羽生善治―佐藤康光の“黄金カード”が163局目 記者がもっとも印象に残った対局は……

文春オンライン / 2020年3月16日 6時0分

写真

3月6日に行われた163局目の羽生―佐藤戦 ©︎相崎修司

 3月6日の竜王戦で163局目となる羽生善治九段―佐藤康光九段戦が実現した。わずか1週間前、2月27日には順位戦A級9回戦が行われ、日付を超えて午前1時すぎまで及んだ大熱戦を佐藤が制したばかりだった。同一カードとしては、これまでのタイ記録だった大山康晴十五世名人―二上達也九段戦と大山―中原誠十六世名人戦の162局を超えて、単独4位となった。

93手と手数は短いが内容は濃密

 この日の対局の内容は、中盤で戦機を捉えた佐藤が優位に立つが、最終盤で羽生が一瞬の間隙をついて抜き去り、対佐藤戦における108勝目を挙げた。

 終局後、羽生は「今までも数多く指してきましたが、これからも少しでも上の記録に届くように頑張りたい」、佐藤は「光栄なことで、今後もいい内容の対局を積み重ねていければ」と、それぞれ語った。

 これまでの羽生―佐藤戦で、最長手数となったのが2013年のJT将棋日本シリーズ。相振り飛車から入玉した佐藤玉を羽生が捕まえて222手で勝った一局だが、最終盤の攻防は公開対局で見ていたファンの心を打ったものだと思う。

 それと比較すると先日の竜王戦は93手と手数は短いが、内容の濃密さは負けていない。勝着とされた、最終盤に羽生が放った切り札は83手目の一着だったが、この時点ですでに120手を超えているようなイメージがあった。

「20云年前の竜王戦の残像が残っている」

 この一局はAbemaTVで動画中継がされていた。盤面には将棋ソフトによる期待勝率が示されている。数値が揺れ動いた終盤戦だったが、結果的には82手目の佐藤の着手が次の羽生の切り札を呼び込むことになった。感想戦で恐る恐る、ソフトが示した82手目の代替案を口にすると「ひええ、そんな手が」と両者はのけぞった。だがすぐさま意図は理解して、更なる検討が進む。

 代替案について佐藤は「20ウン年前の竜王戦の残像が残っているから、指せません」とつぶやくと、すぐに羽生は納得の意思を示した。類型が過去にあったようだが、両者にとっては昨日指した将棋かのようである。

 結論として「▲9一馬をうっかりしているのだからひどい」と佐藤は締めた。勝着とされた83手目の着手である。1時間半にわたる感想戦は時折、笑いも混じった楽しい時間だった。

同一の相手と当たることは相当に少ない

 歴代同一カードの記録は別表の通りだが、将棋史に名を残す名棋士ばかりである。お互いが勝ち上がって、タイトル戦番勝負など、多く指せる舞台で当たらないと対局数が増えないのだから当然だ。

 現行の棋戦で全棋士が参加するのは八大タイトル戦に朝日杯将棋オープン戦、銀河戦、NHK杯戦を加えた11棋戦。理論上は1年に同一の相手と11局指せるということになるが、1年どころか、棋士生活全ての年を振り返っても、11棋戦全てで同一の相手と当たることは相当に少ないのではないのだろうか。

 例えば羽生―佐藤戦ですら、叡王戦と銀河戦においては実現していない。間もなく5期目の番勝負が始まる叡王戦はまだ歴史が浅いから致し方ないとはいえ、公式戦となってから今期で21期目となる銀河戦でも両者の対戦はない。羽生が5回、佐藤が3回の優勝を達成しており、両者ともが勝ちまくっている棋戦にも関わらずだ(なお、第7期以前の非公式戦時代を含めると羽生の優勝は7回となる。そして第6期の決勝で羽生―佐藤戦が実現している)。

やはり大山、中原、羽生が同一カードの上位者に

 同一カードの上位者をみると、やはり大山、中原、羽生の名前が随所にみられる。大山十五世名人は升田幸三実力制第四代名人、二上、中原、加藤一二三九段、米長邦雄永世棋聖の5名と100番指し(同一カード100局達成)を実現しているが、5名の棋士との100番指し達成は不滅の記録ではないだろうか。そして、升田を除くと、いずれも年下の棋士ばかりであり、かつ中原を除き軒並み勝ち越しているのは、もはやけた違いの領域だ。

 大山―升田は昭和中期の黄金カードともいうべき存在で、現在と比較して棋戦が少なかった時代に、これだけの対戦を積み重ねたことは、それだけ両者が他の棋士を引き離していた証明だろう。大正男の両者だが、同世代(=大正生まれ)の棋士は40名ほどで、そのうちのおよそ半数に順位戦A級在籍の経験があるが、タイトルを獲得したのは大山、升田の他には塚田正夫名誉十段のみである。

 タイトル戦で最後の大山―升田戦が実現したのが、1971年の第30期名人戦。新戦法「升田式石田流」を駆使し、ファンを魅了した升田が名人奪回まであと一歩に迫るが、最後には大山の底力に屈した。結果として、この最終第7局のあとに行われた大山―升田戦は3局を数えるのみだった。

中原20歳でのタイトルと、大山66歳でのタイトル挑戦

 また大山と中原の年齢差は24歳で、これは100番指し達成はおろか、同一カード歴代20傑の中で、最も年が離れているカードである。両者が長年にわたって第一線で戦ってきたことの証明であり、かつ中原が相当に速い出世を実現した(20歳でのタイトル奪取は当時の最年少記録)ことと、大山の衰えなさ(66歳でのタイトル挑戦は現在に至る最年長記録)を示している。

 大山―中原戦における最後の20局をみると、中原が17勝3敗と圧倒しているが、大山が勝った3局のうちの2つが棋王戦の挑戦者決定戦及び敗者復活戦の決勝戦という急所である。タイトルを通算で64期獲得した中原だが、そのうち棋王獲得は1期と他のタイトルと比べて段違いに少ない。この舞台では米長、加藤という同世代のライバルの後塵を拝したことも一因だが、あるいは大山の棋王獲得(大山にとっては事実上唯一獲得歴がないタイトル)への執念が、そうさせたのかもしれない。

中原・米長、40年近く激闘を繰り広げてこその187局

 そして歴代最多同一カードは中原―米長の187局。第2位の羽生―谷川を20局近く引き離している。昭和50~60年代にかけての両者の激闘は、名字の一文字ずつを取って「米中戦争」とも呼ばれた。「奥さんより顔を合わせる時間が長い」と言ったという話もある。

 またこのカードには米長四段対中原三段という一戦(米長勝ち)があるが、中原が奨励会時代の対局であるため、米長の通算対局数及び勝利数には記録が残るが、中原の通算成績には記録されない。同一カードの対局数にも記録されていない。

 中原―米長の初手合いは1965年(上記の四段対三段戦は1964年)で、最後の手合いが2002年。40年近くにわたって激闘を繰り広げてこその187局だ。

羽生・谷川戦は、平成を彩る黄金カード

 歴代2位の羽生―谷川戦は対局数では中原―米長に譲るが、両者の間で行われたタイトル戦番勝負22回は、タイトル戦同一カードとして最多だ。平成を彩る黄金カードである。両者の熱戦に魅了された将棋ファンは数えきれないのではないか。なんといっても七大タイトル(当時)すべてで番勝負が実現しているのがすごい。

 筆者は2015年に行われた165局目の観戦記を担当した。当時は観戦記をレギュラーで書き始めてから5年ほどになっていたが、このカードを間近で観戦できたことは一人の将棋ファンとして実に光栄なことだと思っている。

 現在の2トップともいえる豊島将之竜王名人と渡辺明三冠のカードが通算27対局。4月から始まる名人戦で最低4局加算されることは確定しているが、100番指しへの道は遥か先である。

 これからも棋界の歴史を作ったライバル同士の熱戦が、一局でも多く実現することを期待したい。

(相崎 修司)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング