に上皇・上皇后両陛下が登場しているのは、協会の理事長を務める元宮内庁長官の羽毛田(信吾)さんが天皇陛下より、側近としてお仕えした上皇陛下の存在を“優先的”に考えている証左だとして、二重権威の問題が生じているのではないかと疑義を唱える雑誌報道があり、上皇職としては、上皇后さまがそうした報道に心を痛められていると言いたいわけです」

 そもそも皇室の二重権威とは何か。平安後期に白河天皇が皇位を後継に譲った後も政治の実権を握った「院政」が始まりだ。天皇がいながら上皇が実権を握る院政期は、鎌倉幕府が開かれて武家に政治の実権が移るまで続いた。

 上皇自体は約200年前、江戸末期の光格天皇が譲位して上皇になったのを最後にいまの上皇陛下まで存在していなかったが、徳川家全盛の時代の上皇と天皇は、二重権威と呼べるほどの権力者ではなかったという考え方が歴史上一般的だ。元宮内庁幹部が話をする。

上皇陛下のお気持ちが退位を認める特例法につながった事実

「天皇家が政治上の絶対的権威として再び登場するのは、明治期からです。明治維新によって武家政治から天皇親政へ転換が図られ、大日本帝国憲法の第1条で『大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス』と規定されたことで、政治の表舞台に天皇が復帰したわけです。太平洋戦争が終わり、平和憲法が制定されたことで、天皇は国家元首から象徴へと変わりましたが、海外では国際儀礼上、天皇は事実上の国家元首として処遇されます。

 江戸期の天皇とは権威という点で大きく異なるのです。日本国憲法第4条は『天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない』としており、政治的な力は持ち合わせていない建前になっていますが、上皇陛下のお気持ちが退位を認める皇室典範の特例法制定につながった事実は消せません。特例法制定の議論が行われていた際、上皇の存在を認めれば二重権威の問題が出てくるのではないかという疑義が呈されたのは、こうした理由からなのです」

 上皇后さまは皇后時代にも、皇室関連の雑誌報道によるストレスで体調を崩されたことが何度かあった。1993年10月、雑誌の批判記事をめぐる心労から倒れ、一時的に声を失われた。2007年3月にも、宮内庁が上皇后さまに腸からの出血などの症状が確認されたと発表している。精神的なお疲れが原因とみられ、口内炎や鼻血に加え、腸壁から数回の出血があったといい、この際も宮内庁関係者は「週刊誌などで相次ぐ皇室記事も影響しているようだ」と指摘している。

「今回も同様です。上皇后さまは新聞などにもよく目を通されるので、週刊誌の広告の見出しで心ない皇室批判の記事を見る度に精神的なストレスをおためになるようです」(同前)

「ご公務からは完全に引退されたわけですから」

 ではなぜ、二重権威という批判が出てきてしまうのだろうか。別の宮内庁関係者が語る。

「ボタンの掛け違いが背景にはあるのだと思います。確かに上皇陛下は30年以上にわたり天皇を務めてこられました。今上天皇のお父上でもあります。しかし、あくまでも日本国及び日本国民統合の象徴は天皇陛下です。皇室制度は天皇陛下を頂点とする制度なのです。しかし、秋篠宮さまは事実上の皇太子に当たる皇嗣になられたのに、お手元金は皇太子に充当される内廷費ではなく、皇族費のままとなりました。一方で上皇・上皇后両陛下は内廷費のままです。

 香淳皇后も内廷費でしたが、昭和天皇は崩御されていたので事情が全く異なります。上皇陛下を無下に扱うべきだと言っているわけでは、決してありません。ただ、宮内庁のホームページの『ご略歴』の欄が上から『天皇皇后両陛下』『上皇上皇后両陛下』『秋篠宮家』『常陸宮家』などと並んでいるように、はっきりと区別を行うべきだったのです。ご公務からは完全に引退されたわけですから、上皇職にあんなに人員が必要なのかという意見も庁内の一部にはありました。天皇・皇后時代からお仕えしている職員や元職員たちが特別視していることが、結果的に二重権威が存在するように見せてしまっているのではないでしょうか」

 ご公務から身を引いた上皇・上皇后両陛下が私的にコンサートなどを鑑賞されるお姿は退位後もテレビなどで見掛ける。昨年の11月1日にラグビー・ワールドカップの3位決定戦をご覧になった様子や同20日にドイツのベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の来日公演を鑑賞された様子を収めた新聞や通信社の写真には「代表撮影」というクレジットがついているものがある。

上皇・上皇后両陛下のお車の先頭に新設の「上皇旗」

 これはつまり、宮内庁がマスコミの取材を公式に設定しているということだ。だが、ご公務に熱心に取り組まれている高円宮妃久子さまの様子がテレビで取り上げられるケースはあまりない。元天皇・皇后としてマスコミも宮内庁自体も、やはり特別視してしまっていることが分かる。ご退位を祖先に報告する親謁の儀では、上皇・上皇后両陛下のお車の先頭に「上皇旗」がはためき、話題となった。人によっては天皇旗より立派に見えるという人もいた。

「上皇旗は今回、新たに作られたものです。ほかに現在使用されているのは天皇旗、皇后旗、内親王旗や女王旗としても用いられる親王旗の3種類しかありません。天皇旗、皇后旗、親王旗は明治期の旧海軍旗章条例や大正期の旧皇室儀制令などの規定に準拠したものです。つまり、上皇は憲政史上では今回初めて特例として規定されたわけですから、上皇旗には当然、準拠すべき旧法令がないのです。事実上の皇太子である秋篠宮さまは皇太子旗を使用していません。二重権威の懸念を徹底的に排除するというのであれば、わざわざ上皇旗を作る必要はなかったのではないかという意見もあるのです」(同前)

 今回、上皇后さまの体調不良を発表したのは、上皇・上皇后両陛下の側近ナンバー2である上皇侍従次長の高橋美佐男氏だ。警察キャリア出身で2003年9月から06年8月まで宮内庁総務課長を務め、12年6月からは侍従次長、御代替わりに伴い昨年5月1日付で現職にスライドした人物である。

側近にとっては「取締役会長」のイメージ?

「高橋さんは上皇后さまに心酔していると宮内記者会内でも噂されるほどの上皇后さまの“シンパ”です。また、ことあるごとに上皇后さまのお気に障るような週刊誌報道に対する不満を口にしています。でも、高橋さんら上皇職幹部の上皇・上皇后両陛下に対する思いが強すぎることが、傍から見ると宮内庁内に二重権威が生じており、それが外部から見てもそう受け止められてしまっているということなのではないでしょうか」(前出・宮内庁担当記者)

 上皇陛下が「専用の旗を作れ」とか「マスコミを呼んで取材をさせろ」などとおっしゃるとは到底思えない。適切な例ではないかもしれないが、天皇陛下を一般企業で言うところの代表取締役社長に例えるなら、ご公務から完全に身を引かれた上皇陛下は名誉顧問といった位置付けにすべきではないだろうか。

 だが、宮内庁の幹部や元幹部、とりわけ上皇・上皇后両陛下の側近や元側近の目には、上皇陛下は現状、名誉職ではなく取締役会長といったイメージに映っているように思われる。二重権威批判は、週刊誌側の“邪推”などではなく、宮内庁内の“取り巻き”に原因があると言えるのではなかろうか。

(朝霞 保人/週刊文春デジタル)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング